FC2ブログ

「中・短編^」
それぞれの愛情のカタチ…8話完

それぞれの愛情のカタチ08…オマケ

 ←それぞれの愛情のカタチ07~完 →昏い夜を抜けて247
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 R18です。
 内容的には、本当にオマケなので飛ばしてもまったくお話には影響ありません。
 パスなし、隠しなし(通常版では隠せてますが、テンプレート的には隠せず)ですので、18歳未満の方、苦手な方ご注意をm_ _m
**********


*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
 手を繋いだまま邸に帰ると、姑と義妹たちは出かけてしまっていた。
 つくし事故!の一報に慌てた姑たちだったが、折り返し状況を伝えたあきらからの連絡に安心し、明日からオフだという夫(父)に会いに3人で渡英してしまったらしい。
 相変らずラブラブ夫婦で、姑のフットワークは軽い。
 「お義母さん、よくお義父さんと離れて暮らしていられるわね」
 「まあ、それは親父の方もだけどな。でも、今回は気を利かせてくれたのもあるんじゃない?」
 部屋に入って、付属のミニキッチンで紅茶でも入れようとしたつくしの手をそのまま引っ張り、あきらが寝室へと連れ込む。
 「あ、あきら」
 「…お茶なんかいいよ。少し、休憩しよう?」
 誘われて躊躇しつつも、甘い微笑みに誘惑されて、真っ赤になった顔を頷ける。
 いつもはキッチリ片づけをするあきららしくもなく、上着と外したネクタイをソファの背もたれにかけると、靴を脱いでさっさとベッドに腰掛けてしまう。
 落ち着かない気分で、あきらの脱ぎ捨てた上着に手を伸ばそうと通りかかったつくしは、腰に巻き付いた腕に引き寄せられ、後ろから抱きすくめられてしまった。
 そのまま、髪をかいくぐった唇がうなじや首筋に埋められ、吸い付かれる。
 「…ぁ、あ、あきら」
 「わかってる。こんなところに、痕なんかつけないさ」
 カリッと耳たぶに噛み付かれ、舐られる感触に背筋を強張らせるつくしの背を撫で、そのままベッドへと引きずり込む。
 座った長い足の間につくしを挟みこんで、回した片手でやわやわと服越しの胸を揉み、先端をひっかく。
 「…ひっ」
 とたんに、先端がツンと尖がり、服にこすれてじれったい快感をつくしに運び込んだ。
 「ほら…、前々からお袋たち、欲しがってたろ?」 
 「…ぇ?」 
 「子供…」
 言葉とともにカットソーの下から入り込んだ手が、素肌にじかにもぐりこみ、腹を撫でさする。
 まだ大きくはなっていないその中に、自分の種が今も育っていることを確認するかのように何度も何度も柔らかく触れる。
 チュッチュッ、と音を立て、あきらの唇が首筋を行きつ背筋を舐めあげた。
 「ぁあっ…」
 ゾクリとつくしの背筋が泡立ち、甘い声音が零れた。
 襟ぐりから背筋を吸っていたあきらが、つくしのカットソーを捲りあげ、胸を揉みながら腹へと回ってくる。
 そしてへそを舐めて、ビクビク震えるつくしの顔を見上げた。
 痛みを堪えるように眉根を寄せ、快感に耐えるつくしの顔は色っぽく紅潮し、熱い吐息を零して、あきらの欲望を煽る。
 「…見えないところなら、痕つけていい?」
 囁く声に、あきらの頭にもぐりこんだ指先が肯定した。
 ブラジャーと素肌の際ギリギリに紅い花を咲かせ、耐えるつくしの背中からホックを外し、胸の下に咲き乱れさせる。
 「…うっ、…………んんっ…ん…っ」
 「…手、あげて?」
 忘我のつくしの両手を万歳させて、器用にダラリと垂れ下がったブラジャーごとカットソーを引き抜く。
 蕩けた顔同様淡く赤みを帯びた体が、すごく綺麗だ。
 惚れぼれとつくしの乳房や華奢な肢体にあきらは魅入られ、蠱惑される。
 柔らかく触れれば、ツンと尖がった胸の蕾が、あきらを誘っていた。
 「可愛い、つくし」
 羞恥と…期待に震える蕾に舌を絡め、口の中で転がし、ペロリと舐りあげる。
 優しいタッチで、つくしを蕩かし、体中を撫でさすり、攻略してゆく。
 「…ぁ…、ゃ………ぁ…………ぅ、ん」
 艶やかな嬌声を放ってのけ反る彼女の背を抱きしめ、つくしの快楽の蜜壺へとあきらは顔を埋めた。
 ゆっくりと舐めあげ、少しづつ、少しづつ、育てて花開かせる。
 「…も、もう、いいから…ぁあっ」
 「よくないよ。ゆっくり愛したいから。感じたいだけ感じればいい」
 あきらの指先が、つくしの蜜壺を探り、やわやわと侵入してゆく。
 すでにあきらの舌先に蕩かされたそこは柔らかく潤み、バターのように蕩けていた。
 指先で掻きだした甘酸っぱい蜜を舐めしゃぶり、再び舌先で塗り込んでゆく。
 激しい快感に、つくしの爪があきらの肩に食い込む。
 力の抜けた指先が、あきらの頭を自らの股間に押し付けようとしているか、押しのけようとしているのかすでにつくしに自身にもわかっていないのだろう。
 やがてつくしの大腿がブルブルと震えだし、あきらの指先が執拗にその一点を撫でさすると、一気に上りつめ痙攣して弛緩した。
 「……気持ち良かった?」
 優しく問いかけるあきらに、つくしが両腕を交差して、真っ赤になった顔を隠す。
 淫蕩な自分の表情をあきらに見られたくなかった。
 「恥ずかしがらなくていいよ」
 「…だって、恥ずかしいんだもん。結婚してずいぶん経つのに、可笑しいって自分でも思うけど」
 そんなつくしの初々しさが、男の征服欲を駆り立て、煽るというのに彼女の無垢さが愛しくて、ただあきらはつくしを優しく抱きしめ、キスを繰り返す。
 そうした柔らかい求愛に、少しづつつくしの羞恥が薄れ、腕の間から濡れた黒目がひょっこりと覗く。
 太腿にあたるあきらの欲望の証に、もぞもぞと落ち着かない疼きを感じて、さらに赤面する。
 「……えっとね、あきら」
 「ん?」
 わかっていて抱きしめたまま、ベッドへと横たわる。
 背中から抱きしめられ、再び胸を弄られ、柔らかく愛撫される。
 熾火のように燻る欲望が、股の間の濡れた感触がさらに彼女に更なる疼きを感じさせた。
 「…その、あきら、しないの?」
 首筋に埋められたあきらの吐息も熱い。
 下った指先がつくしの茂みを探って、花弁を広げた。
 「……ぁ」
 「すごい濡れてる」
 差し入れられた指先とつくしの入口がこすれてクチュリと濡れた音を立てる。
 けれど、悪戯な指先がつくしの敏感なところをつつき、撫でるだけで、一向に彼自身の高ぶりが触れる気配がない。
 「…ぁん、……あ、きら」
 「どうしようか?赤ちゃん、ここにいるだろ?…無理したら危ないだろうし、今日は我慢する?」
 言われて、自分が妊娠中だったことを思いだし、熱い欲望に夢中になっていた自分を恥じたつくしが、唇を噛みしめる。
 やだ…あたしったら、すっかりそんなこと、思いもしなかった。
 けれど、そんなつくしの様子に、あきらが困ったように小さく微笑む。
 「ごめん、意地悪だった。少しだけ、足を広げて?」
 つくしが振り返るとあきらが優しく微笑み返していて、その笑みに促され、言われたとおりに足を広げる。
 「ぁっ!」
 スルリとあきらの高ぶりが入り込んできて、つくしが驚きの声を上げた。
 「ゆっくりだよ、平気。シムスの体位といって妊婦さんはこういう風に寝るといいんだって。…もちろん、セックスの時もね。まだ3ヶ月だから本当はダメなんだろうけど、無理させないから」
 言葉の通り、あきらはほとんど動かず、浅く揺するだけ。
 ただつくしを感じさせるために、指先が彼女の敏感な芽を捕え、優しく愛撫する。
 「…ぁん」
 「……っ」
 それだけでつくしの内部がキュンと窄まり、あきらも小さく息を荒げた。
 ゆっくり、ゆっくりと穏やかな律動がつくしの快感を高め。
 あきらもまた、つくしの温かな膣に包み込まれ、ゆっくりと昇りあがる。
 「ぁ………ぁん、……あきら…、あきら」
 「つくし……、愛してる」
 「ああっ……あ、あきらっ……イ、ク……」
 緩やかな高みへと二人昇りつめた。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それぞれの愛情のカタチ07~完】へ
  • 【昏い夜を抜けて247】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それぞれの愛情のカタチ07~完】へ
  • 【昏い夜を抜けて247】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク