FC2ブログ

「Fly me to the havenシリーズ…36話完」
高校生編①

ドキドキの法則04

 ←ドキドキの法則03 →昏い夜を抜けて120
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 道明寺に買ってもらったコートを羽織って、温かくなったのにまた肩を抱かれて、通りかかるウィンドーの小物や衣類、家具なんかを見て笑いあった。
 『あ、これ可愛い』
 というたびに、
 『買ってやる』
 という道明寺を宥めるのは大変だったけど、貰ったコートが嬉しくて、道明寺の気持ちが愛しくて、本当に喜んでいるのをわかってくれたのか、あまりしつこくしないでくれた。
 逆に喧嘩になって、いまのいい雰囲気が壊れるのが、道明寺もイヤだったからなのかな。
 「腹減ったか?」
 目的もなくウロウロうろついて、けっこうたってから聞かれたけど、あんまりお腹が空いた気はしなかった。
 「…うーん、みんなとおつまみもツまんでたし、そうでもないかな?あんたはお腹空いた?」
 「そうだな、そうでもないか。どうするよ?邸に帰るか?」
 「…そ、うだね」
 返事を返しつつ、まだ帰りたくない思いがある。
 明日になれば桜子のパーティだし、その後は、1週間だけだとはいえ道明寺はNYに行ってしまう。
 「…一週間て、卒業式大丈夫?」
 「まあ、ギリギリだけどな。間に合わなかったら死んでも死にきれねぇから、長引きそうでもブッチして帰って来るさ」
 「死んでも死にきれない…って、ぷっ、大げさ~。でも、高校の卒業式は一生で一度だけだもんね」
 うんうんと納得してるあたしに、心底呆れたような顔の道明寺がはあ?と首を傾げる。
 「何言ってんだ。そんなもんどうでもいいに決まってんだろ」
 「…へ?矛盾してるけど、そのセリフ」
 「重要なのはその後だろ。お前、プロムのこと忘れてんじゃねぇだろうな」
 プロム?
 プロムって確か、卒業式の後にあるパーティのことだったよね。
 「お前のドレス、もう邸に用意してあるから、ちょうどいい、試着してみろよ。気に入らなければ別の買ってやるし。なんか、姉ちゃんも用意したらしいから好きなの着てけ。ま、俺が選んだのより、お前に似合うドレスなんてあるわけねぇけどな」
 自慢げに胸を反らされて、なんだか誰が着るんだかわからない。
 ははは…、いつの間にかあたしも参加することが決定されているみたいだよ。
 「…そんな、プロムなんてあたしいいよ」
 て、いうか参加したくない。
 「バカ。お前が良くても俺が良くねぇんだよ。俺様の女を見せびらかす機会は、少しでも逃すわけねぇだろ、お前」
 「…あのねぇ」
 あたしなんか見せびらかしたって誰も感じ入ってくれないというのに、妙に張り切ってるこいつに呆れてしまう。
 「それに、俺が卒業したら、またぞろお前によけいなこと仕掛けてくる奴らがいるかもしれねぇだろ」
 ハッと傍らの道明寺を見上げると、真剣な道明寺の眼差しにぶつかった。
 「元々は俺のせいだけどよ。俺が卒業しても、お前が俺の女だってこと、周りのやつらの頭にしっかり叩き込んでやらねぇと、いくら同じ構内にいるったって何があるかわかんねぇからな」
 「…道明寺」
 「何も心配すんな」
 くしゃりとあたしの頭を大きな手が撫でる。
 「絶対守ってやるし、お前の為ならなんでもしてやる」
 「…守ってもらわないとダメな女じゃないって言ったでしょ?」
 「わかってっよ。俺が守りたいだけだ。俺が好きでやりたいんだから、お前は気にすんな。俺の特権なんだからよ」
 そんなこと言われたら困る。
 嬉しいのに…素直じゃないあたしは、それを上手く表現できなくって泣きたくなっちゃうから。
 それでも…。
 肩を抱いてくれてる道明寺のコートの背中をギュッと握り締めて、せめてもの気持ちを伝えたいと顔を上げた。
 「…あれ?もしかして牧野?」
 人混みの間からかけられた声に、振り向くと女の子が三人、こっちを見ていた。
 あれ?なんか顔に見覚えがある。
 「えっと?」
 「やだ!忘れちゃったの?おぐだよ。中学の時の同級生の…」
 言われて、お化粧した顔に、記憶の中の昔の面影が重なった。
 「ああっ、おぐ?小倉裕子ちゃん?ホント?すごい久しぶり」
 嬉しくなって、道明寺の背中から手を離して、おぐの方へと体を向ける。
 歩み寄ってきたおぐの伸ばされた手に手をタッチして、何年ぶりかの再会を喜び合った。
 「うわあ、偶然だねぇ」
 「ホント、友達とショッピング?」
 「うん、そうそう。高校の同級生」
 振り向くおぐの視線の先、呆けたような顔で突っ立っている女の子たちに会釈をする。
 けど、なぜか視線はあたしの方を少しも向かなくて、一心不乱にあたしの斜め上方を見つめたまま微動だにしない。
 …って、もしかしなくても視線の先って。
 あたしに意識が向いていたせいか、傍らの道明寺に気が付いていなかったおぐも、横のデカイ男にやっと気が付いたようで、あ、と声を上げる。
 「ごめんごめん、牧野、彼氏と一緒にいたところ………っ」
 言いかけて、やっぱり他の二人のように道明寺の顔を見上げて、真っ赤になって固まってしまった。
 はいはい。
 わかってますよ、その反応は。
 ポカーンと道明寺の顔に見惚れたまま動かない女の子たちをよそに、当の本人は冷めた顔でソッポを向いてしまっていた。
 …いや、別に愛想よく挨拶しろとは言わないけどさ。
 逆にそんなことされたら、何をトチ狂ったんだと怖くなってしまったかもしれない。
 「…えっと、その、牧野、か、彼氏?」
 不審げな聞き方に苦笑しつつ、
 「あ、…うん、そ、かな」
 照れて口籠っちゃったけど、ちゃんと肯定できた。
 …いくら照れ臭かったって、こんな時、否定されたらあたしだって嫌だもん。
 か、彼氏には違いないんだし、そこはね。
 チラッとあたしを見た道明寺が、少し嬉しそうに頬を緩めたのが目に入って、あたしの気持ちもテンションが上がった。
 「そ、そ、そうなんだあ。うわあ、すごいカッコイイ彼氏だね」
 「はは…そう?ありがとう」
 あたしが礼を言うものなのか迷うところだけど、褒められたには違いないしね。
 コソッと道明寺に聞こえないように、耳打ちされる。
 「牧野、彼氏凄すぎ。今度、声かけるから中学の同級生で女子会しようよ」
 「え、うん」
 「その時、馴れ初めとか詳しく聞かせてね」
 「ええっ?!いや、その…」
 あたふたとまごついてる間に、おぐが友達の方へと戻ってゆく。
 「じゃあ、あんまり邪魔したら悪いから。またね、牧野」
 「う、うん。また」
 断る暇もなく去られてしまった。
 「…なんだよ、中学の時のダチ?仲良かったのか?」
 「あ、うん。それなりにね」
 「…彼氏かって聞かれて、ちゃんと答えられたな」
 道明寺の顔が誇らしげで、それが本当に嬉しい。 
 あたしなんかの彼氏だって言われたのをそんなに喜んでくれるなんて、と温かい気持ちになった。
 「…天気あんまり良くないね」
 「あ?ああ、そういえばそうだな」
 雨が降ってるわけじゃないけど、星が見えなくって、けっこう雲が厚かった。
 そのうち、雨降ってくるかも。
 遊園地とか、雨降られたら困るし。
 かといって、やっぱり、このまま帰りたくない。
 「…あのね、もし、嫌じゃなければだけど」
 「うん?」
 「その、一緒に映画、観に行かない?」
 「映画?…邸に戻ればシアタールームあっけど?」
 ああ、そういえばありそうだと頷けるけど、そういうことじゃないんだよな。
 ただ、あたしはデートしたいだけ。
 フツーの高校生のデートを道明寺と楽しみたい。
 でも、きっとこんな気持ち、子供っぽいって道明寺にはわかってもらえないんだろう。
 そう思うと、なおも強請る気にはなれなかった。
 「…いいよ、観ようぜ」
 「え?」
 「観に行こうって言ったんだよ、映画。なんか観たいのあんのか?」
 言われてやっと本気なんだと、わっと嬉しさが込みあがる。
 「本当にいいの?」
 「ああ。それくらいでそんなに喜んでんじゃねぇよ」
 ふわりと笑われた顔が本当に優しくて、綺麗で、ぼうっと見惚れてしまった。

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ドキドキの法則03】へ
  • 【昏い夜を抜けて120】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ドキドキの法則03】へ
  • 【昏い夜を抜けて120】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク