FC2ブログ

「Fly me to the havenシリーズ…36話完」
高校生編①

キスの温度02

 ←昏い夜を抜けて114 →昏い夜を抜けて115
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 チュッ。
 頭のてっぺんにキス。
 チュッ。
 今度は額にキス。 
 チュウゥゥゥッ。
 今度は頬っぺたにキスされて…。
 「だ、だめッ、ダメだったら!」
 両手で道明寺の口を塞いで突っぱねて、唇が迫ってくるのをなんとか防ぐ。
 「ん~、んんッ!…ぷはっ。もったいぶんじゃねぇよっ」
 青筋立てた三白眼が凶悪に怖い。
 ぐいいぃぃぃっと間近に迫った綺麗な顔も、これだけ近いと感慨どころか、押しのけるので精一杯。
 力いっぱい踏ん張っているのに、プルプル震える両腕が、少しづつ押し戻されてるのって気のせいじゃないよね?
 「ちょっと!嫌だってっ」
 ジタバタジタバタ。
 「…おいおい、司~、こんなところで盛ってんなよ」
 「牧野の奴が、背面で折れ曲がってるぞ」
 聞きなれた声に、
 「ぎゃああッ」
 と、悲鳴を上げて、めくら鉄砲に足を蹴り上げる。
 ドカッ。
 「痛ってぇ~っ」
 デカイ男がひっくりかえって尻もちをついた隙に、なんとか蛇みたいな万力の拘束から這い出した。
 「…逃がすかっ!」
 「ギャッ!」 
 こ、こいつ、もう絶対に蛇の生まれ変わりだよっ。
 一歩踏み出したところで、腰に腕を巻き付けられ、悲鳴を上げる。
 「なにやってんだよ、お前ら」
 「組んず解れつってよく言うけどよ、こいつら見てると全然色っぽく見えないのは気のせいじゃねぇよな」
 「ぶわはははは、そりゃ見えないわ!童貞と処女じゃあ、言われた意味もわからないんじゃね?」
 バカにする西門と美作が憎たらしい。
 つーか、助けてよ。
 ほとんどコブラツイスト状態に、はぶはぶと息も絶え絶え、気が遠くなる。
 「に、に、にしか、どさ、さぁん、み、み、みま、さ、かさん、たずけて~」
 形のいい顎の下に抑え込まれて、上手くしゃべれない。
 「おいおい、そろそろ本当に離してやれよ。好きな女、絞め殺したら寝覚めわりぃだろ?」
 「…誰が絞め殺すか。人聞きの悪いこと言うんじゃねぇよ」
 ブツクサ言いながらも、さすがに息も絶え絶えなあたしに気が付いたらしく、なんとか力を緩めてくれた。
 …完全には解放してはくれていないんだけどね。 
 「もう…離してよ」
 弱々しく訴えれば、今度はさすがにシブシブでも手を離す。
 はあああ。
 「つくしちゃん、大丈夫か」
 「総二郎っ、顔近づけんじゃねぇっ」
 今度は抱き付かれる前に、一歩下がる。
 「…西門さん、顔近づけないで。道明寺の顔怖いから」
 「おいおい、司。いくらお前の彼女だからって、そんなに束縛バリバリだと、そのうち牧野に愛想つかされるぞ」
 …もっと言ってやってよ、美作さん。
 本当はあたしがもっとガツンと言ってやればいいんだろうけど、なぜか、道明寺を前にすると思っていることの半分も言えない。
 別に他の人たちみたいにこいつが怖いとか、そういうんじゃないんだけど、なんとなく、あまりガンガン言って、拗ねられるとなんだか可哀想になってくるんだよね…。
 たいがい自分がそっけない彼女だという自覚はあるし。
 「ほっとけ。つーか、お前ら、こんなところまでなんだよ」
 「…こんなところって、別に屋上はおまえらの専用ルームじゃねぇし」
 「しっかし、こんな寒いところでお前らよくやるよな」
 「うるせぇよっ」
 「……」
 道明寺を取り囲んで揶揄っている西門さんと美作さんに、奴のお守りはお任せして、あたしはソロリソロリと気が付かれないうちにお弁当箱を片づけ、屋上の出口へと後退る。 
 「おっ。司、お前の玩具が逃げるぞっ」
 「誰が玩具よッ、バカッ」
 「そうだ。牧野は俺の最愛の女だぞ。失礼なこと言うんじゃねぇっ」
 「…司ぁ、お前、いくら牧野に惚れてるからつーて。よく臆面もなく、そんなこと言えるわな」
 「はあ?好きな女を好きって言って何が悪い」
 堂々と言い放つあんたが、あたしは恥ずかしい…。
 そりゃあ、まったく嬉しくないって言ったらウソになるけどさ。
 「って、待て!」
 追いかけてくる男を後に、脱出成功!
 階段へと通じるドアを開けて、一気に駈け出そうとして、なぜか壁に突き当たり跳ね返される。
 「ぶっ!」
 「…おっと危ない」
 柔らかい壁に跳ね返されて、危うくバック転するところだったのを、抱き留められた。 
 「…大丈夫?牧野」
 「類っ!人の女に抱き付くなっ!」
 顔を上げれば、見慣れた王子様のような美貌。
 「花沢類。…お願い、悪いけど、早くそこどいて」
 恩知らずにも御礼もそこそこに、脇をすり抜けようとしたものの、あえなく逃亡は失敗。
 おかげであたしは、花沢類への敵愾心をバリバリに燃やした道明寺の元へと、再び逆戻りするハメになりましたとさ。
 はああああ…。



 「…なんで、お前、一々俺から逃げようとスンの?」
 あれから、結局授業を理由(本当のことだけど)、道明寺の腕から逃れ、ガッツリ6時間目まで勉学に励んだ。
 今週はもう掃除当番には当てはまっていないし、バイトに向かおうと玄関へと降りると、案の定、待ち伏せをされていた。
 きゃいきゃい、わあわあ、遠巻きの人垣の中心には、お馴染みのモデルばりの美貌の男。
 …あいかわらず、よくこれだけ衆人環視の中で、平然と人を待ち伏せなんてできるよね。
 いつもながらに関心させられて、それでも、最近は見ているだけで殴ったりしなくなったから、よけいにあからさまに注目されているんだと思い当たる。 
 …いいこと悪いことかな。
 暴力振るわなくなったのはいいことだけど、本人的にはあまり嬉しくない状況だろう。
 「えっとね、こんなところであんまり込み入ったこと話したくないんだけど?」
 間違いなく突きさ刺さる視線の注視に居心地が悪い。
 「…じゃ、うちへ来いよ」
 「いや、この後バイトだし」
 ピクピクッと震えるこめかみが、正直すぎる。
 「えっと、歩きながら話そうか」
 「…俺は車だ」
 「はは、まあそうだろうけど。そ、それじゃあ、えっと話は明日とか」
 「却下」
 …だよね、わかるよ、その顔見てると。
 否応なく、人目も憚らぬ男に手を握られ、外へと引きずられる。
 「ちょっと!だから、バイトっ」
 「送ってやるよ、うちの車で。話はリモのなかでじっくり聞いてやるから、お前はさっさと来いっ」

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて114】へ
  • 【昏い夜を抜けて115】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

櫻井るる様

こんにちは^^
すいません、なぜか11/21にいただいたコメントが迷惑コメント扱いになっていました…。うーむ。ごくたまにあるんですよね。たぶん、禁止ワードと同じように、何かFC2内の迷惑扱いになるワードがあるとは思うのですが…。
8月のこ茶子DAY楽しんでいただけていたようで良かったです。
あのお話は、ホントじれったさが一般受け?せず、どうも半ばくらいはどうも今一受けが良くなかったようで…。
つまらない、違う話が読みたい、もうやめて…みたいなコメントも度々あって^^;
もちろん、応援してくださる方々もいらしたのですが、正直ガクッと肩が落ちることも。
それが意図したわけではなかったのですが、ちょうど盛り上がる部分で連続更新と合致したので、シリアスが苦手でいままで様子見していた方たちも戻ってきてくれて、私としても良い思い出となった3日間でした。
自分でもガッツリはまり込んで、一気に完結まで書いてしまったので、かわりにけっこう「この先どうなるの?」的な展開を目前にしていた『昏い夜~』がしばらく休止状態となっていしまって、楽しみにしてくださった方たちには申し訳ない状態となっていたのですが^^;

私も予想では「夢で逢えたら」新作かなあと思っていたので、けっこう驚きでしたね。
と、いうか、つかつくだろうな、と思ってたんですよ。
まあ、でもよくよく結果を見てみれば、うちにいらしてくださる方たちは確かにつかつく好きの人の方が多いんですが、うちは圧倒的につかつく話が多い。そのため、希望作品が分散し、類つくの人たちがほとんど『昏い夜~』に流れて、そこにいろんなCPを読む人たちなどが、現在集中的に連載している作品ということで贔屓くださったのかな…と推察しました。
「それでも貴方を愛しているから」もけっこう好きだと言ってくださる方たちがいたのは本当に嬉しかった。前述に書いた通り、これまた手ごたえのない作品でしたので^^;
でも考えてみれば、「夢で逢えたら」もそうだったし、シリアスはけっこうスタートダッシュが遅い気がします。
コメディは広く好まれて、わりと最初の頃から人は集まるけど、拍手など見ても、長期連載で書いてきた作品は、最後が違う。
コメディは楽しかった、良かったという感じですが、シリアス長編は後々まで、コメントをいただくことがあって、私としても嬉しいかぎりです。

私は実は、類鬼畜はよそのサイト様で読ませていただいたことがあります。
今は無料メールの廃止で、かなり多くのサイトが閉鎖になったgooブログで書かれていた作家さんで、類つくはほとんど読まない私ですが、つかつくも書かれている作家さんつながりで、好きな作家さんはどんな話を書いていても好きだということで全部読ませていただいていたお話でした。
まあ、そちらのお話は類が荒んでいたというよりも、つくしへの遣る瀬無い気持ちで、暴発してしまい箍が外れてしまったと、いうお話で最初からつくしを愛しすぎて、という設定でしたが、甘いばかりという印象だった類つくであれは衝撃的でした。
私的にはあきらや総二郎で鬼畜…のイメージはわかないのですが、原作初期の類ならけっこうありえそうだと思えたり。
実はこの連載を始める前、鬼畜物ではなく、もっとボケ具合(失礼)&王子様度を強化したシリアスを構想していたのですが、なぜか急に思い立って鬼畜。
鬼畜といえば司と、司の方の鬼畜を山ほどストックしている私でしたのに、なぜか司鬼畜はまだ本格的に書いていないというのに、ですよね。

「それでもお前を愛しているから」…それでも~司版。これは書きたいと思っている作品の一つです。
それでも~連載の設定の中で、当然司の行動もプロット立てていたのですが、つくしのみの視点だったため、泣く泣く書かずに消去(データ消しちゃったよ><;)
後になって、「あ!番外書けばよかったんだ」と思いついた次第で、まあ、半分くらい後半は残しているので、書きたい感が不完全燃焼している作品でもあります。
ただ、私、まだまだ書きたい作品たくさんありまして。
正直、死ぬまでに全部書ききれるのかなwとか思ったり。
スマホに慣れて、最近では暇さえあれば外でも人様の小説を読みふけっているので、実はあまり妄想する暇はないのですが、それ以前は、移動時魂が抜けたように自分の世界に入り込んでしまう危ない奴でした^^;
なので、書くより妄想する方が当然早いので、常に生産されている状態。
今は、スマホのおかげで休止中ですが、せめて現在ある分くらいは書きたいかな…みたいな。

本来つかつく派のるるさんに、待ってました!と言われると嬉しい『Fly me to the havenシリーズ』。これは、難しい設定とか一切考えず、思いつくまま、何もあらすじがないので、けっこう書くのに困ってますが、それでも頑張りたいと思っています。
甘々ってどうやって書けばいいんだろ^^;なんだか、いきなり不穏な状態になってますが、まあ、しょせんは高校生の恋愛。明るくちょっとエロく、多少は頭も悩ませて。
そんな作品にできればいいかな。

いつもるるさんや、皆さんの応援がすご~く、私の執筆の励みなっています。
ありがとうございます^^

マニス様

リンクサイト様へのパスワード申請の件、転送いたしましたので、もう少々お待ちくださいませ。

still…様

そうなんですよ。司君も、まだ遠距離恋愛の苦労を知らない頃なので、本能の赴くまま。まだまだ成長していない。高校生男子の煩悩モロ出しの青少年を描いていきたいと思っています。
でも、相手はつくしちゃんですからね^^;

ホーリー 様

こんにちは^^
そうなんですよ、司君、原作ではいきなり遠恋でいろいろな忍耐値も鍛えられちゃったけど、本来つくしちゃんと過ごしてたら、けっこう押せ押せだった気がするんです。
もちろん、嫌がるのを無理矢理するとかは約束もしているし、誰よりつくしちゃんを大切に思っているからするとは思えませんが、それでも溢れる情熱=せい欲?(漢字ははじかれちゃいました^^;)はもう正直にぶつけて、迫らないというのは考えられないんですよね。
高校生の健康な男の子ですしね。
どこまで、厭らしくない爽やかな青少年エロを書けるか、かなり難しそうです^^;
本エロはまあ、いずれは到達すると思いますが、相手がつくしちゃんなので、じれったい感をしばらくはお感じ下さいませ、うふ♪

おお、「Sweet Honey Baby」も読んでくださってますか^^
そうなんですよね。
表紙とかいって、どう書いていいかわからなくって、他の方の作品を参考にしたり。
実はあの煽り文句、お友達の他サイト主さまに考えてもらった文章だったりw
師匠と呼ばせてもらってます♪
あっちはどうやらあまり過激なR的要素はNGのようなので、あくまでも健全に?ゆる~い恋愛を書いていきたいと思ってるんですが、主人公の性格がね^^;
自分がサバけていないのに、サバけた女性ってどんななんだよ、とけっこう試行錯誤の連続ですw

鞠様

初めての高校生バージョン。
若き日は遠い昔なので、けっこうエセ若者チックなお話になってしまわないか心配ですが、初々しい二人を書けていければな、と思っています^^
熱きせい欲(漢字ははじかれちゃいます…)wドバッの司君と、そんな司君に引き気味のつくしちゃんかな?w

マルチーズ様

お久しぶりです。
ずいぶん長い間ご無沙汰してしまい、申し訳ありませんでした。
その間も、たくさんの応援ありがとうございましたm_ _m
久しぶり?なバカッ話。
「秘密の司君シリーズ」もバカッ話の予定なんですが、始まりが妙にシリアスで?
しかも記憶喪失ものなので、けっこう切ない系ギャグというよくわからないジャンルになっちゃってます。
「キスの温度」は普通にエロ?甘話になる予定(私の執筆力で甘くなるだろうか^^;)ですので、お楽しみに♪

HN様

はは、忍の字ですかw
久々に、HNさんに喜んでもらえる明るい話をお送りできれば嬉しいです^^
司君はあくまでもおバカに、煩悩たっぷり青少年を前面に頑張りたいと思います!
つくしちゃんは、まああくまでもつくしちゃんなのですけどね^^;

マリ様

お久しぶりです。
ずいぶん長らく、ご無沙汰してしまい、すいません。
しかも、たくさんのコメントをいただいたにもかかわらず、お返事を差し上げず…。
拍手100番ですか^^
なんとはなしに、ピッタンコだとウキウキしますよねw

ゆみん様

つくしちゃん、まだまだうぶい高校生。
司の前回煩悩アタックじゃあ、かなりたじろいじゃいますよね。
好きだからって、流されたらつくしちゃんじゃない!
でも、司を好きな気持ちは本当なので、そこをわかってくれれば、けっこう可愛い女の子になれると思うのですが…。
エロ甘を目指してますが、上手く書けるかなあ^^;;

HN無記名の方へ

最近お疲れ気味だったとのこと。
少しでも、日頃の憂さを軽減する一助になれたなら、とても嬉しいです。
司君の煩悩はつくしちゃんへの真剣な恋心ゆえ。
ただスケベじゃない彼をつくしちゃんも受け止めてくれるといいのですがねぇ。
そこは奥手の上に、まだ高校生でうぶいつくしちゃん。
段階を踏むのはゆっくりで、ちょっとじれったいかもしれません。

瑛里様

お久しぶりです。
初めてご挨拶をしたのが、「夢で逢えたら」の終了時。
『こ茶子の長い手紙』でのお返事で、個別にお返事さしあげないまま、長い月日、本当に失礼いたしました。
節目節目でコメントをいただいて、ちょうどコスタリカ特集を見てらしたときに、「それでも貴方を愛しているから」が終了したとか!wいずれ、「それでもお前を愛しているから」も執筆したいと思っていますので、末永くよろしくお願いしますm_ _m

「キスの温度」は甘くエロ満載の話にしたいと思っていたのですが、やはりそれだけというのは私にはハードルが高く^^;
しかもつくしちゃんの性格が性格なので、あっさりサックリエロイ方向にというのは難しかったです…。
でも、深刻な喧嘩ではないので(売り言葉に買い言葉、犬も食わぬですね)、つくしちゃんが素直になれれば、司も譲歩してくれるはず。
それでも、年頃の男子高校生、情熱的なプッシュで、つくしちゃんの頑なな羞恥心を解きほぐしてくれるでしょう♪
そうそう司には経験豊富?なあきらや総二郎、つくしちゃんには頼りになる女友達がいますしね。
類は…どこらへんに位置すればいいんだろう^^;
彼の処遇については今のところ考えてませんが、エロバカ話(あら?甘々話じゃ…)なので、今回はライバル的役割はほとんどないかな。
次も頑張ります!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて114】へ
  • 【昏い夜を抜けて115】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク