FC2ブログ

「Fly me to the havenシリーズ…36話完」
高校生編②

ドキドキの法則20

 ←昏い夜を抜けて136 →昏い夜を抜けて137
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「じゃあ、ホモなんだ~」
 シクシクシク。
 さっきまで可愛いと思っていた牧野に、軽くイラッときちまった。
 いやいや。
 可愛いは可愛い。
 泣いていていても別にかまわない。
 …いや、かまわなくはないんだけど、とりあえずそれがムカつくってことはない。
 がっ!
 「ホモっつーのはどういうことだっ。EDっつーのはよっ!?」
 「……うぅ、う、う」
 「だあああああっ、泣くなっ、この酔っ払いっ」
 怒鳴りつけた途端、ビクッとした牧野が、「あぐっ」とかなんとか言って、涙ぐちゃぐちゃの顔で俺の顔を見つめたまま、固まって泣くのを堪えてる。
 やべ…。
 Sッ気をくすぐられるつーか、なんつーか。 
 牧野苛めたいなんて、久しぶりに思っちまった。
 …いや、もちろん思っただけだけどな。
 しかし、鼻水くらい噴けよ。
 そんな顔でも可愛いとか思ってる俺が、不憫だろ…。
 「あぐあぐっ、あ、あんたは、あんたは」
 「落ち着け…。ちゃんと聞いてやっから、ゆっくり話せ。なんだよ、俺が原因なのか?」
 そういえば、あきらの奴が妙なこと言ってたな。
 「…あんたはどうせ、あ、あたしの裸なんてキモイんでしょ~、うわああああああん」
 「うおっ」
 いきなり突っ伏して大泣きしだした牧野に驚いて飛び上がる。
 お、ビックリするじゃねぇかよ。
 動きが一々、突飛なんだよッ。
 つーか、こいつ、絶対明日になって記憶があったら悶絶するな。
 それか突発的な健忘症になるか。
 まあ、これだけ飲んでたら記憶がなくなっていてもおかしくないから、こいつ的には記憶がなくなってた方がいいんだろうな。
 「しょうがねぇな」
 泣き噎せてる酔っ払い女を抱き起こし、よしよしと頭を撫でて慰めてやる。
 憶えてねぇかもしれねぇのに、滔々と説き伏せても無駄かもしんねぇけど、とりあえず誤解は解いてやらねぇとな。
 スンスンと、鼻をすすってとりあえず一時期の狂乱からは落ち着いたらしいので、なるべくゆっくり話してやる。
 「お前がさっきから言ってる、俺がホモだとかEDだとか、お前の裸がキモイとかいうのは、アレか?俺がラブホでお前を抱かなかったからそんな変な誤解してるのか?」
 それしか考えられない。
 「お前、そんなに俺に抱かれたかったのかよ…」
 声は呆れたように言ったけど、正直、牧野が俺の胸に顔を伏せてなかったら、とんでもなくニヤけて崩れた顔を見られちまうところだった。
 「…ち、違うけど。ぐずっ。でも、あんた吐いてたじゃん」
 「吐いてた?ああ、あのAVのキモイ画像な」
 「き、きもいって、あたしもよく見てなかったけど、え、エッチってあんなもんなんじゃないの?」
 問われても経験がないんで答えようもないが、まあ確かに一瞬見たあの画像は特に特殊なやつって感じじゃなかったかもな。
 ただ、あの女のでっけぇ胸が、昔見せられた際物AVの女優の胸とオーバラップしちまったのが俺の吐き気の原因だったんだろうけど。
 「あたし、特別美人でもなければ、綺麗な体してるわけでもないし。人間なんて、たぶん裸になっちゃえば基本構造そんなに変わんないんだと思う。それに、ああいう…のってどういう人が出演しているのかわかんないけど、それでも女優さんなんだから、フツーの人より綺麗なのに、そんな人の裸が気持ち悪いとか言われたら…うっ」
 「ああ~、お前な、俺の胸に鼻水つけんなよ。って、また泣くな。とに、今日のお前、マジでどうかしてんな」
 「えぐ、うぐ、あぐぅ~」
 泣いて腫れだした頬っぺたを両手で挟み込んで、唇でその涙をすくってやる。
 しょっぺぇ~。
 下手すっと鼻水も入ってるかもしんねぇけど、全然平気な自分が我ながらおかしい。
 涙なんて、それこそ鼻水や汗なんかと変わらねぇ体液の一つだ。
 それでも、お前のなら嫌だなんてちっとも思わなくって、それどころかお前のならどんなもんでも残らず自分のものにしなきゃ我慢ならねぇ。
 他の女だったらありねぇんだぜ?
 お前だけなんだ。
 それくらい、とっくにわかってると思ってたのに。
 「お前のは完全な思い込みだ。どんだけ顔のイイ女や体がイイ女だって、俺はお前以外に欲情しねぇし、何も感じないどころか気持ち悪いんだよ」
 「……そんなのおかしいよ」
 瞼にキスを落とすと、すっと閉じて睫毛が唇に触れる。
 その一本一本を舐めて、滴をとって、再び頬や顎を清めてやった。
 こりゃ、明日になったら腫れるな。
 唇に触れる熱い感触がそれでも嬉しい。
 酒をそれほど好んでないお前が、そんなにヤケ酒かっくらって、ぐちゃぐちゃになってるのって俺が好きだからなんだよな。
 妙な誤解して、お前の裸を俺が気持ち悪がるなんて、どこをどうとったらそうなるんだか知らねぇけど、そんなことに傷ついて泣いてるお前が愛しい。
 「おかしくってもいいんだよ。惚れた女にしか勃たなくって何が悪い。他の女とセックスする気なんてまったくねぇんだから、それで何にも問題ねぇだろ?」
 「……そりゃ、そうかもしれないけど。あたしの体、綺麗じゃないよ?やっぱり、マジマジ見ちゃったら、気持ち悪くなって吐いちゃうかも…」
 「バカ」
 泣いて腫れだしている顔を冷やしてやらなきゃな、って思いながらも、まだグチグチ言ってる牧野が愛しくて、可愛くて、離してやれねぇ。
 俺がお前をどれくらい好きかなんて、どれだけ言葉にしても言葉になんてしきれねぇんだな、結局のところ。
 大人しくしているのをいいことに、俺はただ抱きしめていた片手を意図をもって前へと回す。 
 「…なら、見せろよ」
 「え?」
 ポカンとした顔が、俺の顔を見た途端、もっと赤くなって、どうしていいのかとキョトキョトと視線を彷徨わせた。
 「見せてやるよ、俺がお前にどれだけ欲情してんのか。お前のこと綺麗だって思ってて、お前の裸を見たい、触りたいって思ってるか、よ」
 せりあがってきた欲望に、喉がカラカラになって、言葉じりが掠れた。
 「え、…でも、そんな…」
 迷ってる風の牧野を抱え込んだまま、背中にまわした方の手で牧野の体を支えながら、押し倒す。
 ドキドキと、俺の裸の胸に密着した牧野の胸からも激しい動悸の音が聞こえて来て、その動悸が俺の物なのか牧野の物なのか判然としないまま、けど、そのドキドキ音が互いに好きと伝え合ってるみたいで、嬉しかった。
 まだ躊躇してるみたいだけど、お前、俺を拒絶していないよな。
 その目に浮かんでるものは羞恥や戸惑いだけで、俺への嫌悪や怯えはない。
 いや、多少は怯えもあるんだろうが、それは処女の当惑ってやつで、それでもおずおずと俺の背中にギュッと縋り付いてきたお前の意思は、俺と同じだと俺にも伝わってきた。
 抱き合いたい。
 好きあってるなら湧いてきても不思議じゃない感情。
 今この時、俺と牧野の恋心は完全に一致していて、初体験の場所がどうとか、シチュエーションがどうとかそんなことはもうどうでも良かった。
 もっとお前が知りたい。
 お前が見たい。
 触れたい。
 身も心も互いの境界なんてわからないくらいに一つになって、一番深いところで繋がりあいたい。




◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2





関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて136】へ
  • 【昏い夜を抜けて137】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて136】へ
  • 【昏い夜を抜けて137】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク