FC2ブログ

「中・短編」
初恋は靴底の感触…30話完

初恋は靴底の感触23

 ←昏い夜を抜けて223 →昏い夜を抜けて224
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「……」
 ストレートな問いかけに、嘘をつくことも黙っていることも許されなくって。
 「わかってんだよ、お前の気持ちはさ。口ではなんて言ってたって、抱きしめてキスすれば一発だ」
 そうかもしれないな、って思う。
 昔から道明寺のキスはすごく優しくて、うっとりさせられてしまう。
 まだ好きかどうかなんてわからなかった時だって、触れ合った唇から、道明寺のあたしへの想いが伝わってきて、蕩けそうになってしまっていた。
 「…だって、わからないんだもん」
 「何がだよ?」
 「あたし…たぶん、あんたのこと好きなんだと思う」
 「えっ!?」
 自分が言ったくせに、鳩が豆鉄砲を食ったような顔をして、ポカンと口を開けたままあたしの方へと顔を向けたままにするから、あたしは焦って悲鳴を上げた。
 「ま、まえっ!前ッ!!前見て、道明寺ッ!」
 キキキキキキーーーーーッ。
 「ひ~~~」
 「おっと」
 ガックン、ガクッと急角度で車が移動する。
 さっき、絶対対向車線踏み越えてた。
 引き攣った顔で、道明寺を睨みつけると、当の本には、お軽く肩を竦めている。
 「あんたね…」
 「…わりぃ」
 わりぃじゃないでしょうッ!?
 信号機も人通りも少ない一本道だったから良かったけど、どう見ても道明寺はゆうに数十秒間は呆けていた。
 人でも横断してたら、完全にひき殺してたんじゃないのッ!?
 「もうっ、勘弁してよッ。今度よそ見したら、絶対もうあたし、あんたの運転する車には乗らないッ」
 誓ってもいい。
 「マジかよ…」
 「あたりまえでしょッ!まだ若い身空で死にたくないわよッ」
 「じゃなくって!俺のこと、好きって言ったことだよッ」
 「……」
 「おいッ!?」
 「…言った」 
 またもよそ見をされたらかなわないから、急いで続きを言い足す。
 「で、でもっ、どれくらいあんたのこと、真剣に好きなのかわからないっ」
 「は?」
 「…デートしたり、手を繋いだり…その、キ、キッスッをしたりするのは、い、嫌じゃない」
 「……」
 「…でも、それであんたのこと、どこまで真剣に好きなのか、あたし自分でわからない」
 呆れられちゃったかな?
 中学生の子供でもあるまいに、自分で自分のことがわからないなんて、ふざけるなって言われちゃう?
 でも、それがあたしの正直な気持ち。
 一緒にいるのは楽しいけど、だからと言って、これは恋なの?
 花沢類に感じた気持ちとはあまりに違いすぎて、よくわからない。
 そんなあやふやな気持ちで、また道明寺を傷つけることになってしまったらどうしたらいいんだろうって。
 「…でも、俺のこと好きなんだろ?」
 「もしかしたら、あんたがあたしを好きでいてくれる1/10くらいかもしれない」
 「1/10…」
 さすがにショックだったのか、顔を顰めて絶句している。
 「…怒った?」
 「ま、しゃーねぇか」
 けれど、あっさり返された言葉は意外なもので。
 「しょうがないって」
 「元々鈍感な女だし、お前。俺からすれば、そういう風に妙に生真面目に考えちまうようなお堅いお前が、曲りなりとも俺とキスしたり、抱きしめられたりしてるってところに答えがると思うけどよ」
 「…なによ、それ」
 なんだか、こいつ余裕がある?
 昔のこいつはもっとガキ臭かったと思う。
 時々、こうしたところが、すごく変わったって思う。
 それは嫌な変わり方じゃなくって。
 けれど、一人だけ大人になられてしまったような、置いていかれてしまうような妙な焦りと…寂しさを感じるなんて、あたし、我儘なの?
 それに、この余裕は経験値の差のような気がする。
 高校生の時の道明寺は、好きでもない女のこと付き合うなんて気持ち悪いって言ってた。
 じゃあ、今は?
 それに、あれから今までどれくらいの人と付き合ったんだろう。
 好きになったんだろうか。
 気になるけど、聞けない。
 ずっと以前に、裏切ったことがあるあたしが聞くことは許されないような気がしたから。
 「ま、でも、そうかそうか」
 「……」
 ニンマリ笑う顔がなんだか憎ったらしくって、素直に好き、なんて言っちゃったのをちょっと後悔する。
 「お前の気持ちは徐々に実感させてやるけど、やっぱり俺様の魅力に陥落してたんだな」
 「…まさか、カラかってたの?」 
 「バーカ、んなわけあるか。あやふやなお前と違って俺は大マジだ。そして、お前もよくわかんない、なんて言ってるけど、俺を好きなことは認めたよな?」
 「1/10くらいって言ったけど」
 「それはいい」
 それはいいの!?
 「すぐに1/10どころか、俺の何倍も好きになったと言わせてやる。まあ、俺がお前を好きな以上に、お前が俺を好きになる日なんか永遠に来ねぇけどな」
 ニヤッと自信満々に言ってるくせに、最後に甘く口説いてくる言葉に、思わず赤面する。
 「俺がお前の彼氏。それでいいよな?」
 「……うん」
 






 やったぜ――――――――ッ!!
 ハレルヤの声が頭の中を駆け巡り、大声で叫びまわって牧野を抱きしめたい気持ちを抑えるのが一苦労だった。
 さっきも危うく対向車線側に車を突っ走らせてしまいそうになって、牧野をビビらせちまったんだ。
 俺様の大人の魅力を損なうわけにはいかねぇ。
 が!
 『あたし(中略)あんたのこと好き(以下省略)」
 ついに、ついにだあああああっ。
 牧野の告白はメガトン級の衝撃で、俺の胸を打ち抜いた。
 気後れしたように上目使いで、頬を染めて言う姿がもうめちゃくちゃ可愛くて、もう犯罪!ってなくらいで。
 俺の1/10くらい?
 そんなの当たり前だろ?
 海よりも深く山よりも高く、宇宙よりも広い?俺の愛情に、たとえ牧野だろうと叶うわけもないんだからな。
 が、まあ、あやふやなのは俺の性分にも合わない。
 少しでも言質をとった以上は、絶対逃しやしねぇけど、そんな牧野を俺にメロメロにするのはやぶさかじゃねぇ。
 こっちは8年越しの恋ってやつなんだ。
 いまさら牧野に関してはプライドもへったくれも何もなかった。
 俺を好きだと言ってくれただけで、今はそれでいい。
 いずれ俺がいなくちゃ、生きてられねぇってくらいに言わしてやる。
 とりあえず、周りから固めて逃げられねぇようにしねぇとな。
 まずは周囲に周知して、…そうだ、さっさと婚約でも結婚でもして他の男に盗られないようにしちまおう。
 「なあ、…今日のデート、どこか行きたいとこってお前あったか?」
 「え?ううん、特にはないよ。道明寺が疲れてるようだったら、このまま帰っても…」
 「わきゃないだろう。じゃ、ちょっと予定変更して、飲み会な?」
 「え?う、うん、いいけど、飲み会?」
 戸惑ったようなに小さく口を開けたままポカンとしている牧野の唇に、むしゃぶりつきたくなるのをグッと我慢する。
 やべぇ、気持ちを手に入れたと確信したら、今度は身体が欲しくなってしまって、抑えがきかなくなっちまうかも。
 「総二郎やあきら…類たちが、お前と一緒に飲みてぇんだと」





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて223】へ
  • 【昏い夜を抜けて224】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて223】へ
  • 【昏い夜を抜けて224】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク