FC2ブログ

「イベント」
ma chérie~愛するあなたへ~2014年冬

木漏れ日に貴方を想う 【総二郎×つくし】

 ←昏い夜を抜けて119 →キスの温度06
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

ma chérieイベント

共通題材:贈り物
  木漏れ日に貴方を想う 【総二郎×つくし】



**********




 穏やかな日々…。


 辛く哀しい日…、


 怒ってもうダメだと思う日もあった…。


 そのたびに、その優しい手が髪を梳き、手を握り、微笑みかけ…




 『愛してるよ、つくし』
 








 「お義母様、今日の野点は、総司郎を亭主に…ということで本当によろしいんですか?」

 「ええ。大丈夫。あの子はもう十分に、西門一門の次期宗主としての成長を遂げてるわ。美紀さんの心配もわかるけど、信じてあげなさいな」

 「…ええ、はい。いつも昴さんにも言われるんですけど、私ったら気が小さくて」




 シュンとする嫁の肩を叩き、ニッコリと微笑む。


 そうするとつくしの往年の日が彷彿とされて、見る者皆が明るい気持ちになるのだという。




 「大丈夫よ。昴みたいな無鉄砲者にはあなたみたいに慎重な人がいてくれて安心。総司郎はあなたに似たのね。総…総二郎さんもアレで若い頃はヤンチャだったんだから」

 「お義父さまがですか?」

 「ふふ。そう、すぐに頭に血が上るくせに、グルグル悩むヘタレなところもあって」




 笑うつくしは少女のようだと、美紀も思う。


 いくつになっても若く、美しい姑。


 どんなにか辛いか、苦しいかと思いながらも、その笑顔に救われる。




 「…ああ、そろそろ、私、行かなくては」

 「あ、はい。途中、総司郎の様子をお義母さまもご覧になってくださいますか?…父も、類小父様やあきら小父様もいらしてくださるそうですし…」

 「ええ、そうね。ぜひ、孫の初の晴れ舞台は見なくてはならないものね。困ったお爺さんたちのお相手も必要でしょうし?」




 悪戯っぽく笑って、嫁に背を向ける。


 柔らかな風が二人の間を吹き抜け、しばし秋を感じてつくしは目を瞑った。










 「…あなた」




 今日は具合がいいのか、総二郎が窓辺に置いた椅子に座って、すっかり秋色に変わった日本庭園を眺めている。


 いくつになっても美しく、かつては妖艶な美貌で女たちを惑わせていたその横顔も、いまやしっとりとした柔らかさに包まれている。


 それでいて、どこか年齢に似合わぬ無邪気さと、清らかな無垢を内包して別人のようだった。




 「総…いくら、良い陽気だとは言っても、風邪を引いちゃうわよ」




 簡易な単のままでは肌寒く、つくしはベッドの上に放り投げられていた茶羽織を手に取り肩からそっと掛ける。


 その感触に、つくしの声掛けにも振り向かなかった総二郎が、彼女を見上げ、ふわりと微笑み返した、


 今となっては珍しい総二郎のそんな顔に、ついつくしも嬉しくなって、はしゃいで総二郎の頭をそっと抱き寄せる。


 他の人間にそんな風に急に触られることを厭うようになった総二郎だったが、唯一つくしにだけは何をされても抗わない。


 それがいかにも、総二郎にとっていかにもつくしが特別な人間であると体現しているかのようで、こんな風になってしまった彼を愛しく、恋しく感じられずにはいられない。


 されるがままつくしの胸に抱きしめられ、身を任せる総二郎の邪気もすべて失せてしまった静かな美貌。


 年を得ても、年の分だけ彼女を惹きつけ、恋焦がれさせた男は今やっと、彼女だけのものになったのだ。




 「…本当はね。みんなあたしのこと気の毒だ、可哀想だと思ってると思うけど、あたしは、今までで一番幸せなのかもしれないなって思うんだ」 




 今はすっかり銀色となってしまったすべらかな髪に頬ずりする。


 日々、彼の髭をつくし自らの手で剃り、髪を梳き、彼が椅子に座るのを手助けする。


 口元まで食事を運び、口が汚れれば拭いてあげるし、咽れば背を叩き、水を飲ませる。


 そして、彼のために窓を開け、空気を入れ替え、本を読み聞かせるのだ。


 総二郎の為だけに…。


 総二郎の為に生きて。


 総二郎に呼びかけ、毎日を繰り返す。


 毎日、毎日。


 それはなんと切なくて、幸せなことなのか。


 こうして、二人共に歩み、共白髪までと誓い合った通りに子を生み育て、今や孫たちも立派に成長した。


 そして、いつしか総二郎がすべてを忘れても、つくしのことだけは忘れなかった。


 髪を梳くつくしに微笑みかけ、抱きしめる体を抱きしめ返し、触れる手を握り締める。


 愛してる…。


 お前だけをずっと愛し続ける。


 ずっと、そう囁き続けてくれた約束のままに。




 「あんたはあんた自身、まるごと全部をあたしにくれるって約束してくれたけど、こうなるまであんたはやっぱり西門のものだった。あたしのものであって、あたしだけのものじゃない。でも、今、あんたはあたしだけのもの。やっとあたしに全部くれたんだものね」 




 涙がホロリと伝い落ちる。


 そんなつくしの顔を不思議そうに眺め、大きな手が優しく涙を拭い取る。




 「…それでも、ちょっとだけ寂しい。あんたがあたしを呼ぶその声が好きだったから。あんたはあたしに自分のすべてをくれたのに、寂しいなんて贅沢かな」




 ハラハラと流れる涙が総二郎の顔に伝い落ち、泣き濡れるつくしの顔を見上げ、彼女の愛する男はいつまでもいつまでもその頬を撫で続けた。
 









 『全部、やるよ。俺のことまるごと全部、つくしちゃんにプレゼント』

 『え~?そんなこと言って、西門さん、ちょっと綺麗なお姉さんがいたら、フラフラっと見入ってついて行っちゃうんじゃないの?』

 『バーカ。お前よりイイ女なんているかよ。この世でお前以外に見ていたい女なんているわけないだろ』 



~ fin ~




→ 向日葵さんの総二郎編へ 【Je t'aime à la folie】 へ
→ *ririko*さんの総二郎編へ 【l’oiseau bleu】へ




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて119】へ
  • 【キスの温度06】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて119】へ
  • 【キスの温度06】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク