FC2ブログ

「ヾ(o´∀`o)ノ贈り物ヽ(*>∇<)ノ」
隣にはあなただけ(献上作品)…13話完

隣にはあなただけ01

 ←昏い夜を抜けて101 →昏い夜を抜けて102
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

隣にはあなただけ

 親しくお付き合いさせていただいている漫画・イラストサイト様へと献上させていただいた作品。
 そちら様のサイトOPEN記念と当サイトの1周年記念にいただいた作品への御礼をかねてお贈りしたものなのですが、このたび、当サイトでも掲載することにしました。
 リクエストをもとに執筆しています。
 これからも、そのサイト様の発展と素敵な絵が生み出されることを祈って…。

 司×つくし。
 結婚後、すぐ。新婚時代の最初の波乱の一幕です。
**********

 「つくしももう、道明寺家の立派な若奥様か~」
 滋の感嘆したような物言いに、つくしが小さく笑って肩を竦める。
 「なによ、それ。滋さんたら、いきなり何を言い出すのかと思えば」
 「ん~、私は滋さんの言いたいことわかるな。先輩もなんだかんだと言って、いまや道明寺さんの若奥様として、パーティの采配から使用人の管理まで、卒なくこなしてるじゃないですか」
 いつもは毒舌な桜子も、珍しく滋に賛同して微笑む。
 「えー、いや、そういう風に言われると困っちゃうんだけど。パーティはほとんどお姑さんが遣わしてくださる秘書さんたちが準備してくれてるし、使用人さんたちに関してはタマさんが何かと指導してくださるのを横で参考にさせてもらってるだけだし」
 褒められているのに、逆にどこか申し訳なさそうに照れ笑いするのは、相変わらずだ。
 どこにいても、どんな立場になっても、つくしの芯は変わらず、友人たちをホッとさせる。
 「で?どうなの?」
 「どうなんですっ!?」
 滋と桜子に詰め寄られて、つくしがやや引き気味に背をのけ反らせる。
 「ど、どうって?」
 「だ、か、ら!道明寺さんとの新婚生活ですよっ!4年も遠距離恋愛なんてチンタラやっていて、今世紀の終わりまで童貞処女で行くと思っていたお二人の電撃結婚ですよっ!?」
 「…今世紀の終わりまでって、寿命終わって骨になってるじゃん」
 つくしの呟きは軽く無視。
 「だよね~。司が4年ぴったりで約束どおりに日本に帰国してきたのも驚いたけど、まさかつくしが大学卒業したとたん結婚に承諾するとは思わなかったわ~」
 「だって、今度はフランス支社へ転勤するっていうんだもん。仕方ないじゃん」
 それも1年2年ならまだしも、短くて4,5年、下手したらその先も伸びる可能性大だという。
 4年もの遠距離恋愛を乗り切ったつくしといえど、さすがに好きな男との遠距離恋愛を再開するのはもはや耐えられそうになかった。
 だから、結婚した。
 つくし自身の人生設計的には、数年は社会に出て自分を磨くつもりだった。
 これまでの努力を試し、少しでも自分に自信ができてから…結婚。
 その結婚相手が司だったら…。
 だが、どこまでも司が相手である以上、そうしたつくしの平凡な夢をかなえることも容易なことではなく。
 結局、半ば司に押し切られるように、大学卒業とほとんど同時に司と結婚、入籍した。
 結婚式もまた、つくしが密かに夢見ていたようなこじんまりとした温かな結婚式などではなく、当然道明寺家の格式にあった華やかで盛大なもので、当の主役である司やつくしが疲れ果て、思い出に残るのは疲労ばかりといったもの。
 親しい人たちとろくに語らう暇もなく、次から次に訪れる海千山千の企業人たちの追従と阿りに応えるばかり。
 結婚こそ半ば司の情熱に流されたようなものだったけれど、すでに司と交際し、結婚することを決めた時にはつくしに方ではある程度覚悟ができていた。
 自分の等身大の夢を取るか、司を取るか。
 そして、司を選び、腹をすえたつくしにとってはそれらの雑事も覚悟の範囲だったのだが…。
 「…なんだか、道明寺が異様に優しいんだよね」
 「へ?」 
 「はあ?」
 優しいというか、司らしくない。
 やたらとつくしに気を使い、つくしの顔色を窺っている気がする時さえある。
 別にだからと言って何か不満があるかといえば、不満を持つほどに司と接触がなかった。
 実は、つくしと司の結婚3か月目を祝い、こうして友人たちが強引に集まってくれなければ、今日でもう10日も司の顔を見ないところだったのだ。
 長期の出張だったわけではない。
 半年後のフランス支社転勤に向けて準備中の司は、日本にいる間に日本でしかできないことをすることで精一杯で、とてもじゃないけれど海外にまで出かける余裕がない。
 そのため、せいぜい地方で1泊か2泊することがある程度で、それもそう頻繁なことではなかった。
 それなのに…邸に帰ってこない。
 忙しすぎて、社に連泊することも珍しくなく、たまに帰ってきても深夜。
 不規則な司の生活にさすがのつくしも合わせきることができず、たいてい顔を合わせることができても早朝。
 つかの間の休息を知らぬうちにつくしの隣でとった司が、出勤準備をしているのをベッドの上で…というのが大半だった。
 そしてそんなつくしを司は決して責めず、むしろ無理をするなと労わり、起こさず出勤してしまうことも珍しくない。
 つくし的には忸怩たる思いだ。
 疲れて帰ってきた夫を出迎えることもできず、見送りさえもおざなりで。
 つくし的には人事を尽くして司の帰宅を出迎える…あるいは見送る気満々でいたくても、やはり司の不規則なスケジュールがそれをうまく果たさせてくれなかった。
 ありていにいえば、そういう時に限って帰ってこない。
 何度も肩透かしを食った挙句、つくしは司にそのことを伝えてはいなかったというのに、使用人の方から洩れたらしく、そういうことはしないでくれと、逆に言明されてしまったのだ。
 司としては自分の不規則な生活につくしを巻き込みたくないという思いだったのだろうけれど、つくしとしてはそうした司の思いやりが居た堪れなく、申し訳ない…そして寂しい。
 「…なんだか、惚気られてるわりには、そういう感じはしないのは気のせい?」
 「先輩、幸せな新婚の新妻がため息なんてつかないでくださいよ。未婚者の甘い夢が儚くなってしまいそうです」
 眉根を寄せる桜子に、ごめんと小さく謝って、そっとF3に囲まれている司へと視線を向ける。
 やっぱり少しやつれてるよね。
 人は幸せ痩せ?だというかもしれないけれど、司は果たして今幸せなのか、そして自分は?
 正直つくしにはよくわからなかった。
tonari01 (725x1024)
※上記挿絵について…献上させていただいたサイト様より、許可を得てお借りしております。
著作権等はその方に権利があります。許可なく無断転載、複写等なさらないようよろしくお願いいたしますm_ _m





◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ






web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて101】へ
  • 【昏い夜を抜けて102】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて101】へ
  • 【昏い夜を抜けて102】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク