FC2ブログ

「中・短編-」
雨よりも優しく…8話完

雨よりも優しく08~完

 ←雨よりも優しく07 →昏い夜を抜けて122
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「契約したんだよ。お前が見た女…朱美には実家から反対された恋人がいた。あるものと引き換えにその恋人のダミーを引き受けたんだ」
 思いもよらぬ告白に、つくしが驚き、言葉を失う。
 「あれはタイミングが悪かった。まさに最悪にな。まあ、朱美にしてみれば確信犯だから、油断ならねぇ女ではあることは確かなんだよな」
 「…あの人、朱美さん、西門さんのことが?」
 つくしの問いに、朱美の悪戯っぽい美しい顔が総二郎の脳裏に浮かぶ。
 『…今の総二郎なら、惜しい気もするわね。あなたに彼女がいなくて、私にもあの人がいなかったら、あなたと恋愛してみたかったかも』
 『バーカ。今の俺がイイ男だっていうならそれは牧野がいるからなんだよ。その牧野がいなければ、その前提自体無意味なもんだろうさ』
 クスリと笑われた。
 『ホントね。昔のあなたはただ盛った犬みたいなものだった』
 『…ひでぇ言い草だな』
 『そんなあなたに私は欠片だって魅力を感じたことはなかったけど、今はとても素敵よ。イイ女が男をイイ男に変えるって本当よね』
 それが最後に交わした言葉。
 出迎えた男の胸に飛び込む朱美の顔は、いつものツンと澄まして気取った女とは別の顔をしていた。
 …何が惜しいだよ。未練の欠片もない顔して男の胸に飛び込みやがって。
 女が男を変えるなら、また逆もしかりなのだろう。
 朱美は昔から美しい女だったが、親族の彼女に魅力を感じたことはなかった。
 今の彼女なら、総二郎も魅力的だと素直に思える。
 だが、そんなに魅力的な女となって朱美が相手でも、悔しい気持ちはまったくなかった。
 朱美には彼女をさらに輝かせる恋人がいる。。
 そして、総二郎には…つくしがいるのだから。
 「朱美との噂は、ちょうど、うちでお前を迎え入れる準備のカモフラージュにもなったからな。まだ正式にプロポーズもしていないうちに、うるさい連中がお前のところに押しかけでもしたら迷惑だろ?」
 かつて司のことで、幾度となくマスコミが押しかけてきたことを思い起こす。
 「世間に公表するなら、この指輪を贈ってからだと決めていた」
 その言葉に、つくしは総二郎に握られた手に輝く指輪を見下ろす。
 この指輪は本当に自分に似合っているのだろうか。
 そして…受け取ってもいい?
 「受けるだろ?」
 「……あたしでいいの?」
 「お前がいい。返事は?」
 グスリと鼻をすすり小さく頷く。
 満面の笑顔。
 涙と鼻水でぐちゃぐちゃでちっとも可愛くなんてないのに、総二郎にとっては誰よりも綺麗で可愛いつくしの顔。
 そのつくしの唇を吸い、万感の思いをこめて愛情を確かめ合う。
 痛いくらいに抱きしめてくる総二郎のキスに応えながら、つくしも力いっぱいしがみ付いた。
 好き。
 愛してる。
 言葉よりも強く、激しく…甘く。
 ひとしきり激しいキスに酔い、ともに互いの温もりに感じ入り、ふと、つくしが思いついて呟きを零す。
 「…あ、あたし、プレゼント用意してないっ」
 「プレゼント?」
 「これって…西門さんのクリスマスプレゼントなんでしょ?」
 いろいろあって総二郎らしくもなく、すっかりクリスマスのことは忘れていた。
 それよりも先にあるつくしの誕生日プレゼントやプロポーズのことで頭はいっぱいだったのだ。
 「はは、さすがの俺もクリスマスプレゼントに婚約指輪やるほど傲慢じゃねぇよ」
 司じゃあるまいし、という言葉は喉の奥に飲みこむ。
 「…クリスマス、というか、誕生日には別のものを用意してんだ」
 「え?い、いらないよ」
 「そう言うなって、そのためにお前の誤解も覚悟の朱美の恋人役だ…桜子には言ってあったんだぞ、本当に」
 憮然と…それでも信じてくれるかと心配そうに聞く総二郎の顔に、吹き出しそうになる。
 百戦錬磨でとんでもない女タラシの男が、つくしには見せる純情。
 だから、信じたい。
 だから、信じる。
 「…普段ツンデレのお前がこうして血相変えて飛びだしてくれたんだから、それだけで俺には最高のクリスマスプレゼントだったよ。それって、俺のことすごい好きってことだろ?」
 普段のつくしだったら決して素直に頷けなかっただろうに、冬の雨の冷たさが彼女を素直にさせる。
 「すごい好き。…西門さんと結婚したい」
 「必ず、お前を幸せにする」



 つくしの誕生日…一日前の12月27日に、二人は雪深い北軽井沢のコテージに来ていた。
 山間の雪深い一角に建てられたその美しい建物。
 周囲には雪を被りつつもなおも青々と緑茂る木々が植えられ…。
 「…こんな寒いところでも、花は咲いているんだ」
 雪の合間に覗く小さな花につくしは触れた。
 「そうだな。お前みたいに強い花だ」
 「ねえ、西門さん、ここって」
 見覚えのある景色に、つくしは陶然と魅入る。
 「お前の楽園だ。…朱美の画廊にあっただろ?」
 いつか総二郎に連れられて訪れた画廊にかけられていた、美しい一枚の風景画。
 つくしが見惚れた美の世界。
 「本当はあの絵を手に入れて、お前にやるつもりだった。けど、どうしても画家が手放さなくってな。…代わりに売りに出されていた、あの絵のモデルだったここを買い取ったんだ」
 あまりにスケールの大きな話に、つくしは唖然と口ごもる。
 自分が見惚れた…そこからこんなすごい別荘を買い取る総二郎の感覚は相変わらずつくしの常識とはかけ離れている、
 それでも、彼女が焦がれたものを、手に入れて贈りたいと思った総二郎の想いが嬉しく、幸せだった。
 だが、絵は手に入らず、そのかわりに描かれた絵の中の世界の原型であるはずのこの地は、つくしの憧れたものとはまったく別のもので。
 そこにあるのはどこまでも、現実だった。
 真冬の木々は雪に強い樹木ゆえに葉を残していたがさすがに春の若葉のように青々としているということもなく、もちろん、極彩色の花々が咲き乱れているということもない。
 綺麗に塗り直されてはいるものの、どこか年代を感じさせる建物にはそこにあるだけの歴史が刻まれている。
 絵の中の理想郷とは似て非なるもの。
 けれど…。
 総二郎が、四角く囲った指と指を囲って、一枚の写真を形どる。
 「こうしてお前をファインダーの中に収めて掲げると…、俺の中の理想郷は完成するんだよな」
 「…西門さん」
 「お前がいるところこそ、俺の理想郷。だから、いつの日か、お前もこのファインダーの中に俺を入れこんで、俺のいるところこそ理想郷だと、そうお前に言わせてみせるよ」
 これからも、二人の歩む道はけっして平坦ではないだろう。
 二人の育った環境、価値観の違いが二人を仲互いさせるかもしれない。
 あるいは、かつての総二郎を想いだし、裏切りを疑い、相克の涙を流す日も…けしてないとはいえないが、これだけは忘れたくない。
 「…私にとっても理想郷だよ。それがここであっても、ここでなくっても。隣に西門さん…総二郎がいるっていうことだけが、大切なの」
 大きな幸福は望まない。
 指と指で囲めるファインダー越しの小さな幸せ。
 本当に手のひらの中だけの歓びだけで、ずっと幸せでいられる。
 あなたがいれば。
 わたしがいれば。
 二人、きっと、ずっと…。

~Fin~

いかがでしたか?
総二郎の誕生日を堪能していただけたでしょうか。
まだまだ発展途中の総二郎とつくしですが、信じあえる日も信じきれない日も、ただ手を繋ぎ合わせて行ければきっとこの日の原点へと戻ることができる。
そんな二人の恋の成就を祝って。
2014/12/3 byこ茶子



◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【雨よりも優しく07】へ
  • 【昏い夜を抜けて122】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11/26-12/3 にいただいたコメント(拍手)返信について。

こんにちは^^
いつも応援ありがとうございます。
この一週間、すっかり返信を怠りもうしわけございませんm_ _m
今回、とても多くの方々が、たくさんのコメントを下さりありがとうございます。
こちらにて、返信をさしあげようかとも思ったのですが、あまりにたくさんの方々で。
こちらだと流れてしまう方もあるかと思い、【こ茶子の日常的呟き】にて書かせていただきましたm_ _m
よろしければ、こちらhttp://daytodaykochako.blog.fc2.com/blog-entry-135.htmlにてご参照くださいm_ _m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

いつも楽しく見ています♪ また訪問すますー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【雨よりも優しく07】へ
  • 【昏い夜を抜けて122】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク