FC2ブログ

「陽のあたる処でシリーズ(短編集)」
結婚前編

10月04日はイワシの日

 ←昏い夜を抜けて159 →昏い夜を抜けて160
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

イワシの日

 そわそわ。
 そわそわ。
 「……おい、牧野、何そわそわしてんだよ」
 同僚・山中の怪訝な声。
 それもそうだろうな、と我ながら思う。
 けど、残業時間突入15分。
 今日は近くのスーパーでイワシの特売!が6時からスタート!
 こんな日に、就業時間ギリギリに担当している仕事の変更が入るなんてトホホホホ。
 それでもそんなに立て込んでるわけじゃないし、大した変更だったわけじゃないから、あたしもまだあきらめがつかない。
 なんとかこれを仕上げて、あと15分以内に社内を出れれば…。
 「そういえば、最近、副社長見かけないよな」
 ピクッ。
 まだそこかしこに残っていた社員たちが、山中のデカイ声に反応して、喰いついてくる。
 社内では、若きリーダー道明寺司の威光は隅々まで行き渡り、まだ独身の顔よし、体?よし、ステータスよしの高嶺の王子様(こいつは王子つーより王様だろうと、あたしなんかは思うんだけどね)として、女子社員たちに絶大な人気を誇ってるんだな。
 その実態を知っているあたしとしては、フンッてなもんだけどね。
 「ホントよね~、司様、あたしたちの目の保養なのに~」
 「たとえ自分のものにならない男だとは思ってても、あの冷たい目で一別だけでもされちゃったら、もうあたし悶え死んじゃうのにっ!」
 「はは、永井さんってMな人?」
 みんなそろそろ仕事に飽きてきたな。

 そんなどうでもいい会話をバッグにあたしはひたすら書類と格闘中。
 「あの殺人ビームみたいな目力で副社長が周囲を見渡すと、辺り一面死屍累々って感じだもんな」
 …死屍累々。
 凄い言葉に、つい思い浮かべた。
 でかい魚が、小さい魚を凄むさま。
 やたらとデカイ体の目つきの凶悪な奴が、
 『やい、どけ、どけ、どけっ!この小魚どもめ。俺様の姿が目に入らねぇのかっ!』
 『ひ~』、とか、『ふぇっ~~』っとか言って、モーゼの十戒よろしく道を開ける小魚たち。
 頭がイワシでいっぱいのせいか、なぜか妄想まで魚だった。
 あたし疲れてるな、こりゃ。

 それになんだか、この光景なんかの小話で見たぞ。
 そして、そのオチは確か。
 「あ、できた」
 バカなことをつらつらと考えていた割にはなんとか書類ができあがった。
 「じゃ!みなさん、お先しま~す!」
 「え?今日は早いんじゃない?」
 「今日、近所のスーパーでイワシの特売日なもんで」
 「はあ?牧野、お前所帯臭いな」
 「ほっとけ」
 軽口を叩きあいながら一目散に事務所の外へ。
 やばやば。
 噂の最近見ない人は今日まで北海道視察で出張中だった。
 だが、今日の午後、そろそろ戻ってくる按配なので、ここでグズグズしているとイワシの特売どころか、今日は帰れなくなる可能性大だった!
 明日土曜日ジャン。
 しかも3連休。
 こんな日にお邸にでも連れ去られたら、足腰立たない状態までお邸に監禁されちゃうのは必須!
 ここんとこ忙しくて掃除も洗濯もおろそかにしてたから、明日は一日それらを片づけたい。
 廊下の角を曲がってエレベーター。
 エレベーターホールを目前に、やれやれ、なんとか脱出成功?と安堵の息を吐く間もなく、脇道の影から伸びてきた手にいきなり引きずり込まれた。
 「んーーー!!んんーーーーーーっ!!!んー、んー」
 あたしの口を抑え込んだ大きな手を、両手で必死で外そうと抗うけどピクリとも動かないっ!?
 「…うっせぇよ、手、外してやるから黙れ」
 上目使いで背後を伺うと、見慣れた三白眼。
 お前は、痴漢か!暴漢か!?フツーは社内で女をこんなふうに引きずり込んだら立派な犯罪者だぞっ。
 言ってやりたくてもこの態勢じゃあ、何も言えない。
 仕方なく無精無精口をつぐんで頷いてやると、ニヤリと笑った男が手を外して、軽く口づけてきた。
 「ただいま、牧野」
 「……おかえり。つーか、何すんのよ、いきなり」
 「いや、すげぇ勢いで俺にも気が付かねぇで闊歩してるから、ちょっとからかって脅かしてやりたくなってな」
 「驚いてないわよ、別に。社内でこんなことあたしにするのはあんたくらいでしょ」
 「そりゃそうだ。他にこんなことお前にする奴がいたら、即刻くびり殺す」
 物騒なことを言いながら笑う顔が悪戯っ子みたいで可愛い。
 ちまたではフェロモン王子とか、殺人ビームとか言われてるのが嘘みたい。
 それでも、あたしに見せるこんな顔があたしにとってはごく身近で、いつもの日常。
 「…って、あんたいつ、社内に戻ったの?」
 「今」
 「はあ?じゃあ、まだ仕事終わってないんじゃない?」
 思い当たれば、キョロキョロ周囲を見回してみても西田さんの影はなし。
 「いいんだよ。いつまでも付き合ってられっか。このまま俺とフケようぜ。
お前、これで来週までもう休みだろ?」
 「まあ、あたしはあんたと違って、ごく一般的な会社員ですので」
 「じゃ、決まり。俺もこれで今日の業務は終了」
 「え~」
 そりゃ無理だろうと、声をあげるあたしを無視してご機嫌な道明寺は、エレベーターへとあたしを促す。
 「…絶対、途中で見つかるって」
 「大人しくしてりゃ、平気だ、平気」
 ふと漁師の西田さんが、大きな網を持って船からそれを投げ入れている姿がなぜか思い浮かんだ。
 チン。
 音たてて、エレベーターが1F到着。
 さすがに厚顔無恥なこいつも、どうどうとエントランスから出たのでは捕縛は間違いないと裏口を通る方を選んだようで。
 いいのかな、と思いつつ、久ぶりのこんなスリルある時間が面白くて、楽しくて、ついついあたしもクスクス笑いを洩らしながら、道明寺と脱出ごっこ。
 と…。
 横合いから入ってきた男性社員がよそ見をしていてあたしにぶつかりかけた。
 ドンッ。
 それを回避して庇ってくれた道明寺の横っ腹に突っ込む形になった男性社員が、
 「あ、すいませんっ」
 謝って、ふと顔を上げた瞬間固まって…。
 「ひいいいいい!ふ、副社長ぉぉぉぉぉっ!」
 「……」
 「……」
 「え、え?副社長?!どこどこ!!」
 「副社長、帰ってらしたの?」
 「うわあああ、副社長だってっ!!」
 そこかしこで黄色い声があがり…。
 「牧野、逃げるぞっ」
 「え?ええっ!?」
 手を持たれて走り出そうとしたその時…。
 わらわら、わらわら。
 行く手を遮るSP軍団。
 そして…
 チーン。
 先ほど後にしたばかりのエレベーターから現れた三つ揃えのスーツをピシリと着込んだ男性…言わずと知れた西田さんが、あたしたちの前へと進み出て一礼。
 「…お戻りください。本日の業務はまだ終了しておりませんので」





 「ざけんなっ!!牧野ぉ、お前も残れ、副社長室に来いっ!!」
 叫び声をあげながら両手をガッチリ屈強な男性に掴まれて、エレベーターへと引き戻される道明寺に背を向け走り出す。
 あと10分あるんだもん。
 明日になったらあんたも美味しいって言ってたイワシの蒲焼作っておいてあげるから、今日はごめん!
 猛然ダッシュ。
 脳裏には…。
 網にかかった目つきの悪い大きな魚が網ごと引き上げられ、シタバタ叫ぶ姿。
 あの話って確か小さな魚も一緒に網にかかるけど、こっちは網の目の間からスルリと逃げ出して、そのまま海の中へと戻っていくんだよね。
 そうそう、イソップ物語。
 あの話のオチは、
 『目立たないくても慎ましい人は災難を逃れ、目立つ有名人は、災難にあいやすいもの。世の中は、大きいよりも小さい方が得をすることもある』
 だったかな。





◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて159】へ
  • 【昏い夜を抜けて160】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて159】へ
  • 【昏い夜を抜けて160】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク