FC2ブログ

「陽のあたる処でシリーズ(短編集)」
家族編

02月23日は財布の日(前編)

 ←昏い夜を抜けて197 →昏い夜を抜けて198
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 久しぶりの司のお休みの日。
 家族3人で近場のお祭りに行くことになった。
 祭りと言っても、小さな神社の主催する地域振興を目的としたもので、屋台が出たり、フリーマーケットがあったりと、ただそれだけの、特にこれと言って観光の名所になるほどのものではなかった。
 たいがいが、子供向けのボランティアで構成されてるしね。
 綿菓子50円、金魚すくい100円って、凄い子供たちに優しい金額設定だ。
 「…たくよ、このクソ寒い中、なんでわざわざこんなシケたところに来なきゃなんねぇんだよ」
 キョロキョロと目を輝かせて周囲を見渡す息子の尊を肩に乗せて司がボやく。
 今日、家を出る時に何度も言いあったことなのに、また言いだす司に飽きれて物も言えない。
 さすがのあたしも言い返す気にもなれなくって、あとは勝手にして、と完全無視だ。
 「おいっ」
 「…煩いわね、何度言わせれば気が済むのよ。前々から、この日は尊と二人でこのお祭りに来ようねって言ってたことなんだから、急にあんたがお休みとったからって、約束破ることなんてできないでしょ!」
 「…祭りに行きてぇんなら、札幌の雪まつりとか、京都の梅花祭とか、もっと有名どころがいくらでもあんだろ」
 「だから!文句あるならあんたは来なきゃいいでしょ?元々、あんたは休みの予定じゃなかったんだから、あたしと尊の二人でいいって言ったのに!」
 「……」
 伝家の宝刀、あたしがそう言うと黙りこくる。
 ついてくるのも嫌なんだろうけど、一人で残るのはもっと嫌な司は、口をつぐまざる得ないんだよね。
 だいたい、あたしは最初から司には合わないところなんだから、来なくていいって言ったのに、無理矢理について来たのはこいつの方!
 まあ、せっかくのお休み。
 あたしも尊もいないお邸で、たった一人で過ごさせるのも可哀想ではある。
 正直なところ、あたしだって寂しいし、できることならずっと司の傍に一緒にいて、好きなことをさせてあげたい。
 ゆっくり休ませてあげたい。
 …でも、ここに来ることは前々から、尊と約束してた。
 ずっと来ようね、来たいねって言っていた息子との約束を、そう簡単に破ることなんてできないよ。
 「…お父さん!金魚すくいやりたい」
 「いてっ、髪は引っ張んなって言ってんだろ?」
 グイっとクルクルの髪の毛を尊に引っ張られて、司が小さく悲鳴をあげた。
 小さな可愛い手を外させる司の話がそれたことに内心ホっとして、胸をなでおろす。
 「金魚って…持って帰っても、飼えないよ」
 「え~」
 「なんでだよ?この前買ったデカイ水槽に入れておけばいいだろ?」
 「…デカイ水槽って、尊に強請られてあんたが買ったやつだよね?まさか、高い熱帯魚がいる水槽にこんなフツーの金魚入れるつもり?」
 「入れればいいじゃん」
 軽い頭痛を覚えた。
 そりゃ、魚は魚には違いないけど、バリバリお金かけて、なんたらっていうサンゴやイソギンチャクまで入ってる水槽に、夜店で釣った100匹いくらの金魚を一緒に飼おうというわけ?この男は。
 目を離した隙に、司と尊はすでに金魚すくいへと足を向けてしまっていた。
 「…まあ、いいけどね。あたしも別に気にしないから」
 この際、金魚だろうと、ドジョウだろうと、好きなものを飼えばいいと諦める。
 と、肩から尊を下ろした司が、金魚すくいの店主相手に何か、ごねているのが見えた。
 ちょっと、まさか。
 あの男のことだから、また何か非常識なことでも言いだして、喧嘩でも売っているのかもしれない。
 慌てて傍に歩み寄ると…、
 「……なんで、小切手じゃダメなんだよ」
 「あんたねぇ、こんなところで小切手なんて、うちじゃなくったってどこだって使えねぇよ」
 案の定、揉めていた。
 って、そりゃ100円の金魚すくいで小切手じゃあねぇ。
 「司」
 呆れた気分で夫の袖を引く。
 そりゃ、こういうお店には縁のないお坊ちゃんには違いないけど、いったい何年あたしと一緒にいるのよ。
 こういうところは小銭じゃなきゃダメだなんて、とっくにあんたわかってたんじゃないわけ?
 しかも、カードでもおいおい、って思うのに、小切手っていったい…あんたは何を買うつもりなんだつーの!
 「…ちょっと、やめなさいよ。せめて万札にしなさいよね」

 現金くらい持つ習慣はつけたと思ってたのに。
 ところが、司の答えはあたしの上を言っていた。
 「持ってたよ、さっき、焼きそば買ってやっただろうが」
 「…ああ、そういえば。じゃあ?」
 「落とした」
 「は?」
 「カードごと、現金入ってる財布、落としたみてぇだな」
 「……はあっ!?」





※ちなみに、サンゴやイソギンチャクは海水の生物なので、金魚は一緒に飼えませんm_ _m(私もうっかりしてましたわ^^;)。ついでに、イソギンチャクは魚を食べます><うちは、カメが金魚とグッピーをほぼ全滅状態にTOTその前に飼ってたベタは金魚が…。まあ、つくしちゃんはそこんとこ詳しくないということで。
ついでに、司君も。ついでに私も^^;
ご指摘くださった方!ありがとうございますm_ _m





◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ





↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2






関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて197】へ
  • 【昏い夜を抜けて198】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて197】へ
  • 【昏い夜を抜けて198】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク