FC2ブログ

「Fly me to the havenシリーズ…36話完」
高校生編①

ドキドキの法則10

 ←昏い夜を抜けて126 →昏い夜を抜けて127
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「ま、気持ちもわかるけどよ」
 「そ、そうだよ!こんなお風呂入れるわけないでしょっ」
 思わず、どもってしまったのも仕方ないよね?
 たぶん青ざめた顔をしているあたしに、道明寺の方もニヤけるでもなく、困惑した顔で肩を竦めた。
 よ、よかった。
 こいつも動揺してるんだ。
 当たり前みたいにストリップを求められたら、こいつへの認識を改めなければならない。
 もちろん、性少年そのまんまにスケベな男だけど、あたしの気持ちを傷つけるようなことを強制する男じゃないと信じているのに裏切られたら立ち直れないよ。
 「よく見ろ、スクリーンついてる。…まあ、けっこう薄いから影が映るのは仕方ねぇけど、この季節に濡れたままだと風邪ひくから、とりあえずスクリーン降ろしてさっさと入って来い」
 「やだよ…」
 いくら影しか映らないって言ったって、やだ。
 「お前の鶏がら見てぇな体は何度も見てんだから、スクリーン越しに見たくらいで頭に血が上って襲い掛かったりしねぇよ」
 鶏がら…っていうのもありえないけど、そういう問題じゃないでしょ!
 「…どうしてもっていうなら、あんたが入りなよ。あんたの方が濡れてるんだから、風邪ひくならあんたでしょ!?」
 これだけは絶対に譲れない。
 唇を噛みしめて睨みつけるあたしの顔を見て、道明寺がはあぁっと溜息をつく。
 「いいから。俺はちょっと出てくるから、その間にちゃっちゃっと温まっておけ」
 「え?出てくるって、いったいどこに?」
 「濡れたコートと服なんとかしてくる。俺がいない方がいいだろ?」
 …そりゃ、そうだけど。
 「でも」
 「いいから。30分くらいでいいか?」
 「あんたはどうするの?」
 「適当に時間潰すさ。さっさとしろよ。時間になったらいやでも戻ってくるし、風呂にも押し入るからな」
 とんでもない答えに、飛び上がる。
 「それとも、最初から俺と一緒に入るか?」
 悪戯っぽく揶揄られて、ボンと顔に熱が集中する。
 「だ、誰が入るかっ!!」
 逆上したあたしが小突く前に道明寺はさっさと出口へと向かっていて、ニヤっと笑って出て行ってしまっていた。
 しょ、しょうがない。
 早くすましちゃおう。
 確かに、このままだと風邪を引きそうだし、あたしがグズグズしていたら、もっと濡れている道明寺の方が風邪を引きかねない。
 「…さ、30分だよね」






 やっべぇ~。
 今日何回唱えたかわからない言葉。
 余裕あるふりで部屋を出たものの、俺は部屋のドアを背に、ズルズルと座り込んでしまった。
 ありえねぇだろ、あの風呂!
 部屋の方はまあ、粗末ではあったけど予想に反していかにもって感じではなくって拍子抜け。
 もちろん、俺はここで牧野を抱くつもりはなかった。
 女ってやつは、『初めて』ってやつに夢持ってんだよな?
 それをこんな場末の、どんなやつがヤりまくってんだかもわからねぇベッドで、まるでとるにたらねぇ日常みたいに済ましてしまうわけにはいかなかった。
 これでも一応、最後までするのは、どっか南の島のコテージか、ドバイあたりの超高級ホテルでか。
 そんな感じに密かに計画してたっていうのに、とにかく暇がねぇ。
 俺の方は、大学受験するわけでもなくこの時期、学校は行っても行かなくてもどちらでも良かったし、そもそもまともに行く必要性を感じたことがなかった。
 それでも、卒業証書は出るし、とりあえず行ったという面目さえたてば親も文句は言わねぇ。
 だが、俺が会社の仕事に意欲を持ち出した途端、あれだこれだと親父やババアが無茶振りするようになってきた。
 さすがに高校を卒業前ということで、それでもセーブしてくれてるらしいが、これじゃあ大学生になってからが思いやられる。
 せっかくの牧野とのラブラブライフも、この調子だと危うい。
 それはそれとして、牧野は牧野で、休みでもないのに海外旅行いくぞ、といっても素直についてくるはずがない。
 …勝負は、学校が長期の休みに入ってからだな。
 焦点を春休みに絞って、それまでに『俺』という彼氏の存在に慣れさせるつもりだった。
 少しでもスキンシップをとって、慣れさせる。
 鉄壁の処女にいきなり迫っても無理つーのは、いくら俺でも嫌と言うほどに思い知らされていた。
 …ホント、俺ってすげぇ我慢強いんじゃね?
 でも、それだけ大切で、価値のある女なんだよ、お前は。
 けど、それでも我慢しすぎてプッツン切れねぇように、充電はしたいのは18才の男としてはフツーのことだと思う。
 今日の牧野はすげぇ可愛くて、映画館でも抗ってなかった。
 最後まで抱くつもりはない。
 抱くつもりはねぇけど、もう少し進むくらいはできるじゃないだろうか?
 そんな下心と理性が振り子のように揺れ動いて、つい誘っちまったホテル。
 まさか、こんなことになるとはな…。
 ラブホテルなんつー、俺の人生一生縁がないと思ってたこんなところにいるのも予定外なら、濡れそぼって頼りなげに震える(寒いから)牧野も想定外で。
 …俺、理性もつかな。
 さすがに強固?な理性をもつ俺様も、いくらスクリーン越しだろうと、目の前でシャワーなんて浴びられたら理性が焼き切れる。
 それでも寒さに震える牧野を、遠距離まで引きずりまわすわけにもいかなくって…。
 携帯電話を取り出し、邸の運転手を呼び出しかけて…。
 「…あいつら、きっと邸にいるよな。牧野も、こんなところに運転手来させて着替え持ってこさせるの嫌がりそうだし」
 とりあえず、フロントへと向かった。




 チャプン。
 20分ジャスト。
 まだ約束の時間まで10分間ある。
 大急ぎで、お風呂にお湯をはり、ざっと体や泥のついた頭を洗って、カラスの行水。
 こんなお風呂、いったいどんな人が入るのよ?
 世の中のカップルは本当に、こういうところに来るもんなの?
 パパッと体の水気をバスタオルで拭い、バスローブを探して壁の巨大な鏡に目が留まる。
 なるべく視界に入らないようにしていたのに。
 細くて棒みたいな手足、小さな胸、子供みたいなお尻。
 色は白くて肌は綺麗だって、桜子や滋さんが言ってくれた。
 でも、道明寺が言うみたいに本当に鶏がらみたいだ。
 躊躇いつつも、そっと胸元に触れる。
 あいつ、ここにこの前触れた。 
 あの時、ブラ越しとはいえ、あたしでさえもめったに触れることのない胸の先端を摘まんだ。
 一度は、ブラの中へと手を入れられて、直に触られたことだってある。
 こんな子供みたいな体で、あいつ本当にいいんだろうか。
 何度か見られたことあるんだから、とは思いながらも心配になる。
 ふと、我に返ってジッと見ていた自分の胸から目を反らす。
 「…やだ、あたしったら」
 自分の視線からも隠すようにバスタオルをグルグル巻に巻き付けて、コツンと鏡の中の自分の額に額を当てた。
 「…本当に貧弱。ガッカリされたら、どうしよう」

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて126】へ
  • 【昏い夜を抜けて127】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて126】へ
  • 【昏い夜を抜けて127】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク