FC2ブログ

「中・短編-」
雨よりも優しく…8話完

雨よりも優しく04

 ←雨よりも優しく03 →雨よりも優しく05
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 笑いさざめく男女。
 向かい合うその腹の内は真っ黒で、そんな濁った水にどっぷりつかり、薄ら笑いで受け流せる総二郎もまた生まれながらのそうした嘘と虚飾の世界の住人。
 だからこそ、燦然と陽の光の下、真っ直ぐに伸びる向日葵のような女に恋焦がれた。
 最初に司…そして、類が、あきらまでもが彼女に惹かれてゆくのを尻目に彼女の真価に気が付かなかった。
 いや、気が付きたくなかっただけなのかもしれない。
 けれど、結局どんなに無視しようとしても花の美しさに抗えず、惹きつけられずにはいられなくって。
 …出遅れちまったのは仕方がない。けど、それのおかげであいつを手に入れられたのだというのなら、俺はその自分の愚鈍さに感謝しよう。最初の男になれなくても、見守る保護者と頼りにされなくても、兄のように慕われなくても構わない。
 彼が欲しい地位は手に入れた。
 そして、永遠も手に入れる。
 「…総」
 「親とは話ついたのか?」
 「あなたとなら、もろ手を挙げて祝福するそうよ」
 「ふ…ん」
 噂好きな俗物たちが、噂の二人を物見高く遠巻きに見つめている。
 「…いい加減決めろよ。俺もいつまでも付き合いきれないぞ」
 「わかってるわよ。でも、仕方ないでしょ?あなたのところと違って、うちは私を一つの駒として見てるんですもの。次代の家元とは立場が違うわ」
 皮肉るような言葉の語尾は暗く、女は美貌を顔を歪めて意気消沈する。
 そんな彼女の弱きをいまさら見せられたくなくって、総二郎は見知った幼馴染みの頭をクシャクシャっとかき混ぜる。
 「何するのよ」
 険を含んだ目で睨まれても、ションボリされるよりはいいと苦笑する。
 「わりぃ、つい習慣でな」
 「…そんなことされて喜ぶ女はいないわよ。そんなこと、あなただって百も承知でしょう?」
 ため息交じりにぼやかれて、肩を竦めて、そんな野暮な習慣を彼に身に着けさせた女を思い浮かべる。
 「確かにな。いつも俺が髪を乱すたびに、目くじらたたて怒ってる」
 「それはそうでしょ?」
 「でも、目が笑ってんだ。俺がすることなすこと、なんでも許してくれてる。あいつは見た目なんかにこだわりもしねぇし、その必要もねぇイイ女だからな」
 総二郎がカッコ悪くても、大人で粋なんかじゃなくっても、彼が彼というだけでつくしは彼を許し、愛してくれている。
 「…それはご馳走様」
 結局はノロケだったのかと、彼女も呆れ…。
 「まあ、そういうわけで、早いとこカタつけて、俺はあいつを迎えにいかなきゃなんねぇんだ。早くしねぇと、俺もさっさと見切りをつけるぞ?いつまでも、こんな茶番付き合ってられっかよ」
 「わかってるわよ。もう少しだけ、そしたら彼も準備ができるから」
 つくしに逢いたい。
 この間、声を聞いたばかりなのに、もう我慢できなくなっている。
 彼女の声を聞いて、触れて、抱きしめたい。



 『明日、会えるか?』
 総二郎からの電話は唐突だった。
 いつもは、会えるも会えないも、いきなりやってきて、彼女の都合が悪ければ顔だけ見て帰ってゆく。
 それが普通で、たまの約束も、ここのところドタキャンしがちだった。
 …唯一まともに恋人らしい夜を過ごせたのは、あの日…画廊に絵を見に行った時だけ。
 つくしから総二郎を誘えば良かったのかもしれない。
 けれど、いつもどこかで総二郎を信じきれないつくしは、彼に我儘を言いたくなかった。
 我儘を言い、彼に頼ることを憶えてしまったら、いつきてしまうかもわからない破綻を耐える自信がない。
 つくしは、大学の門を出しな、湿った空気を感じて空を見上げる。
 …明日はクリスマス・イブ。
 まさか多忙な総二郎がそれを憶えてくれていたとは思わなかった。
 つくしは、それが嬉しい。
 普段は極めて現実的でロマンチックとは縁遠い彼女だったけれど、それでもつくしも女の子なのだ。
 クリスマスくらいは恋人と一緒に過ごしたい。
 …でも、明日は雨かもしれないな。
 溜息とともに憂鬱な気分を呑みこむ。
 高校生の時に司との不本意な別れをした過去がトラウマとなって、彼女は雨の日が嫌いだった。
 その後…司とはいろいろなことが重なって結局別れを選択せざる得なくなったのだが、今となっても彼を愛したことを後悔していないし、今も大切な友人の一人だと思っている。
 彼を愛して愛された過去は、遠いセピアになるにはまだ間があったが、それでも大切な青春の思い出であることは疑いようもなかった。
 道明寺もきっとそう思ってくれている。
 なのに、総二郎と、もしこの先別れることになっても、彼と友達でい続ける自信がつくしにはなかった。
 別れた過去の男を思い出すことは、果たして今の彼氏と会うという時に良い前兆だと言えるだろうか。
 それも『別れ』が一つの予兆だとでも?
 総二郎本人から何も言われないうちに、クヨクヨ思い悩むのは性にはあわなかったけれど、それでもそれが恋愛というものだと、いまのつくしにはわかってる。
 好きだから彼が欲しい。
 愛しているから彼が誰を愛しているのか疑い心配になるのだ。
 明日、晴れればいい。
 そうすれば、きっと…。
 きっと、の後に何を期待しているのか自分でもわからなくて、それでも良い明日を願わずにいられない。
 恋人の甘い声音と温かな腕、大きくて広い胸。
 それがいま、つくしの最も欲しいクリスマスプレゼントだった。

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【雨よりも優しく03】へ
  • 【雨よりも優しく05】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【雨よりも優しく03】へ
  • 【雨よりも優しく05】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク