FC2ブログ

「中・短編+」
あの橋を渡って…8話完

あの橋を渡って…04

 ←あの橋を渡って…03 →あの橋を渡って…05
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「明日も俺らは仕事だし、そろそろお開きにすっか」
 あきらの一声で、女たちも時間を思い出す。
 「…あ、あたし、ちょっとお化粧直してくる」
 「あたしも」
 つくしと優紀が、店を出る前にとレストルームへと席を立った。
 「滋と、桜子はいいのかよ」
 総二郎に声をかけられ、二人は顔を見合わせ、ふふふと、笑って肩を竦める。
 「私たちは、いつでも完璧ですから。もうこれ以上手直しの必要もありませんよ」
 「ね~」
 確かに、妖艶な美女二人に化粧崩れの痕跡は見えない。
 「…まあ、確かに。手直しどころか、特に桜子はこれ以上改造のしようはないわな」
 「あははは!ホントだ」
 呟きを耳にした滋が吹き出し、桜子が笑顔に青筋を浮かべてギロリと睨む。
 「何か、言いました?西門さん」
 「……いや」
 女たちを本気で怒らせると、男に勝ち目はないのは古今東西、当然の理で。
 もちろん、そんな言いあいもジャレ合いの一つにすぎない。
 だが、寝入っていたはずの類だけが、そんな仲間たちをよそに、室外へと出て行ったつくしの後ろ姿を目で追っていた。





 トイレで用を済まし、女であるからには一応の化粧崩れをチェックして、剥げ落ちた口紅を簡単に塗り直す。
 「…つくし」
 鏡の向こうに映った優紀が心配そうにのぞき込んでいた。
 どんなに気丈に振舞っていようと、常日頃、その心情を吐露してしまっている優紀には通用するはずもない。
 「言わないで」
 「…言わないけど。本当にいいの?」
 「いいのって」
 「花沢さんのこと、きっと後悔するよ?」
 …後悔。
 いつでも、後悔しなかったことがあっただろうか。
 司と敵対した時。
 類をフランスに送り出した時。
 司の為に別離を受け入れた時。
 そんな時は、意地でも後悔しないと…実際にその気持ちを守ることができていた。
 しかし思えば、つくしの恋愛は後悔ばかりだったようにも思う。
 迷った時、それは本心ではなかったからなのか、後から必ず後悔した。
 だが、後悔するとわかっていても、踏み出せない道がある。
 後悔と反省の違いは、大人になって十分理解しているつもりだ。
 もう、二度と…あんな苦しい想いはしたくない、と。
 司との恋をけっして後悔してはいなかったけれど、あの頃のようながむしゃらに突き進むような強さは、もう今のつくしにはなかった。
 「いいんだよ、元々、世界が違う人なんだもん」
 「…つくし」
 「あたしには身の丈のあった幸せ、同じ世界で生きている人が似あいなんだと、ホント、そう思うんだ」
 「…そっか。真柴さん、いい人なんだって言ってたものね」
 「うん」
 いい人…なんて便利な言葉なのだろうと、つくしは自嘲とともに思う。
 彼のどこが好きなのかと問われて、平凡なところだと答えたら人は眉を顰めるだろうか。
 けれど、そうした人と一緒に歩む未来こそが、本来の自分の人生だ。
 司とのことを後悔していないのは本当なのに。
 それでも、彼を愛して失った時、本当に心が壊れてしまいそうに辛かった。
 大勢の人が幸せになる道だと自分たちに言い聞かせて、涙を飲んだあの日の司と自分。
 2人分の涙を見ないふりで、必死に目を背け続けた。
 気が付いたら、何も感じなくなって…世界が灰色になっていた。
 だが、それでも少しづつその世界に色が戻ってきたのは、誰のおかげだったのか。
 間違いなく、この目の前にいる優紀のおかげだった。
 そして、桜子。
 滋。
 あきら。
 総二郎。
 そして、…類。
 彼ら友人たちの献身と愛情ゆえだとよく知っている。

 どうして、そんな彼らと同じように類に対しても、感謝と友情だけを抱き続けることができなかったのだろう。
 …初恋の王子様だから?
 もう童話の王子様に憧れるほどには幼くはなかった。
 …だいたい、見た目はともかく、類なんてフツーに引きこもりの寝てばっかのおタク青年じゃない。
 つい、クスクス笑いを零しそうになって、つくしは顔を引き締めた。
 そして、顔を上げると、優紀の強い眼差しに出会う。
 「あたしはつくしの選んだ道なら、どんな道でも支持するけど、これだけは憶えていて?」
 「うん?」
 「…もし、この先、あんたが後悔することがあったなら、その時は今の自分をブチ壊しなよ」
 どこかで聞いたことのあるような言葉に、つくしは目を瞬かせる。
 困った様な優紀の眉はわずかに下がって、でもよけいに優しく慈愛に満ちていた。
 「受け売りなんだけど、ね。あたしもそれで変われたから」
 思い当たるはずだ。
 懐かしくも…切ない思い出。
 「…それって、道明寺の」
 「一回きりの人生なんだもん。あたしはあんたに、後悔ばかりしてもらいたくないの」
 「優紀」





 「…先に戻ってるね」
 返す言葉を探して迷うつくしに微笑みかけ、引き留める言葉もないつくしを置いて、優紀は先にレストルームを後にする。
 「でも、何度考えたって、無理だよ」
 もう二度と、苦しい恋なんてしたくないと思った心が、臆病に縮こまってイヤイヤと隠れてしまう。
 「…何が、無理なの?」
 レストルームを出てすぐ、壁に背を預けた類に出くわす。
 「類、なに、こんなところで」
 驚くつくしとは逆に、類はどこまでも平素で沈着だった。
 「だから、なに?」
 「なにって…」
 「もしかして、俺のこと?」
 図星をつかれると、人はとっさに言葉を失ってしまう。
 視線を伏せ、次につくしへと戻した時には、類の顔は何か決意に満ちていた。
 「あんたにとって、なにがネックになって、俺じゃあダメだと俺をあんたからしめだすの?」
 「…何言って」
 つくしの語尾が震える。
 類の真剣な眼差しから逃れられない。
 壁から半身を起こした類が、つくしへと歩み寄ってくる。
 その確かな足取りに、気が付けば壁際に追い詰められ、両手を顔の脇につかれて囲われていた。
 「俺、あんたが好きだよ」
 類の言葉は、意外ではなかった。
 だから、つくしも平静に答えられた。
 …もちろん、内心ではどうであったにしても。
 「あたしも、あたしも好きだよ。花沢類のことが、とっても好き」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【あの橋を渡って…03】へ
  • 【あの橋を渡って…05】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【あの橋を渡って…03】へ
  • 【あの橋を渡って…05】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク