FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第四章 発覚②

昏い夜を抜けて136

 ←ドキドキの法則19 →ドキドキの法則20
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 類の名刺を手に困惑しつつも、彼自身への援助自体は固辞した。
 「…君の為ってわけじゃないよ」
 「ええ、わかってます。でも、俺はもう成人した一人前の男です。いくら姉とお付き合いされている方からとはいえ、俺のことまで援助していただく謂れはありません」
 「頑固だね、君も、君のお姉さんも」
 呆れたように肩を竦める類の気持ちはありがたかったが、実際、両親の背中を見てきた進にしても、すぎる幸運や人の好意は自分の為にならないことを知っている。
 人は慣れてしまう生き物だ。
 そして自分の力で手に入れたもの以外は容易に消耗し、枯渇してしまう。
 だからこそ、不器用だと言われても、分不相応なものは望まないし、そもそも必要だとも思わない。
 でも…。
 「お気遣いありがとうございます。お気遣いは感謝しています。それに、花沢さんのおっしゃる通り、いま無理して退院して、由宇…恋人や姉に心配かけるより、完治してこの先頑張る方が大事だと反省しました」
 「そう?」
 「…はい。その費用も、俺が捻出するのは大変なことだったけど、さきほどいただいたお金、ありがたく使わせていただきます」
 「入院費は俺に任せて、違うことに使った方が良くない?」
 それでも念を押す類に苦笑しつつ、進は頑なに首を振った。
 「いえ、お見舞いのお金というのは、そういう費用に使うようにといただくものですから。それに…姉ちゃんも不振に思いますよ」
 それを言われてしまうと、さしもの類も言い募れない。
 意外に、人心を読んでいる進の聡明さに、妙な満足を感じて類は帰り時を悟る。
 「…その名刺」
 「はい?」
 「とっておくといいよ。それなりに役に立つ」
 「花沢さん?」
 「…確か、就職、まだ決まってないんだよね?」
 つくしからの情報なのか。
 この時期に…という恥ずかしさを感じて、進の顔はうかないものとなってしまったが、類の意図は進を恥じ入らせたいわけでも、叱咤したいわけでもなかった。
 「君が優秀な人であるのは聞いてる。それに、見たところ、とても誠実で真面目な人だよね」
 「…いえ、そんな」
 面と向かって褒められて、嬉しさを感じながらも謙遜する進の奥ゆかしさも類にとっては新鮮だった。
 大抵の人間は、類を前にすると自分の優秀さをアピールしようと誇示する。
 それで本当に優秀ならば大したものだが、その心の根の奥に少しでも類からなにがしかを引き出そうという魂胆が透けて見えて、その見え透いた卑しさが滑稽で、見苦しかった。
 「そんな君がいまだに就職先を決められないのは、君自身、なにか屈託を抱えてるからなんじゃない?」
 「……」
 とっさに類の顔を見て、伏せるその顔は図星と書いてある。
 「それが君の家庭の事情からくる経済的理由だというなら、わかってると思うけど、いまのまま無理を続けるより、ちゃんとした企業に勤めてそれ相応の報酬を受けた方がいい」
 もちろん、進にだとてわかっていた。
 だが、一般的サラリーマンの初任給は、それほど高くはない。
 自分一人を養うには、十分なその額も、いまの進の…両親の抱える事情には到底追いつくものではなかったのだ。
 黙り込んでしまった進に、薄らと微笑みかける。
 そこには、類にしては珍しい同情めいて、嘲りるものは含まれていなかった。
 「俺を頼らなくてもいい。でも、きっかけはあげられる。自分の将来と、お姉さんの心配を真剣に考えられる余裕ができたら、それをもって花沢を訪ねて欲しい。いつでも、俺は歓迎するよ、じゃあ、またね」
 大企業を支える男の背は、進から見ても、大きく、広かった。





 類が車に戻ると、ホッとしたような顔の秘書が待ち構えていた。
 今日は日曜日なのだから、自分も休みをとると強引に言い置いておいたのだが、  
やはりそうは問屋が卸してはくれなかったらしい。
 いつものようにのらりくらりと逃れても良かったのだが、珍しく、類は仕事を真面目にやろうかな、という気分になっていた。
 進の清々しさに充てられたのかもしれなかったし、仕事をサボったとつくしに知られて軽蔑されるよりも、のんべんだらりとはしていてもさすがは花沢の専務と尊敬されたいのかもしれなかった。
 いままで、類にはほとんど自己顕示欲がなかった。
 それどころか、他人にどう見られても、どう言われても何も感じない。
 それでも曲りなりとも専務として優秀さを発揮できたのは、単純に従うより逆らう方が面倒臭かったから。
 がむしゃらにやらなくても、十分に順応できる能力がそれを助け、現役バリバリの父親が健在な現在、それで別に何も困らなかった。
 たとえ、司の父親のように何かあって、自分に責任が一気に押し寄せたとしても、適当にやれない範疇になれば、勝手に花沢など潰れてもかまわないと思っている。
 表に出さなくてもそんな類の投槍なところを父親も理解しているのか、下手に刺激しようとせずに自由にやらせてくれていた。
 …花沢の後継者として最低限の義務さえ果たしていれば、父親も会社も何も言わない。
 結婚もその一つで、抗い戦えばそれなりに類の自由になるのかもしれなかったが、戦ってまでたかだか『妻』と言う名の後継者を生む牝牛を選別する必要性をまったく感じなかった。
 だが、今日の類は少し、今までとは違う気分を味わっていた。
 情けない声を出す秘書に、薄らと笑って、会社に戻ることを同意する。

 「…専務」
 「いいよ、戻るよ」
 引きずるくらいの覚悟でやってきた秘書は、意外にも上機嫌な類に、不気味なものを感じながらも、気が変わらないうちにと自分が乗ってきた車へと促す。
 「ご機嫌がよろしいようですね」
 恐る恐る問いかける秘書に、ふふふ、と笑って、手渡された書類に目を通す。
 「まあね、…面白い奴を見つけちゃったからさ」
 育ててみたいなんて、らしくない自分に笑い、それもお人好しのつくしの影響かと思いついて、類は少し顔を顰める。
 そしてつくし繋がりで、ふと思いつき、後から車へと乗り込んできたSPへと耳打ちする。
 「…は?」
 「じゃ、頼んだよ。俺、帰るの夜中になると思うから、そのまんまマンションの方へもっていっておいて?」
 疑問符を浮かべる男をよそに、もう類の頭は目の前の書類の案件だけに向けられていた。  

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2




関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ドキドキの法則19】へ
  • 【ドキドキの法則20】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ドキドキの法則19】へ
  • 【ドキドキの法則20】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク