FC2ブログ

「夢で逢えたら…全207話完+α」
第二章 私は誰?①

夢で逢えたら042

 ←夢で逢えたら041 →大凶は恋の転換時?
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 荒い息が治まってくるとつくしは、吐息を一つ落とし、俯せた体に伸し掛かっていた男の体を邪険に押しのけた。
 脱力した大きな体はとても重かったが、存外、男は素直に身を離し、ゴロリと横に転がって仰向く。
 だが、片手は身を起こしたつくしの腰元を漂い、未練ありげに撫でさすっていた。
 それもハタキ落として、鬱陶しく言い放つ。
 「終わったなら、もう離してよっ」
 「んだよ、情緒のねぇ女」
 男の勝手な言い草に眉根を寄せて、つくしは剥がした薄いシーツを体に巻き付けてベッドから立ち上がった。
 「帰んの?」
 「あんたも仕事があるんでしょ?私もこの後、午後の外来に出ないといけないんだから、こんなところでのんびりしてらんないのよ。
まったく、サカリのついた10代のガキでもないでしょうに」
 吐き捨てる言葉は、真実忌々しさを隠さない。
 司もそれに一々目くじら立てることもなかったが、揶揄るように片眉をあげた。
 「へえ?ご挨拶だな。途中で俺よりノリノリだったのは、どこの女だよ」
 「なっ!誰がっ」
 あまりの言葉にとっさに振り返って怒鳴りつけようとしたつくしだったが、面白そうにニヤニヤ笑う男の顔を見て思い直す。
 この男はつくしの反応を面白がっている。
 「そうね。私も女だから、あんな風に触れられたら感じたりもするわよ」
 「…ふ~ん、感じたんだ?どうだ、良かったろ?」
 「さすがに、女遊びに励んでらしただけのことはあるわ。…て、あんた、言うのも忘れてたけど、ちゃんとゴムつけたんでしょうね!?イイ年した大人の男に一々注意なんてもんしなかったけど!?」
 思い立って聞きながら、自分の朧げな記憶の中で、男がそれらしい準備をしていたような心当たりがない。
 「あ、忘れてた」
 そしてその危惧をあっさり肯定する司に、つくしは真っ青になった。
 ここのところSEXどころか男女交際なんてご無沙汰だったから、ピルの服用もしてなかったし、職業柄不規則な生活の多いつくしは生理不順気味だ。
 最終月経日を思い浮かべ、まさかとは思うが、こういうことに絶対はない。
 「ま、ガキの心配はスンナ。出来ちまったら認知はキチンとしてやっからよ。養育費も心配いらねぇだろ?」
 強張った顔をするつくしに対して、男の態度はどこまでも投げやり、本当にどうでも良いらしく、不誠実だった。
 「なっ!?なんて、無責任なっ!認知とか養育費とか、そんな問題じゃないでしょ?!」
 冗談じゃない!望まぬ関係を押し付けられた上に、妊娠なんて真っ平御免よっ!
 どこまでも真剣なつくしの焦燥に、司は不謹慎にも相好を崩して笑い出した。
 妙に無邪気な子供のような笑顔に、怒るのも忘れてつくしも半ば呆れる。
 「くっ、あんた、面白れぇな。すぐ、そんなマジになって。冗談にきまってんだろ?一々女孕ませて、外にガキ作ってたら、俺らの立場でイイワケねぇだろうよ?‘テストステロン・ジャブ(注射型の男性用避妊薬)’使ってんから心配すんな」
 「て、あれ、まだ、非認可じゃないの」
 「いまんとこ、副作用に悩まされたこともねぇし、そのうち認可されんじゃねの?ま、普段はそれでも一応、ゴムも使ってんだけどよ、病気対策に」
 堂々と不正入手を仄めかす相手に、軽い頭痛を覚える。
 テストステロン・ジャブは、一時的に精子の生殖能力を抑えるという、中国で開発中の男性用避妊薬だ。
 近々、承認・市販を目指しているようだが、まだ、基本的に市場には流通していない。
 「…あんたの場合、確かに病気の方が心配ありそうだものね」
 「あんたは大丈夫そうだな。ずいぶん、久しぶりだったみてぇだし?」
 情事の果てに知りえた事情を、素面な状態であてこすられても困る。
 恋愛関係でもないのに、返事をするのもバカらしくて、つくしはさっさと床に脱ぎ散らかされた自分の衣服を身に着け始めた。
 「シャワー浴びてけよ」
 男は、ベッドの上から床に落ちている自分のスラックスのポケットから煙草を取り出し、口に咥える。
 だがライターは見当たらなかったらしく、煙草を咥えたまま、両腕を頭の後ろに組んで、見るともなしにつくしの着替えを見ていた。
 男の視線を感じながらも、つくしはでき得る限りの平静さで下着を身に着け、ブラウスを羽織り、スカートを履く。
 「おい、シャワー」
 「いいわよ、時間がもったいないから、病院で浴びる」
 「俺の匂いをつけてか?」
 カラかってくる男の意図がわかっていて、あえてつくしは無視した。
 この男は歯向かってくるから、赤面して心情をつくしが正直に表すから面白がって、わざと嫌がるセリフを言ってくるのだ。
 …年端もいかない若い娘と一緒にするなってーのっ。
 「バッカみたい。通りすがりに誰があんたとHしたってわかるっていうのよ」
 「ふ~ん、まあ、好きにすれば?」
 思ったような反応が返ってこなかったのが面白くなかったのか、案外あっさりと引いて、司は無造作に立ち上がった。
 ギリシャ彫像のような完璧な肢体が顕わになる。
 恥ずかしさも感じないのか、まるでつくしがその場にいないかのように、臆面もなくすべてをさらしている。
 …これだけ綺麗な体してたら、人に見せるのも恥ずかしくないってわけ?
 少年の司にはなかった精悍さと、男の色香をまとった肉体は、女たちの欲望を溢れさせる。
 けれど、美を損なうほどではなかったが、引き締まっているというより、この年頃の男性にしては痩せた体がつくしには気になった。
 昔から、コイツって無駄な贅肉なんてない奴だったけど、仕事が激務だから?
 見るともなしに見惚れていたつくしの眼前を横切ってシャワールームに消えた司だったが、一度閉めたドアから顔を出した。
 「ああ、車は乗って行けよ。下で待たせているから」
 「…ありがとう」
 今は一刻も早く、この場を去りたくて、つくしは俯き加減に返事を返し、踵を返す。
 さっきから男の触れたどこもかしこも熱く、忌々しい。
 トロリとした司の残滓が、体の奥から流れ出た感触がして、つくしはブルリと震える。
 それは女にとって暴力と同じ男の身勝手な欲望の押し付けに対する怒りばかりでなく、女の欲望に我を忘れ、自ら男に負けた自我の崩壊に対する痛みだった。
 

 「…副社長、道明寺副社長」
 冴子の声にウツラウツラとしていた司の意識が急速に覚醒する。
 アメリカ国内とはいえ、長距離の移動に自家用ジェットを使用し、機内での待ち時間での軽い仮眠からの目覚めは、不思議に優しく穏やかなものだった。
 本当に短い眠りだったのに、グッスリ深く眠った時のように頭が軽い。
 基本的に不眠症で、いつも寝起きはイライラ感が拭えない司には珍しいことだった。
 なんか、いい夢見てた気がすんな。
 昨日…すでに日付は今日の時間に邸に帰宅し、ゆっくり眠る間もなく来客を迎えた。
 今日は、かねてから要の主治医として初出勤する女医者の顔見せの日だったから、手に落ちてきた女を一目見てやろうと待ち構えていた。
 だが、存外に長居した客のおかげで危うく捕えた獲物を捕り逃がすところだったが、運よく途中で捕獲に成功し、甘美な食事にありつけた。
 いままで司が味わってきた獲物たちとは趣向が異なり、子供のような貧弱な体にそれほど色香は感じていなかったはずだったが、実際に触れ、その裸体を目にした途端、司の方が強烈な欲望に囚われた。
 さすがに望まぬ関係に体を強張らせる女を怯えさせるほどにガッツくような見っともない醜態は晒さなかったが、あまたの美女たちを食い散らしてきた
司にしても初めての経験だった。
 おかげで、その手にすでに落ちている獲物だとわかっているにも関わらず、まさか真っ昼間から襲い掛かるつもりなどなかったというのに、カラかうつもりが
いつの間にかマジになり、気が付けば年端もいかぬ若造のようにむしゃぶりついていた。
 まったく、失態もいいところだ。
 そうは思いながらも、甘やかで柔らかい女の肢体の吸い付くような感触や、頭を痺れさせる女の濃厚な匂いが脳裏に蘇ってきて、熱くなってきそうな下半身から意識を切り離し、組んでいた長い足を組み替えた。
 そして、何食わぬ顔で、業務報告をする冴子の言葉にかまえて意識を集中させる。
 「…それから、FAコーポレーションの江崎様が今夜お時間を取って欲しいと」
 「今夜?俺の方のスケジュールは?」
 「後は懇意会が入っているだけですので、フリーです」
 「…どうすっか」
 司は軽く、思いを巡らせる。
 江崎美緒は、冴子の次に長く司と関係をもっている女だった。
 多分に仕事を絡めた付き合いではあったが、年上の美緒は司に耽溺してはいても、サラリとして都合の良い女をあくまでも貫き、司にとって楽な女だった。
 だが、ここのところ病院の女医に入れ込み、NYに転居してきた麻紀乃のこともあり、長くご無沙汰している。
 さすがに痺れを切らして連絡してきたのだろう
 だが、
 「今夜は時間、とれそうにねぇからって、断っておいてくれ」
 「…はい?」
 聞き違えたのかと冴子は、思わず聞き返していた。
 「聞こえなかったか?」
 「あ、いえ、かしこまりました」
 司はマメな男ではなかったが、あくまでもビジネスライクではあっても、つかず離れず今まで適当に不義理にならない程度の付き合いはしていた。
 それは多分に、司の性欲処理のための付き合いだけではなく、仕事上の付き合いも兼ねた情事がかなり占められていたこともある。
 昔、男女関係に潔癖だった司は、つくしを失ってからそれらすべてに拘りや関心がなくなり、自分の肉体もまた仕事の延長線上に使用することに
躊躇しなくなっていた。
 それだけに、他人の心や肉体に対する思いやりの気持ちも持ち合わせなくなってはいたのだが。
 各所からの業務報告を告げる冴子の脳裏に、司の執着を引き出し始めている一人の女の面影が影のように染みついて離れなかった。

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【夢で逢えたら041】へ
  • 【大凶は恋の転換時?】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆうん様^^

ハマッてくれましたかw

しかし、もうゆうんさんの問いには答えられないな^^;
限りなくホールインワンに近いニアピンです。
これ以上、ヒントを差し上げちゃうと、面白くなくなる?ので、後はお話をお楽しみに♪ってところで、ダメっすかね?^^;

他の2連載も、黴が生えないうちに戻りたいものです。

翔様^^

はは、第三のマダムっつうか、最近の?司君は艶福家だったのですよ~。まあ、遊びつうより、仕事も兼ねた
欲望処理?(うわあ、最低~)
この先、第4、第5の女がっ!?ってなると収拾がつかなくなるので、ほぼ、名前しか出ない人たちが大半です^^;まあ、気が向けば浅井百合子嬢なみの出番があればいいなあ、なんて?もちろん、重要なポストにいる女もいるにはいるんですけどね^^!

もう少しの間は、司君とつくしちゃんの蜜月?が続くので、事件はもう少し後かな~^^?

パラレルもいいですねぇ^^!したら、思いっきりラブラブ路線突っ走れる?w

ゆっち様^^

冴子さんは、まだまだこの章ではそれほど活躍?する予定はないんですが、少しづつ暗躍してゆくかな?
麻紀乃ちゃんが浅はかに突っ込んで、やっぱりザコイ^^;のと好対照に頑張ってくれればなというお姉さん。

やっぱり皆さん、そこら辺が気になっちゃうんですねw
大人やね~^^v

要君の復帰祝いまでに、つくしちゃんと司君はかなり濃密な関係を深めてゆくので、しばらくは、平穏?な爛れた日々…wパーティでは一波乱ある予定ですし、ちょっと第3章の伏線をばらまくつもりですので、どうぞ、お楽しみに♪(もうちょっと先ですが)

やはり、あのサイトさまでしたか!あちら様のあるHシーンというより、つくしちゃんを誘うシーンがありまして、そこがすっごい艶っぽくて、惚れ込んじゃってます。えっと、脳手術されちゃうお話で、時計を外すシーンなんですが、わかりますかねぇ?ああいう、何気ないようでいて、すっごい色気のあるシーンを書けたらと、憧れているんです^^司君との息子である二人の子たちも大好きです。特に、モデルもしてお父さんに貢献した彼なんて、もう、激萌え~。その父としての司君(いえ、君なんて言えませんね。’様’)最高~。思わず人様のお宅のお話を自分のブログで語っていますこ茶子でした^^;;

司君は痩せているのは…不治の病、っていうのではないのでご安心を。思うに、単に不摂生なのでは?と。ほら、やることないから仕事中毒で、不眠症、食事も気が付けばあれ?抜いちゃったな~くらいに無気力な人なので、下手すると一日一食?くらいな??原作でも小食っぽかったですしね。まあ、作者の私も知らない秘密の病を持っているのかもしれませんが、いまのところ察知してません。

小話、気に入っていただけてよかったです^^
切ない系…ここ数日、頭の中をグールグル回っていたので^^;
不幸にならない切ない系!
と、いうことで、最後は王道の、司君登場で〆てみました^^
シンデレラ症候群の方は、そのまんま、書き始めながらのストーリー展開(桜も同じですが^^;)なので、
どこで落としどころにしようか、迷うことしきり。
なんとか、まとまってホ。

あきら君話、それぞれコメディアンとして、ボケとツッコミと考えれば面白いものが書けるかも、とちょっと気勢が上がってきました♪

これからも、こちらこそよろしくです^^!

キリ様^^

こんばんは^^大歓迎で~す!いらっしゃいませ。

第1章はつくしちゃんの影が薄いですからねぇ。
なんせ、名前はずっとマーベル先生で通しているので、彼女がつくしちゃんだとはお釈迦様でもわかるめぇ?w
なんとか類くんが正体を暴いてくれました。

女は鋭いですからねぇ。あまり、鋭い女たちに会わせると危険かな?w椿さんはでも、鋭いというより力技な人なので、マーベルなつくしちゃんを気に入って、普通に可愛がってくれそうですよね^^桜子ちゃんの役割はみなさん、だいたいお気づきのようで、でも、司君にアドバイスしてくれるんでしょうかねぇ。と、逆に聞いてみる?w

今日もさっそく司君はサカッてみました。もういい年だろうに…って、いやいや、男も女も30歳からが盛り!悲惨な?青春時代をきっと取り戻してくれるでしょう。つくしちゃんにはいい迷惑ですが^^;

今日もまたUP時間がズレこんでしまいました^^;読んでいただけているといいのですが…。ま、明日でもいっか~?w

理子様^^

ホント、司は卑怯な奴ですよね!(うちのはw)
このままだと、世の婦女子に申し訳ないので、そのうちつくしちゃんも天誅を加えてあげてくれればいいのですが、今回のつくしちゃんは
苦労しすぎて許容範囲が広くなっちゃったので、難しいかもです^^;
なので、このわたくし目がつくしちゃんに代わって、そのうち天誅を加えるでしょう~なんちゃって。
まあ、すでに当家の司君の場合、つくしちゃんを一度、二度か、失ってしまってこの世の地獄を見てしまっているので、どんな不幸に見舞われてもあまり堪えないかもしれません^^;
逆に、つくしちゃんつうか、新たな恋に目覚めて幸せになっちゃうかも^^;
同意なく付き合わされているつくしちゃんにしてみれば、えらい迷惑だとは思いますが。
つくしちゃんの啖呵、いいですねぇ。
「性根を叩き直してやる!」
かはともかく、どこかで一度、つくしちゃんの啖呵を書いてみたいと思います^^!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーママ様^^

初めまして^^
とても嬉しい応援ありがとうございます^^!

質問されたサイトさんのことなのですが、一通りサイト内を見てみて、特にリンク等について明記されていなかったので、直接ご紹介してもよいのかわかりませんでした。
なので、ヒントというか、検索する道筋をお教えしますね^^
ちょっとサイト名の一部などではヒットせず、検索サイトさんにも登録されていなかったので、回りくどい方法ですが、

0574ランキングさんという、当ブログにもリンクを貼っているところへまず飛んでみてください。
そこで登録されている、何か所かのサイトさんに貼られたリンクから飛んで、さらに行き当ったサイトさんが何か所かそこへの相互リンクを貼ってらっしゃいます。
元のサイトさんもランキングの上位1ページ目で行き当たると思いますし、とんだ先も元々大がかり(今は哀しいことに更新されていないようTT)に書かれていたと思うので、探しながら読むのもまた楽しいと思います^^

もし、どうしても行き当らないようでしたら、またコメントください。
わからないようでしたら、交流はないのですが、いまも更新されていてブログも生きてらっしゃるので、直接お教えしても大丈夫か聞いてみようと思います。

とても素晴らしいお話を書いてらっしゃるサイトさんなので頑張って探してみてくださいね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆっち様^^その2

うわ、お気遣いありがとうございますm_ _m
さっそく、お返事に反映させていただきますね!

まーママ様^^その2

すいません、サイト様について。
アドバイスをいただきましたので、そちらで検索してみてください。

「暇人 花より男子」(もう一つ単語を入れた形で教えていただいたのですが、これだけでもヒットしたので一応^^

とても素晴らしいサイトさんですので、頑張って探してくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まーママ様^^

見つけられましたか!?よかったですねぇ^^
お互い、ワクワクどきどき、楽しいお話をたくさん読ませてもらって、毎日のストレス発散になるとよいですね!私の文章も、まだまだ拙いものですが、その一助になれたら嬉しいです。
またまた、気が向かれたらコメントくださいね^^!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夢で逢えたら041】へ
  • 【大凶は恋の転換時?】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク