FC2ブログ

「イベント」
ma chérie~愛するあなたへ~2014年冬

君に贈るたった一つの言葉 【あきら×つくし】

 ←昏い夜を抜けて117 →キスの温度05
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

ma chérieイベント

共通題材:贈り物
  君に贈るたった一つの言葉 【あきら×つくし】



**********




 「え?6ヵ月健診、一緒に行けないの?」




 眠る我が子を覗き込むあきらの顔は優しく、柔らかい。


 元々、つくしに優しかったあきらが、娘のすみれが生まれてから、なお甘くなった。


 プニプニっと、柔らかくすべすべな赤ん坊の頬っぺたを摘まんだ手を離すと、今度は歩み寄ってきたつくしの頬にキスを落とす。


 くすぐったくて首を竦め、そんな甘々な夫にクスクス笑いを零す。




 「ごめんな。ちょうど、その日、外せない会議入ってて。早めに帰るから、許してくれる?」




 つくしの大きな目を覗き込んで、本当に申し訳なさそうに謝るあきらへ、両手を振って首をふる。




 「あ、ううん、いいの。1ヶ月健診も、3ヶ月健診も忙しいのについてきてくれたんだもん。本当はママ一人で来る人の方が多いんだよ。村田さんだって、山之内さんだってついてきてくださるから平気」

 「…そうか?」




 実際、忙しいあきらが無理をしてまでついて来てくれる必要はないのだ。


 SPも運転手も付き添っている。


 けれど、そうやっていつもつくしとすみれの二人を気遣い、出来うる限り傍にいてくれようとするあきらが愛しい。









 美作家が主治医とする大沢クリニックは、元々大きな大学病院が母体の医院。


 あきらの母もこの病院であきらと双子の妹を出産し、それに倣い、つくしも娘を出産した。


 小高い高台に建てられた瀟洒な建物はとても病院とは思えない。


 どこか避暑地の美術館とでもいった方がしっくりくる外観だった。


 午後からの健診は幾人かの予約した患者だけ。


 セレブな患者が多いこの病院で、美作家の若奥様とはいえつくしが目立つことは少ない。


 たまに行き違う妊婦や患者たちも、どこかで見たことがあるような婦人たちばかりだったが、互いに目礼する程度でそれに触れたりはしない。




 「すみれ~、今日はいい天気だね。帰ったら、おばあちゃまとお散歩しようか」




 ベビーカーを押しながら、中庭に続く全面ガラスの外の世界を見上げて、目を細める。


 中庭の木の葉の影がゆらゆらと揺らめき、柔らか春の日差しと天井付近の排煙窓から入る優しい風に、つくしはうっとり微笑んだ。




 「パパも、びっくりするよ。すみれ、ずいぶん大きくなってたものね」




 まだ答えられない娘を見下し、再び微笑みを零す。


 あぐあぐと与えられたおもちゃを咥え、覗き込んでくる涎塗れの娘が、母親の優しい顔を見上げ、ベタベタの手を伸ばす。


 懐から出したハンカチで、紅葉のような小さな手と口の周りを拭き、再びベビーカーを押して廊下を歩き出した。


 …と。


 駐車場に向かう廊下の角を曲がり、予約客専用の通路へと差し掛かった途端、ふと、壁に目をやりびっくりした。




 「…え?」




 見覚えのある一枚の写真。


 続く廊下の先、壁一面に、まるで絵画のように何枚もの写真が展示されている。


 A4サイズに引き延ばされたその写真は、テーブルに片肘をつき、本を指で辿る自分の写真だった。




 「これ…確か名づけの本を見てる時の」




 不審に思いつつも、何かの予感に後押しされながら、次の写真へと視線を転じる。


 まだ大きくはないお腹に手をあて、微笑む自分。


 魅入られながら、ベビーカーを押し、次々に写真の間を通り抜ける。


 妊娠4ヶ月…3ヶ月の頃から始まったつわりにげっそりして、あきらに買ってきてもらったジェラードとトマトばかり食べていた。


 妊娠5ヵ月…あきらと一緒に安産のお参りに行った。その時、お守りを買おうと、チープな巾着を真剣な目で選んでいる自分が写真の中にいた。。


 妊娠6ヵ月…暑い最中、避暑もかねてあきらと軽井沢の別荘に。近くでやっていた夏祭りに手を繋いで一緒に歩いて、大きなお腹を抱えながら金魚すくいをしている自分の笑顔。


 妊娠7ヶ月…もうすぐ生まれてくる赤ちゃんを思って、手作りの肌着やオムツを縫った。あきらの母や妹たちも手伝ってくれた賑やかな家庭の風景。みんながみな、赤ちゃんの誕生を心待ちに望んで、笑顔で溢れていた。


 妊娠8ヵ月…この時期だけは写真がない。会社のトラブルで、どうしてもあきらが出張に行かなくてはならなくって、半月以上も海外出張に出ていた。その前後も忙しくて、あまり顔を合わせることさえできなかった時。


 毎日来る電話で聞くあきらの声が恋しくて恋しくて、今まであった出張の時以上に辛く寂しく感じられた。強い自分はどこにいったのだろうというくらいに、あきらの不在が堪えた時期だった。


 そして、妊娠9ヶ月…本当なら、もう一枚写真があるはずだったのに、ここに貼られているのは…。


 月足らずの早産で生まれた娘。


 その娘を抱き、微笑む自分の姿。


 すごく心配だったけれど、そこには笑顔しかない。


 無事に生まれてきてくれてありがとう。


 私たちのところへ来てくれてありがとう。


 真っ赤な顔をした小さな小さな天使に頬ずりする自分の笑顔に、涙が溢れた。


 いつもそこには、あきらがいた。


 写真の中にいない最愛の人は、いつも自分とすみれの笑顔を写真の中に撮り続けてくれたのだ。


 誕生1ヶ月から、順番に現在へと続き。


 ふと、顔を上げると、通路の最後には…。




 「…あきら」

 「つくし、すみれを生んでくれてありがとう。最愛の君に感謝と愛情をこめて」




 この上なく美しい青年が、まるで宗教画のように陽の光を浴び、清く優しい笑みを浮かべてつくしを待ち受けていた。


 零れる涙をぬぐうこともできず立ち尽くすつくしへと歩みより、腕一杯の薔薇を彼女へと差し出す。




 「あきら」


 「受け取って?」 




 つくしがおずおずとその花束を受け取った瞬間…、ふわりとあきらがその小さく震えている華奢な体を抱きしめ、彼女の小さな頭に頬ずりをする。




 「…ありがとう、愛してる。ありがとう、大好きだよ。…君がいてくれて、すみれを生んでくれて、本当にありがとう。俺を誰よりも幸せにしてくれる君に贈りたい言葉はただ一つしかない」




 つくしの頬を両手を包み込み、その目と目を合わせ、そっと告げる。




 「愛してる、これからもずっと傍にいて」




~ fin ~




→ 向日葵さんのあきら編へ 【Je t'aime à la folie】 へ
→ *ririko*さんのあきら編へ 【l’oiseau bleu】へ




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて117】へ
  • 【キスの温度05】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

NoTitle

おはようございます。
あきつくって、お兄さんのような大きな優しい愛に包まれた、幸せなつくしをイメージしちゃうんですよね・・・私。
優柔不断なあきらのお話も読んだことありますが、やっぱりこんな感じかなぁ。
つくしへの愛をさら~っと、恥ずかしげもなく表現するあきら、素敵ですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

こんばんわ。
やっと自分の時間がもて参上しました。
あきら君素敵ですね。彼氏にしたいならあきら君。
夫でも素敵ですね。
私の夫にも言われたいセリフです。
あきらだからうれしいのかな?
写真を撮るあきらの幸せそうな顔が浮かびます。
明日も楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぴあぴあ様


『昏い夜~』の類君、極度の面倒臭がりなんですよ^^;ともすれば、退廃的とも言えますが、単に3年寝太郎の強化版?女性は抱き枕かホッカイロ?w
皆さんの類の変化への関心がハンパないです…。
そのご期待に添えるかどうか、日々戦々恐々。
あまりにサクッと変わっちゃうのも違和感あるだろうし、遅々たる進みじゃあ、私の寿命の方が先につきそうだしw

ぴあぴあさんのエッセイのお話、すごく参考になりました。
確かに、人は自分を変えることは難しい。
それは少しでもそう、というより、一度変わることを受け入れれば、あんがい180度変わるのもそう変わらないのではないかと思います。
そういう意味で、180度変わる方が容易ってことなのかな?って。
でも、最後の、医師に対して患者が、「先生のおかげで360度変わることができました」にはぷっ。これって単なる医者への皮肉なのか、それとも大マジなのか悩みどころですが、結局人が変わるのに医者はどうすることもしてやれないってことなんですかねぇ?

はは…お恥ずかしい。
俳句のパロディもなにも、一名詞変えただけ^^;
確かに、つくしがいなくて凩しかない=空っぽなのは司君って感じはしますよね。
類はなんとかどうにかやっていけそう。
ストーブを蹴飛ばさぬやう愛し合ふ>本当に色っぽい句ですねぇ。
こんな短い句の中に、情景を凝縮できるって、ホント俳句は凄い。
堅いばかりのイメージですが、でも、こんな風に艶っぽい文章もあるんですよね。

寒い日は、互いの肌に 温み合う  byこ茶子

そのまんまやん^^;

そろそろ、皆さんの謎が解明されてきます?視線の主、写真の主。そして、つくしちゃんのパパママ、おまえら子供にこれ以上苦労かけるなよっ!みたいな…。こうご期待!?

そして、イベント。
初のあきら×つくしでございました^^!
私も他のお二方の作品を読んでまいりましたが、ほんと、皆それぞれ個性が出てましたねぇ。
同じ課題で構想したはずなのに、全然違うものが出来上がる。
ホント、私たちもとても楽しい機会になりました。
まだまだ、あと3日間ありますが、残りのF3のお話もどうぞよろしく!

そうそう、話は変わるのですが、ずっと以前、ぴあぴあさんに拍手数が変化していないか?とご質問を受けた件。
うーむ、わからないです^^;気が付いたことないかなあ。
特に数字を弄ってるということはまったくありません。
ただ、たまに何の不具合なのか、拍手カウントが同じ記事のはずなのに二種類できたりとかのバグ?もあったりするので関係あるのかな。
ずいぶん、昔のご質問に、いまさらカン満載ですいませんm_ _m

金魚草


はは、そうなんですよね、私もあきらは結婚にもっとも向いてる(F4の中で。でもそうじゃなくてもかな?)と思える男性で、他に皆さんも言ってくださいましたが、彼と結婚できたらホント、幸せだろうなと。金魚草さんがおっしゃるとおり、あきら本人だけでなく、姑や小姑もそうだし。場合によってはブ●コンの小姑が敵になることもありえるかもしれませんが、まあ、まだ幼いのでなんとでもなるかなっと。で、あきらの何が問題か。
金魚草さんがおっしゃるとおり、他の女たちの嫉妬ですが、私の場合、それよりも(他の女の嫉妬はもうF4が相手である限り仕方ないというか)つくしちゃんが嫉妬するんじゃないかと思うんですよね。いえ、あきらは本命ができれば、あるいは結婚したら浮気しないと思うんですが(総二郎の場合は、本命ができれば浮気しないと思いますが、政略結婚だったら浮気しそう…)、過去は変えられないし、司と違って基本フェミニストなので、一線は引いていても女性を邪険にしないと思うんです。
原作はともかく二次では、けっこうつくしちゃん司の時でも嫉妬してますよね。
そりゃあ、司に比べたら淡白…にも思えますが、誰でも司に比べれば淡白だし、あの!司を相手で嫉妬ってとても淡白な人には思えず…。司ってあからさまにつくしラブ。いくらいい男だって言ったって、それで嫉妬するっていのは、けっこう嫉妬深いんじゃ…みたいな^^;そして、その二次にどっぷりハマッて読み込ませていただいてきた私のイメージもそんな感じなので、あきらや総二郎が相手だったら、つくしちゃんけっこう嫉妬するんじゃないかなみたいな。
あきら誕生日の連載はそんな話だったりと、まだまだ先の予告をいましちゃったりする私でした。

『昏い夜~』…類はつくしちゃんへの自分の執着理由がわかっていないというより、わかりたくないんですよ。自分がつくしちゃんに執着しているんだと気づきたくない。執着している=愛し始めていることに気が付けば、再び、静に焦がれて捨てられることに怯えて、彼女に支配されていた時代に戻ることになる。静に支配されていたように、つくしちゃんに支配されることを恐れている。
このお話の類は強さを獲得していないので、無償の愛なんてありえない。
ただ愛が欲しいと駄々をこねて、信じられないくせに、愛さないくせに、愛くれとゴネている。
私は類は、実は出逢った最初(原作)の時からもうつくしちゃんのことを特別視していたのではないかと思っています。
何事にも無関心な男が、非常階段で一人で叫んでいる少女に驚きを抱いた時から恋が始まったのではないかと。
ただ、静を愛していて、二またかけるような男ではないので、一方への気持ちがあれば他はありえない。
だから自覚せず、それでも、司に苛めらているつくしをほっておけなかった。
他の女の子だったら、少しも気を許さなかったと思うんです。



レ●プされそこなっていたところを助けたのは…うーん、微妙。
いえ、他の子でも助けたかなっていうのは、五分五分かな?
そのまま黙って無視するとまでは思えないけど、けっこうそれもありなような^^;;
人の機微に疎いので、レ●プ=酷いことという一般常識はあっても、あまり感じなさそうな気が。
それこそ原作で言っていたようにたかがしょ女喪失。
総二郎たちの乱れた男女関係もあって、性に関して貞操とかその他もろもろあまり深い認識がないような気がします。
実際、彼が人間的になるのは、つくしと関わってのことだし。
原作でも、フランスから戻ってきて、司と争ったのち、結果的につくしを振っていますが、たぶんかなり気持ちが揺れていた。ていうか、フランスに行かなければ、あんたつくしちゃんとくっついてたんじゃないの?的な??
なので、『昏い夜~』再会当初は、高校生当時の淡い恋的なものは薄れていたと思うんですが、それでも忘れえぬ人だったんじゃないかなっと。
それなのに、自分がいない間に、ちょっと気になってた子は親友の彼女だった。
あの時自分のことが好きだったくせに…ムッみたいな?
けれど、そんな自分の気持ちがわからないから、『司を捨てて、荒ませた女』的な位置づけに無理矢理あてはめて、勝手に静に重ね合わせてしまった。
最初の頃彼があきらに語っていたように、理不尽につくしに静への鬱憤をぶつけていたのはあるいみ本心だった。
それが彼女の人柄に触れて変化して、つくし自身も傷ついたことを知る。
惹かれないわけがないんですねぇ。
類の知らない温もりややさしさを持った女性。
そういうのをこれから、作品中で少しづつ類に自覚してもらうつもりなのですが、思わずネタバレっちゃいました^^;
ついね、コメントをいただくと、連想して行って語りたくなっちゃう。
これでけっこう、キャラの心の中が固まったりもするんですけどね

みわちゃん様

こんばんは^^
私もやっぱりみわちゃんさんと同じですね。
類や司では鬼畜とか、あるいは苦しい展開っていうのは思いつくんですが、あきらがつくしを責めたり、あきらのせいでつくしが苦しめられたりっていうのはどうも想像つかない。
だからこそ、お話がつくしがたいというのもあるんですが^^;
でも、反面、彼ならではのどこまでも甘いお話っていうのが似合う。
彼に蕩かされて甘やかされて、女の幸せを極めさせたい!そんなお話が似合うあきらくんを描けたら最高かなって思います。

向日葵様

こんばんは^^
はは甘かったですか?
ほのぼの路線かな~と思っていたのですが、何人かコメントいただいた方にも甘いと感想いただいて、そうかあ~と逆にびっくりしたりw
容姿は類君が王子様だけど、本当に王子といわれてしっくりくるのは本当はあきらですよね。

私も以前まであきらはどうもイメージわかないと言うか、つくしと合わせるのが難しかったのですが、実際に自分が書いてみるとけっこうハマる男性かも。
どこまで甘いお話をかけるか、チャレンジ!?もいいかもと思えました。
ああいう写真をとって展示とかいう、ある意味みみっちい(失礼。大金持ちにしてはということで)演出って、どう考えても他の3人では考えずらい。特に司ではありえない…いや類でもキツイな。そうなると総二郎でもうーん。
でも、同じく御曹司のくせになぜかあきらならいける!
そういうところが家庭的というのかもしれませんが、でも、そんな王子様も違う魅力を持って書けそうですよね♪
『昏い夜~』が終わったら、『愛してる、傍にいて(司)』をメインで連載始めようと思ってるんですが、あきらものも書きたくなっちゃいました。
ホント、今回のイベントはそういう意味でも新たな意欲が盛り上がるきっかけになりました。
ありがとうございました…って、まだ終わってないよ^^;
次も考えましたから、よろしく!…なんて?w

委員長

ふふ、皆さんやっぱりあきらは良い夫!なイメージですねぇ。良き夫であり、良き父親。そして良き兄、良き息子なんでしょうねぇ。果たして、彼はいったいどこで息抜きしてるのかとかいう疑問が、いまふと思いつきましたよ^^;以前は不倫でストレス解消してましたが、大丈夫なのか、あきらくん…。

はは、それぞれの家庭にそれぞれのドラマがありますよね。
うちは帝王切開なので、ザクッと切腹して、はい1番目、はい2番目、はい3番目と機械的に取り出した感じで、旦那も外で読書してただけで感動も何もない感じ?^^;
直前まで、手を握ってくれていた若い女医さんにセクハラまがいのジョーク飛ばしてたりしてたしw(若い娘の肌はスベスベでいいですねぇ~とか?w)
腹を開けたまま、雑談とか、フツーにできちゃうんですよね…。

写真サプライズの元ネタは、実は実話つーか、数年前に放映されたあるドキュメンタリー番組から。
もちろん、ごく普通のご夫婦数組が病院とテレビ局の協力で行ったもの(たぶんテレビ局が持ち掛けて病院が、数組をピックアップしてもちかけたのでは?最初から見ていなかったのでそこら辺は曖昧)でしたが、ふと思い出してパクりました、たははは^^;

マニス様

パスワード、届きましたか。
良かったですね^^

そうなんですよね。
あきらといれれば、つくしちゃんも何一つ苦労しなくてすみそう。
同じセレブでも他の三人だと味あわなければならないようなことも、あきらやあきらの家族が上手にサポートしてくれるのではないでしょうか?

ええ、うちも2年生だ~。ママ友になれますねw
うちも女の子が嫌に強権で、同い年なのになぜか仕切ってます^^;
「次●●はあれやって。お前はあっちね」とか言って「これやらないとだめだよ、わかった?」とか、お前は母親か!みたいなw

ふにゃろば様

こんばんは。
はい、あきつく、初挑戦です♪
なんとなく、ああいう演出は他のF3は無理でも、あきらならできる気がしたんですよね。
あきらが庶民的っていうわけじゃないけど、そういうのも嫌がらずにやってくれる。
あれですかね。
子供の頃のクリスマスの飾りつけを手作りでやったエピソードの印象が強いのかな。

写真を貼る作業。うーん、どうでしょう?あきらだと自分でやりそう?やっぱり丸投げ?実はあれはある番組のドキュメンタリーのパクリで、実話が元なんです。
確か、その番組上でも基本は旦那さんが準備したんですが、全部が全部じゃなくってスタッフも協力していたはず。
あきらなら自分でやってもおかしくなさそうだけど、万が一丸投げとまでいわなくても大半を任せても、多少は手伝っていれば、それはそれでそんなに幻滅するまでではないような気がします。
思いついてくれた…そこに込められた想い…、そこが大事かな?
健診を断ったのは、あれですよ^^
サプライズの為の先回り。
ドキュメンタリーでも、奥さん一人で子供を連れて病院に行ったんです。
で、最後に花束とありがとう。
私も何年も前の番組で最初から見たわけではないのであまり詳細には憶えていないんですが、確かテレビ局が産婦人科専門医院にもちかけて、何組かのカップルをピックアップしてもらい、受けてくれた数組の夫婦にやってもらったという企画。
旦那さんの発案じゃないんですねぇ。
で、病院を抱き込んでいるので(数日間づつズラしたのかな?たぶん)、いつもは使わない特別通路みたいなところを上手くいって通ってもらうんです。
で、ふと壁を見ると、自分と子供の写真。
????と思って先を進むとそこには照れ臭そうな旦那さんが、みたいな。
当然みんなびっくりして、泣いちゃう人もいたり。
なので、あきら君場合も、産婦人科病院を抱き込み、セレブは専用通路で地下駐車場へと降りるので、数時間突貫でつくしちゃん限定の通路にしたとか?
そうなると、やっぱりあきらくんが一人でやるのは無理っぽいですね^^;

*ririko*様

『昏い夜~』…鬼畜でも類はやっぱり美形の御曹司。なおかつレディファーストもしつけられていて、女たちから見たら憧れの王子様なんですよね。

『君に贈るたった一つの言葉』…
そうなんですよ。
あきらなら、卒なくつくしを感動させられる。
元々の優しい気質や気遣いのできる性格もそうなんでしょうけど、マダムたちとの付き合いで磨かれたんじゃないでしょうか?w
実際、数ばかりこなしてジャリどもとジャレあっていた総二郎より、いろいろ学んできたテクってありそうですよね。
いやHのことだけじゃなく?w
だいたい夫持ちの奥様が若い男に求めているのは、癒しでしょうし。
妙にリアルなことを書いて、せっかくririkoさんが柔らかい表現で褒めてくださって天に上ったのに、あっという間に地に降りてしまいましたw

みも様

こんばんは^^
うんうん。私も毎日お二方の元へは訪問させていただいています。違うものですよね~。
二次なので共有しているイメージというものもあるのでしょうけど、あきらは全員未経験。それだけに特に彼に対するイメージは三者三様ってところもあったと思います。
ところが、明日からはそれぞれが書いている彼氏様。
けっこう互いに影響されているかも。
私も明日が楽しみです♪

司好きの方や類好きの方からも、「私は○○好きですが、お話を読んでみてあきらもいい」といくつかコメントいただきました^^
いやあ、嬉しいですね。
私たちにとっても新境地でしたが、読み手の方にとっても新しい楽しみが増えていればより喜ばしく嬉しいことです。
明日もお楽しみに♪

still…様

こんばんは^^
司好きの方にも楽しんでいただけてうれしいです。
あきらの魅力はやはり、ふんわり優しい!
連載になると甘いだけだと中々に難しいところですが、ショートでは彼の魅力をふんだんに前にだせ、とっても甘々テイストの優しい旦那様を書けたかな、なんて。書き手的にも優しい満足感に包まれました。

まるちゃん様

こんばんは^^
あきらのイメージにあっていましたか!
良かった^^
私も初挑戦だったので、皆さんのもってらっしゃるあきらイメージとあまりに違ったらどうしようかと…。
私も結婚するなら断然あきら。
今回のイベントを通して、新しい境地…あきつくにも挑戦してゆきたい気持ちが高まりました^^
明日も楽しんでいただけたら嬉しいです♪

うさぎ様

こんばんは^^
お疲れ様です。
あきらくん、素敵でしたか♪
嬉しいです。
彼の魅力を表現できていたとしたら、もう冥利に尽きますよね。
うさぎさんもぜひ、あきらも書いてください^^
うさぎさんの中のあきらを堪能できたらとても嬉しいです!

旦那さんに言われたいでしょうか。
いやあ、私は正直、ちょっと嫌かな^^;
いえね。あきらや他の3人張りの色男に言われたらポッとなってこの世の幸福すべてを使い切った感に満足しちゃいそうですが、うちの旦那では…。
旦那への愛はありますが、夢を見るには…(笑いw)
もし旦那が言ったら…ふいちゃいます。
間違いなく!w
まあ、互いに冗談では近いことを言ったりしてますが、マジはダメ~~w

写真を撮るときも、確かにあきら、幸せな顔してますよね^^

ゆみん様

『キスの温度』…司君おバカですよね…。すっかり頭が春になってしまい。
でも、頭が沸騰しすぎてるだけでちゃんと恋してるんです。…当たり前ですが。
類とつくしちゃんがデートしたら目が覚めるかな。その前に、総二郎&あきらのコンビが明後日な方向の入れ知恵しないといいですけどねwつくしちゃんも本気じゃないでしょうけど、押しまくられたら怖いし、どうしたらいいかわからないですよね…。ホント、恋心が育たないと、貞操の危機なんて怖気ついちゃいますよ。しかも、ソフトに迫るならともかく、いきなり野獣張りに迫られたらねぇ^^;勢いありすぎだよ、みたいな。
たぶん、もっと柔和なタイプだったらなんとなく、恥ずかしい~、とかなんとかいいつつもなし崩しで行くんでしょうけど、ただでさえ男臭いタイプの男がガツガツきたら、初めてじゃなくってもけっこう怖いような…。

『君に贈るたった一つの言葉』…鋭い!そうです、そうです。会議は最初からなかったんですよ^^サプライズの為の言い訳。
あきらと結婚したら、ホントつくしちゃんすごい幸せになれるのに><!
でも、そういうあきらだからこそ、無理に押してまでつくしちゃんを親友から奪おうとはしないですよね…。あきらと上手くいかせるのって、ある意味一番大変なような。

ブランシュ様

やっぱりブランシュさんあきら好きですねw
もう浮気しちゃいなよ、浮気!
なんちゃって♪
以前に、限定版?にて、類×つくしも書いていただきましたが、今度はあきつくなんてどうですか?
あまりプッシュすると、熱烈なブランシュさんファンに刺されそうなので、後はブランシュさんのサイトでこっそり内緒話するに留めるかな…w
でも、浮気はしても、乗り換えてはダメですよ!
ブランシュさんの司には私も熱烈惚れこんでますので^^

バナータグ、エラーってましたか?うーむ。
一応スマホにて確認してみたましたが、私は大丈夫だったみたいです^^;
なんというか、たまにありますよね。
バナーもそうですが、なにやら拍手とかもけっこう不具合があって、よくわからない拍手カウントがされていたりも…。

ホーリー様

こんばんは。
はは…ありがとうございます。
ホーリーさんにはいつも心地よい褒め言葉と、何かあった時には慰めをいただき、本当にただただ感謝をm_ _m


あきらにふさわしい…とても嬉しい言葉です^^
やはり何が悩むかと言って、ちゃんとあきらをあきららしく書けたか。
『昏い夜~』の類は最初からそう意図して書いているので異質な類と言われてもかまわないのですが、今回のようなショートであきららしく!を目指して書いていて、イメージ違うと言われてしまうと立ち直れない…w

次のお話はわりと甘めかな(あきらも甘いと今回言っていただけてますが、私的には夫婦のほのぼのな話)。
ごく普通に恋人設定で、奇抜なところはまったくありません。
さらにその次は、けっこう驚いてもらえるかなw
意外なシチュエーションだと自負しています!ええ。
しかし…反面、ウケなそう^^;
まあ、そこはチャレンジしたよ、ということで。
エロは…エロですか。
エロエロアザラック…思わず誤魔化すw

NoTitle

この話、去年くらいにパンパースのサイトに動画で乗ってるのみました。
Mom’s 1st Birthdayですよね。
完全に内容が同じなので少しガッカリしてしまいました。

オリジナル作品のほうがもっともっと魅力的です。
ぜひぜひ今後も更新楽しみにしています!
応援してまーす

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて117】へ
  • 【キスの温度05】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク