FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第六章 固執①

昏い夜を抜けて225

 ←初恋は靴底の感触24 →初恋は靴底の感触25
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「好き…」
 『……』
 「たぶん、愛してるんだと思う。そう言ったら、桜子、あんたは軽蔑する?」
 桜子は大きく息を吐き、首を横に振る。
 だが、それでは電話の向こうのつくしには通じないと思い直して、言葉に直す。
 『しませんよ。体から入る愛だって愛は愛です。人間はそんなに強くないんです。特に女は情に絆されやすい』
 誰よりもドライなように見える桜子がそんなことが、つくしは少しだけ可笑しかった。
 だが、桜子はドライに見えるだけで、本当は情の深い女なのだ。
 それを誰よりつくし自身が良く知っている。
 「…あたしって懲りないよね。なんで、あたしに酷いことする男ばっかり好きになるのかな。道明寺といい類といい、最低な連中ばかりじゃない?」
 つくしが司のことをそう思っていなかったことを桜子も知っていた。
 そして、きっと類のことも、そうは思っていないのだろう。
 …私のことさえも許してしまう人ですものね、先輩は。
 だが、だからこそ、つくしには幸せになって欲しい。
 それは断じて、こんな風に切なそうに哀しそうに愛を呟かせることなんかじゃない。
 つくしには太陽のように笑って、輝いていて欲しい。
 司がかつて彼女といて輝いていたように、司といたつくしもまた、眩しかった。
 『先輩…、やっぱり私も近々帰国しますよ。ちょっとやり残した仕事があるので、来週の予定は繰り下げます。でも、祖母の具合も安定していますしね。できるだけ長くそちらにいられるように頑張りますので、…早まったことだけはしないでくださいね』
 「桜子?」






 つくしとの通話が切れた携帯の画面を再びタップする。
 現れた番号は先日のパーティで渡されたもので。
 トゥルルルルルルル、トゥルルルルルルル、トゥルルルルルルル、トゥルルルルルルル、トゥルルルルルルル。
 コールは5回。
 桜子の力を借りたいと言った彼の言葉は社交辞令で、もしかして、この番号自体本物ではないのではないか。
 そんなバカなことを考え始めた頃…。
 『…俺だ』
 「三条です。道明寺さんのお頼みになりたいことを伺いたいと思いまして」
 相手も多忙の身。
 挨拶をすっ飛ばして、用件だけを口にした。
 そして、司もそれを当たり前と返す。
 『ああ、もちろん、牧野のことだ』
 それ以外ないだろう。
 そんなニュアンスの言葉に、桜子はつい笑みを零した。
 かつて司は彼女の初恋の男性で、つくしを陥れるほどに胸を焦がしたというのに、今はそのつくしの為に自分は彼とこうして電話を交わしあっている。
 「花沢さんと先輩のことはご存知ですか?」
 『ああ。いけしゃあしゃあと俺に向かって自分の女だと宣言しやがった』
 ギリリ、というのは歯切りしの音だろうか。
 鉄の女の息子としてクールな手腕と怜悧さを謳われる男が、再び熱い感情を表出して見せる。
 …すべては先輩の為に。
 彼ならば信じられるだろうか?
 類と同じく、婚約者がいるのは司も同じだ。
 だが…。
 『どんな些細なことでもいい、今現在の牧野のことを聞きたい。そして…あいつを手に入れたい』
 だから、その協力をしろ。
 その言葉に、桜子は一瞬考え込み、静かに答える。
 「まずは、その言葉の誠意を見せてください」
 『誠意?』
 「私は先輩が幸せになるのなら、道明寺さんでも、美作さんでも…花沢さんでも構いません。ですから、道明寺さんの誠意を。婚約者がいる道明寺さんや花沢さんが、先輩を幸せにできるとは思えません。でも先輩に相応しいのが道明寺さんだと言うことを見せてくださるのなら、私はどんなことでも協力を惜しみませんわ」






 記者会見が終わり、緊張と疲労のせいだろうか。
 美也子の体調があまりよくなかった。
 つわり…。
 この不快な気分が、この胎内に宿った子供のせいだと思うと、愛しさより厭わしさが先に立つ。
 だが…。
 …これで類さんは私のもの。
 そう思えばまだ膨らみもない腹を擦り、慈しみではなくとも失うことのできないものだという感慨が湧き上がった。
 正直…美也子にもこの胎の中に宿っているのが、類の子供だと言う確信がない。
 美也子自身、庶民の女たちのように未婚で妊娠、結婚などという嘲られるような不始末はごめんだった。
 しかし、その番狂わせがいま、彼女の首皮一枚を繋いでいる。
 類の避妊は完璧だった。
 一度たりとも避妊具を使用しないでのSEXはなかったし、膣内で射精することもなかった。
 けれど、他の男たちとの行為でも避妊に怠りはなかったと思う。
 ピルは体質に合わなかった。
 以前に使用されていた中用量ピルに比べ、低用量ピルは副作用が少ないと言われていたが、美也子は副作用に悩まされた。
 嘔吐や頭痛はともかく、体重増加は見過ごしがたい。
 以来、コンドームの使用を相手にはキッチリとさせたし、今まで失敗などなかったというのに。
 もちろん、堕胎などした経験もない。
 それなのに、よりによって思い当たるあたり、類ともう一人、可能性があった。
 …ああ。
 と、思う。
 類への恋心を自覚してから、男遊びは控えていたのだ。
 これがここ二か月ほどのことであれば、他の男の子供ではないと断言できる。
 だが、逆に、類との交渉自体が途絶えていた。
 「美也子、…体調が悪いそうだが、子供は大丈夫なんだろうな?」
 記者会見を無事に終え、父親が上機嫌に声をかけてきた。
 実の父だと言うのに、この男がやって来る時は、必ず美也子を惨めな気持ちにさせる。
 そして案の定、
 「流産するにしろ、堕胎するにしろ、入籍を済ませてからだ。花沢との共同参画のプロジェクトだけは成功させねばならん!」
 「…お父様」
 父親の屈辱的な物言いに、よけいに吐き気を催して、美也子は青い顔を幽鬼のようになお白くさせた。
 「顔色が悪いな。そうだ、北軽井沢の別荘で静養してはどうだ?何かと類君から、話し合いに応じろと煩く言ってきてる。父親の方は静観のようだが、それでも出生前親子DNA鑑定の申し出はあるだろう。流産の可能性のある検査など応じられないとは突っぱねているが、新しい検査は週数を重ねれば母親の血液で鑑定できるらしいからな。お前は姿を隠しておいた方がいいだろう」



※出生前DNA鑑定…以前は羊水使用だったため流産のリスクがありましたが、現在は母親の血液中から胎児のDNAを採取できるそう。ただし、12週以降。ただ、採取できない場合もありその場合、再検査→再々検査で0%か99.9%の2通りのみ。





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【初恋は靴底の感触24】へ
  • 【初恋は靴底の感触25】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

切なくて涙が出ました。
みんな不器用。だからこそ、真実味がある。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

雑草女もただの女

おいおい勘違いしたらダメだろ・・・レ●プは犯罪だぞ!!
結局なんだかんだ嫌がっても、犯されて抱かれまくって情欲に溺れて、
愛と錯覚して美化し、過去の司との純愛でさえ忘れてしまうのか。
高校時代にされた司からの赤札イジメを、
現在の類にされてることと同じレベルで考えるなんて最低としか思えない。
また、過去司が好きだった桜子がつくしの考えに怒りすらおこらないのが不思議でならない。・・・レ●プされたことまで知らないからなのかな?
つくしは、そのときの録画をもう一度観た方が良いんじゃね?
類が持ってるんだろうけど。
妊娠してなくても、何度もレ●プされ蹂躙された事実には変わりない。
犯 罪を容認してどうする・・・雑草パワーの牧野つくしじゃないのか?
これが運悪く司が観てしまうか、類が司に観せると
司自身も己の能天気さに怒り、愛した女性を助けられなかったという後悔と、
つくしがそれに依存してる失望感で心が壊れそうな気がして心配だ・・・・。
惚れて信じた女に一方的に振られ裏切られ、
あげくの果てには蹂躙されても類に依存してるという女に
キッパリ愛が冷める形な流れにして欲しいな・・・司があまりにも哀れすぎる。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【初恋は靴底の感触24】へ
  • 【初恋は靴底の感触25】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク