FC2ブログ

「ヾ(o´∀`o)ノ贈り物ヽ(*>∇<)ノ」
隣にはあなただけ(献上作品)…13話完

隣にはあなただけ03

 ←昏い夜を抜けて103 →昏い夜を抜けて104
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 R18です。
 内容的には、たぶん?飛ばしても大丈夫です。
 パスなし、隠しなし(通常版では隠せてますが、テンプレート的には隠せず)ですので、18歳未満の方、苦手な方ご注意をm_ _m
**********

*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
 司に手をひかれ、夫婦の私室へと戻ると、ようやく二人っきりになった気安さに、つくしはコトンと司の肩へと頭をもたれさせため息を零す。
 「…疲れたかよ」
 「ん、ちょっとね。久しぶりだったから、ちょっと飲みすぎたかも」
 司は手に持ったつくしのバッグを放り投げ、そのままつくしの体を抱き上げた。
 「ちょ、ちょっと、なんなのよ」
 無言でつくしを横抱きににしたまま、奥の寝室へと運び、ベッドへと放り投げる。
 驚いてとっさに上半身を起こそうとするが、すぐさまのしかかってきた大きな体に阻まれ、そのままベッドに沈んでしまう。
 「やめなって。何よ、急に」
 チュ、チュッっと音を立てて耳裏から、首筋、顎下にかけて口づけを繰り返し、華奢な鎖骨をなぞる手を抑えて、司の顔に手をかけ引きはがす。
 「ちょっと!」
 「うるせぇな。こんな時間にお前に逢えるなんて久しぶりなんだ。黙ってろよ」
 「黙ってろって。いきなりサカるな!…シャワーくらいっ、あ…やだぁ」
 ルーズなカットソーの脇下から侵入した指先に、下着越しにとらえられた胸の先端をキュッと摘ままれ、大きくのけ反る。
 グンと上がる体温は、アルコールに火照った体をなおも熱く燃え立たせた。
 「…逢いたかった。逢いたくて逢いたくて…お前を抱きたくて気が狂いそうだった」
 「道明寺…」
 「…道明寺じゃねぇだろ?もう俺たちは夫婦なんだぜ?」
 「だって…つい言っちゃうんだもん。あんただって…ああっ」
 片手でつくしの胸の頂を摘まんだまま指先で擦りあわせ、つくしに抑えられたもう片方の手で彼女の頬を包み、その頬や目じりに優しいキスを落とす。
 つくしの司の顔にあてていた手越しになされる口づけに、彼女の手の力が徐々に抜け落ち、やがては完全にその美しい顔から離れてしまう。
 小さく短く何度も息をつき、アルコールの甘い匂いを放つ唇の奥に、チラリと白い歯と比して紅い舌先が見えて、司は自分の唇でたまらずつくしの唇を塞いだ。
 何度も何度も角度を変え、ついばむようにつくしの唇をはみ、ペロリと濡らせては口づけを落とす。
 その柔らかな求愛に、つくしもはあはあと、熱に浮かされたように忙しなく吐息をつく。
 司のキスはいつでもつくしを虜にした。
 初めてキスした16才の日から、変わらず司のキスは甘く優しい。
 やがては、スルリと侵入してきた司の舌先を、まるで待ちわびていたようにつくし自ら絡みつき、小さく笑んだ司の余裕を咎めるようにしゃぶり、絡みつく。
 あとは、互いの口が発する濡れた音だけが室内の静寂にこだまする。
 求めれば求めるだけ、つくしも司に逢えなくて寂しかったといわんばかりに求めてくるのが可愛かった。
 愛しくて、愛しすぎて…。
 むしり取るように、つくしの体からカットソーを剥ぎ取り、ブラジャーのホックを取るのももどかしく、ブラジャーの中に強引に手を突っ込み、少し強く揉みしだく。
 「あ、…ぁぁ…ぁん、あん…んん…ぅん」
 抑えた小さな喘ぎ声に、司の下半身にグッと熱が集まり、スラックスの前立てが窮屈なくらい。
 興奮に血が上りすぎた頭を冷ますために、司は長く大きく息を一つ吐いて、改めてつくしの姿を見下ろした。
 柔らかな間接灯の薄明かりにぼうっと浮かび上がる白い肌は、司の指先が生み出す快感にほんのりと上気している。
 目じりは欲情に紅く染まり、ぼんやりと司を見上げる目は潤んで今にも蕩けてしまいそうだ。
 すぐにでもめちゃくちゃに抱きつぶしてしまいそうな熱い欲望に、ゴクリと唾を飲み込み、司はもう一度息を大きく吐き出した。
 「…声、我慢するなよ。つまんねぇ」
 「や…だ。恥ずかしい」
 「聞いてんのは、俺だけだよ」
 だから、恥ずかしいんでしょ。
 小さく呟かれたつくしの言葉に、カッと司の頭の熱が上がる。
 結婚してからも、そう何度も肌を重ねる機会があったわけではなく、この甘やかな柔肌に浸りこむ経験がまだ少ない。
 だがそれだけに、高まる期待や欲望に、司はもはやしゃべる余裕もなく、つくしへとむしゃぶりついた。
 優しく…まだ、こうして男を受け入れることになれてはいないつくしのために、できるだけ快楽を。
 それだけを、念頭に。
 すでに濡れそぼってその役目を果たしていないつくしの下着を手早く取り去り、そっと撫でさする。
 何度も行きつ、さすられる切ない感触に、つくしの肌が泡立ち、司の両腕に縋り付いた爪先にグッと力がこもる。
 その鋭い痛みさえ、司の快感に繋がった。
 つくしの顔色を見ながら、一本、二本。
 増やさされた指先がゆっくりとつくしの中をさすり、グルリと広げる。
 「ひぃっ…あ、…あぁ…ん」
 震えるつくしの髪をまさぐり、耳朶を舐め、やがては長い指先が抜かれ、比べようもない質量がつくしの潤みへと押し当てられた。
 「…力抜いてろ」
 言われた言葉に、赤面したままギュッと目を瞑り、つくしは軽く何度も深呼吸を繰り返す。
 ゆっくりと体の中心に侵入してくる熱い塊。
 愛しい男の欲望に犯される被虐的な悦び。
 先端がもぐりこむ瞬間だけ、体をこわばらせたものの、甘く香る司のコロンの香りに慰められて、体の力を抜く。
 「あっ!」
 グイッと最奥まで侵入され、その大きさと形につま先がピンと伸びる。
 「…うっ」
 つくしにすべてを呑み込ませ、包み込まれた瞬間、くいしばった司の唇から、わずかに快感の一息が洩れた。
 すぐにでもがむしゃらに突き進みたい気持ちをグッと抑え、つくしが自分に慣れるまで動くのを堪える。
 動かないままでも、柔らかく包まれる温かな感触に、司の息がますます荒んでゆく。
 「だ、大丈夫。も…う、平気」
 司の背中を抱きしめ、荒む司の胸の鼓動を慰めるように優しくつくしの手が上下して、撫でさする。
 ポタポタとつくしへと汗を滴らせながら、荒い息をつく男のなんと美しいことか。
 濃厚なフェロモンを発しながら、爛々と欲望に目を輝かせ、甘くつくしを見下ろす司の妖艶な表情に魅入られたまま、つくしは視線を外すことができない。
 圧迫感と痛みが、司の苦しげな顔を見ているだけで甘い苦痛へと様変わる。
 胸を振り絞られるようなじんわりとした快感に、司を押し包むつくしの内部がギュッと収縮し、司が思わず快楽のうめき声を洩らした。
 「…牧野っ」
 たまらず、司がつくしの両足を抱え上げ、つくしを折りたたむようにのしかかって、強く突き上げる。
 「あ!ああっ」
 ズンとした重い感触と苦痛に似た激しい快感に、つくしも声を抑えられず大きく喘ぐ。
 何度も何度も揺すぶられ、突き上げられ、口づけを受けながら、
 「道明寺、道明寺…ど、うみょうじ」
 愛する男の名を呼び続け。
 やがてはつくしの声が掠れる頃、司の背がのけ反り、彼女の最奥へと精を解き放つ。
 そして、くったりと力の抜けたつくしの横へ体をずらし、力尽きて崩れ落ちる。
 「…は」
 「ん…」
 荒い呼吸の整わないまま、虚ろな眼差しのつくしの体を引き寄せ、クルリと体を反転させ、自分の上へと引き上げた。
 そして抱きしめたまま、彼女の頬へと口づけを落とし、目を閉じる。
 つくしも司の首へと両腕を回し、ギュッと力を込めて、その広い胸へと顔を埋める。
 やがては、健やかな寝息が二人から洩れ、優しい闇が二人の褥を穏やかに覆い尽くした。
tonari03 (1024x725)
※上記挿絵について…献上させていただいたサイト様より、許可を得てお借りしております。
著作権等はその方に権利があります。許可なく無断転載、複写等なさらないようよろしくお願いいたしますm_ _m





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ






web拍手 by FC2


関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて103】へ
  • 【昏い夜を抜けて104】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて103】へ
  • 【昏い夜を抜けて104】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク