FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第六章 固執②

昏い夜を抜けて262

 ←百万回の微笑みを愛の言葉にかえて047 →百万回の微笑みを愛の言葉にかえて048
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 さらりと前髪を優しくかきあげられる感触に、一瞬の失神から意識を取り戻したつくしが類から顔を反らす。
 類のなんら変わることのない美貌を目に捕えたとたん、一度は止まっていた涙が溢れてソファを暗く濡らした。
 「…あやまらないよ」
 「約束だった!」
 「…一応、避妊具はつけていなくても、外には出してあげたよ」
 そのあまりな言葉に、類の手を手痛くはたき落とす。
 そして体を起こして、手加減なく頬を張った。
 パシッと鳴った音と見る見る赤くなる手形の跡に、つくしの方が動揺して張った手を胸元に引き寄せる。
 叩いた方の自分の掌がジンジンと痛いのだから、叩かれた類の方はなおさら痛かっただろう。
 けれど、謝る気になれない、当然の報いだ。
 痛々しく赤い痣は、類の美しい顔にはあまりに不似合で、ひどい罪悪感をもたらしもしたけれど、つくしは腹立ちを収めることができなかった。
 「あんたは、どこまであたしを貶めれば気が済むの?」
 「…貶めてるつもりじゃないよ。ただ、あんたをそのまま感じたかった」
 男の身勝手な言い草が口惜しく、この上なく腹立たしい。
 そして何より哀しくて、つくしは悔し涙を堪えて、もう一度張り飛ばす。
 類はよけもせず、甘んじて制裁を受けて切れた唇の端に滲んだ血を指先で拭って俯いた。
 その顔は、悪びれてもいなかったが、いつもの嘲るような冷笑を浮かべてもいない。
 ただ何を考えているのかわからない無表情が彼の顔を覆い、彼が今何を考えているのかつくしに容易に悟らせなかった。
 それがなお、憎らしい。
 感情を揺らせているのは自分だけなのかと。
 類のすることなすこと、いつも揺さぶられて傷つけられるのは自分一人だけなのだと思い知らされる。
 無駄だと思いながらも、悔しくて、憤しくて、言い募らずにはいられない。
 「婚約者が身重だって言うのに、他の女を抱いて…あたしまで妊娠すればいいって?生みたければ生めばいいし、生みたくないなら堕胎すればいいってまたあんたは言うのね?」
 「…あんたは、堕胎しない」
 当たり前のように言われて、それでも堪えていた涙がさらに滂沱と溢れだす。
 「あたしが、どんな思いでっ!」
 「どうしてダメなの?あんたに子供ができたら、俺はあんたと結婚する。夫婦になれば子供がいてもいいんでしょ?そしたら、あんたはどこにもいかないよね?」
 つくしの涙の意味を理解できずに、考えようともしない男の子供のような言い草に、つくしはただ首を振るしかできない。
 「好きだって言ってもダメ。結婚しようっていっても拒否る。じゃあ、俺にどうしろっていうの?わかんないよ、俺はわからない。…あんたが欲しいって思ったからあんたを手に入れるために俺はなんでもする。それがあんたが欲しがってる愛ってやつなんでしょ?」
 「…簡単に愛なんて言わないで!」
 類はつくしに『愛』という言葉を与えて、彼女を束縛しようとしているだけ。
 けれど、それがわかるのに、つくしにも返す言葉がない。
 それなら、自分にとっての『愛』とはなんなのか、それさえわからないのに、他人を諭す言葉なんてあるはずもなくって。
 ただ、これだけはわかる。
 「…あんたの言うそれは愛なんかじゃない」
 「どちらにせよ、妊娠してもしなくても、俺はあんたを離さないし、あんたは俺から逃げられない」





 類を拒絶して、後は会話に応じようとも振り向こうともしないつくしに閉口したのか、類がシャワーを浴びに出て行った気配に、つくしは情事を終えたソファから立ち上がる。
 …さっきまでは、あんなに楽しかったのに。
 楽しいと感じる自分に疚しさを感じて、類の婚約者に申し訳ない、世間の人たちにどんな目で見られているのかと恥じていたと言うのに、それでも類に優しくされて、まるでお姫様のように扱われたデートは彼女の胸をときめかせ、幸福な気持ちにさせてくれた。
 類に触れられたことでさえ、嫌じゃなかった。
 自分の女という性を認めてしまえば、魅力的な男性に求められて、一時の快楽を求めるのも悪いことではないと自分に赦してやることさえできるようになっていたのだ。
 それなのに…。
 類の心無い行動で、すべてが一瞬で壊れた。
 実のところ、類がたとえ中出ししようと、生で入れようと今更大した問題ではなかった。
 呑気ものの自覚のあるつくしだったが、さすがに前回のことで懲りてもいる。
 桜子を通じて、彼女の主治医からピルを処方してもらっていたし、いざとなればアフターピル(※緊急避妊薬)というものがあることも今ではわかっている。
 だが、そんなことではなかった。
 つくしを好きだと言いながら、自分の欲求ばかりを優先し、つくしの心と体を守ってくれようとしない類に絶望し、哀しかったのだ。
 しかも、前回どれほど彼女が悩み苦しみ、辛かったか知っているはずなのに。
 婚約者を妊娠させ(違う男性が父親だと類は主張しているが)、破談するか結婚するかという騒動の渦中だというのにだ。
 でも…振り返ってみれば類は、この関係を始めた最初からそうだった。
 類につくしの意志と心を無視され、人間扱いされないのは、初めてのことではないのに。
 何を期待していたのかと、自分で自分がおかしくなる。
 けれど、いまだに出会った頃の、自分を守ってくれた類を忘れられない自分は、いつまでも彼に期待し続け、幻想を抱いてしまうのだろうと言うこともわかっていた。
 『愛にはいろいろなカタチがあるんですよ』
 桜子ならば、肉体で始まり、あくまでも肉体での繋がりしかないこの関係もまた、それも一つのカタチなのだと言うだろうか。
 ひどく、あの皮肉屋で現実的な女友達に会いたかった。
 彼女の強さ、優しさに触れて、少しでも自分を立て直して、これくらいのことでうちしがれたりしないように強くなりたい。





 …潮風が気持ちいい。
 まだ海辺で夜に外にいるには肌寒い季節。
 薄着で外に出たことを後悔しながら、でもまだ、類と二人っきりの部屋に戻りたくはなかった。
 シャワーから類が出てくる気配に思わず、つくしは部屋を出た。
 顔を合わせたくないのもあったし、自分の心の中の整理がつかないこともあった。
 昨年の夏に類と再会して、思わぬ縁を結んでしまった。
 再会さえしなければ、高校生時代の美しい思い出のままに今も心に残り続けていただろう人。 
 何も望んでなかった。
 ただ見ていたかっただけ。
 無視されていても当たり前のことだと、寂しく思っても辛くはなかった。
 それなのに、自分はなんと隔たったところへと来てしまったのだろう。
 美しいだけの思い出が肉を伴い、欲望を含んで、醜く歪んでしまった。
 『俺はあんたを離さないし、あんたは俺から逃げられない』
 類の言葉が呪縛となり、そして…心のどこかで密やかな望みを暴きたてる。
 「…ダメだよ、そんなの赦されるはずがない」
 誰に赦しを請う必要があるのか。
 そして、赦しを乞う必要自体あるのか。
 ただただ、身を苛む寒さに心まで震わせて、真っ暗な夜の闇の向こうに望んだ灯台の光は、つくしの目にあまりにも淡く儚く、頼りないもののように思えた。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【百万回の微笑みを愛の言葉にかえて047】へ
  • 【百万回の微笑みを愛の言葉にかえて048】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【百万回の微笑みを愛の言葉にかえて047】へ
  • 【百万回の微笑みを愛の言葉にかえて048】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク