FC2ブログ

「Fly me to the havenシリーズ…36話完」
高校生編①

キスの温度06

 ←木漏れ日に貴方を想う 【総二郎×つくし】 →キスの温度07
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「…先輩、いくら酔っぱらってるからって、そんな心にもないことを言って」
 あたしのやけっぱちな言葉に、桜子が頭痛を覚えたように額を抑えてる。
 そのいかにも、信じていないといった態度が、すっごいムカつく。
 酔いといろんなものでグチャグチャなあたしは、どうにかして、本気だと桜子に信じさせようと意気込んで、突っ伏していたコーヒーテーブルの上のグラスをドンッと叩き付けた。
 「本気だよっ。だいたい、あんな我儘野獣男とマトモな男女交際しようっていう方が無理があったんだもん。あいつなんて、やりたい放題、自分勝手で!自分がしたいって思ったら、あたしの意思なんてどうでもいいんだ。そんな男、こっちから願い下げなんだからね!」
 「ええ?つくし、司と別れちゃうんだ~。じゃあ、あたし、後釜に立候補しようかな♪」
 のほほ~んとマイク片手に熱唱していた滋さんが、口を挟む。
 「…滋さん、酔っ払い相手に、また面倒なことを」
 思わずギクリと頭を上げたあたしと目が合って、ほらみろ、とばかりに桜子に目くばせされてカッと頭の中に羞恥の火花が散った。
 …道明寺なんて、道明寺なんて。
 そう思うのに、「熨斗つけて滋さんにあげるよ!」なんてとてもじゃないけど言えないくせに、どうしても、「道明寺はあたしのだから、ダメだよ!」のどちらも言えない。
 そんなだからやせ我慢だ、見栄っ張りだって言われちゃうんだけど、滋さんに口を挟まれた瞬間、ドキンと胸が鳴った。
 恐る恐る滋さんへと視線を向けると、ニヤニヤ笑う顔に出くわす。
 「そんな顔しちゃって。やっぱり、司をとられるの嫌なんじゃ~ん」
 グフ。
 もう二度と顔があげられない気がする。
 横に座っていた優紀が、優しく背中を叩いてくれる。
 「…つくし、やっぱり道明寺さんのこと好きなんだよね」
 優しい口調に、意地を張る気力もわかなくて、コックリと頷いてしまっていた。
 「「つくし」」
 「…先輩」
 「好きだよ。好きだけど…どうしていいかわかんないの。あんな風にグイグイ迫られちゃうと、なんだか怖くなっちゃって…。それに、なんだかHしないと、付き合えないってそんなのいやだって思う。それってやっぱりあたしが変なの?」
 なんだかあの時の、面倒臭そうな道明寺の顔が頭に思い浮かんで、グスリと鼻が鳴る。
 お酒のせいか、やたらと涙腺が弱くなって、いくら気の置けない親友たちにとはいえ、こんなこと言っちゃうなんて恥ずかしぎる。
 さっきまでニヤニヤ笑いしていた滋さんが、空いていた向かい側に座り、真剣な顔で首を振る。
 「変じゃないよ。ね、桜子」
 「ええ、変じゃありません。好き=体に直結している男性とは違って、女はそんな単純な生き物じゃないんですもの。おしゃべりをしたりデートをしたり、少しづつ『好き』を育てていって、この人と触れ合いたい、もっといろいろ知りたい、そういう気持ちになって初めて恥ずかしいこともできるんです」
 「…桜子、あんたでもそうなの?」
 呆然と驚いたように言う滋さんに、桜子がヒクヒクとこめかみを引き攣らせてギッと睨む。
 「滋さん」
 「はは、ごめんごめん。いや、なんか意外で…」
 そんな一幕が、妙にシリアスになっていたこの場を和ませて、あたしもクスリと笑ってしまう。
 「やっと笑ったね、つくし。本当は後悔していたんでしょ?」
 「…え?」
 「ほら、道明寺さんに、そういうことしないとダメなんだったら付き合えない、って言ったこと」
 優紀に言われた考えこむ。
 確かに、道明寺と気まずく別れてからもやもやした気持ちがずっと胸の奥でわだかまっていて、それが嫌で嫌で、バイトが終わった後、優紀に電話した。
 ちょうど、滋さんのお邸で桜子たちと女子会をしているというから迎えに来てもらって、大河原邸のカラオケルーム?で愚痴った。
 最初は、そんなに赤裸々に話すつもりはなかったのに、いつの間にか回ってしまったアルコールがあたしの口を滑らせてしまい、気が付けば何から何まで話してしまっていた。
 …まあ、なんかだスッキリしたけどね。
 道明寺のお母さんから、1年間限定とはいえ交際を赦されてからこっち、なにかと体を求めてくる道明寺に、正直辟易していたというか、困って悩んでいた。
 そりゃ、全部が全部嫌なわけじゃない。
 あいつのキスは優しくて、キスされるとうっとりしちゃうし、あいつのストレートな物言いは恥ずかしいけど、嬉しいって気持ちだってある。
 でもだからといって、ところかまわずキスされたり…その、いろいろしようとされちゃうのは、怖いし不安だし、嫌だった。 
 怖いだけじゃなく、自分の体にも自信がない。
 何度か見られちゃってるとはいえもしマジマジと見られちゃったりなんかして、幻滅されたらどうしよう…とか、実はそんな恥ずかしさもあったり。
 そこまで言うと、笑われちゃいそうだから誰にも言えないけど、でもこれってけっこう切実な悩みだよね?
 だって…あいつ、あんなにキレイな男なんだもん。
 何をトチ狂ったのか、あたしなんかにあんなに好きだ~、好きだ~って言ってくれるけど、よく周りを見回してみたら、すごく綺麗な女の人や、可愛い子がわんさと群がってるのに気が付くはずだ。
 今までは、状況が状況で、付き合うことすら大っぴらにできなかったから、もしかしたら周りを見る余裕がなかっただけなんじゃあ、とか思ったりもするんだよね。
 そんな男じゃない…そう思うこととは別のところで、この考えはずっと消えてくれなかった。
 以前に、道明寺のお姉さんが言っていた。
 『スリルで結ばれるカップルは結束力が生まれるけど、それが過ぎると簡単にだめになっちゃうわよ』
 頭の中でこだまする。
 …道明寺、本当にあたしのことが好きなの?
 そういうことしちゃったら、もうあたしに飽きちゃうんじゃないの?
 なんて。



 あれから2日。
 牧野に会うことはおろか、顔さえまったく合わせていない。
 と、いうのも…。
 『お前、押せ押せすぎるんだよ。攻めまくるのも、やりすぎると何の効果もねぇぞ』
 『だよな。牧野のやつ、すっかり腰砕けになって引いちまってるんじゃねぇのって、殴るなぁッ!』
 という、総二郎とあきらの助言?でだった。
 「…わかってんな、司」
 キョロキョロ、キョロキョロ、あきらのやつが落ち着かなげに周囲を見回す。
 「おい、いたぞ、あっちへ戻れ」 
 足早に角を曲がってきた総二郎に指示され、俺らは今来た廊下へと引き返した。
 つーか、こんなで本当に牧野をその気にさせられんのかよ。
 はああああぁ。
 なんだか、もうすでに後悔し始めている。
 こいつらの口車に乗せられて、いままで上手くいった試しがないのに、あの時の俺はどうかしていたとしか思えない。
 今なら戻れる、引き返せる。
 そうは思いつつ、
 『俺知らないからね。らしくないことやって、逆に牧野にドン引きされて後悔するのお前だから』
 類に言われた言葉が、妙に胸にわだかまる。
 …でも、あいつに言われると逆にムカついて、やりたくなっちまうんだよな。
 きゃあきゃあ、固まってる女たちの一人が、妙に期待した顔して俺の前に立ったのに、俺は内心溜息をついた。


◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【木漏れ日に貴方を想う 【総二郎×つくし】】へ
  • 【キスの温度07】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【木漏れ日に貴方を想う 【総二郎×つくし】】へ
  • 【キスの温度07】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク