FC2ブログ

「百万回の微笑みを愛の言葉にかえて」
第一章 忘却は罪?

百万回の微笑みを愛の言葉にかえて017

 ←昏い夜を抜けて077 →昏い夜を抜けて078
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

つくしSIDE)

 不安だった大学生活も、なんとかこうにかこなせるようになってきた今日この頃。
 一つにはやっぱり、類の存在が大きくて、西門さんや美作さん、あの和也君が傍にいてくれたこともやっぱり心強い。
 あたしの記憶の中での高校時代では、うわべだけでもそれなりにしゃべる相手くらいはいたのに、大学では遠巻き。
 あたしが道明寺司の恋人だということは、高校時代の同窓生を中心に広がっているらしくて、外部から来た人たちも、誰かしら張り付いているF3に気兼ねしてあまり話しかけてくれるということがない。
 そういうのは正直寂しいけど、意外なことにその原因であるF3が気の置けない人たちだったから、そんなに苦にはならなかった。
 うわべだけでしか付き合えないなら、別にいなくてもいい。
 心からあたしを友達だと思ってくれて、あたしも友達だと思える人たちがいるのなら寂しいなんて贅沢だ。
 まだちょっぴり遠慮してしまう部分もあるけど、彼らはとても魅力的な人たちで、住む世界の違いなんて壁を感じさせないくらいにあたしを気遣ってくれていた。
 あれから道明寺とはメル友みたいな関係に落ち着いている。
 一度、明け方…それも朝の4時!なんて時間にしつこくテレビ電話をコールされて、怒鳴りつけたことがある。
 いつもだったら、気兼ねがあって、とてもじゃないけどあの道明寺司を怒鳴りつけるなんてできないんだけど、寝起きであたしも頭が半分寝てたんだよね。
 怖いもの知らず?
 でも、これも意外だったけど、怒鳴りつけたあたしに切れるでもなく、道明寺は、
 『わ、悪かったな。今度は、時間考えるよ』
 と素直に引き下がってくれて、そうとなると、よほど忙しいのか特に電話が入ることはなくなった。
 まあ、たまにあたしの講義中やごく稀になんでもない時間帯に着信が入っていたんだけど、そういう時に限ってマナーモードにしていたり、うっかり家に携帯を忘れたりで電話にでることができなかった。
 …本当は折り返しこちらからもかけるべきなんだろうけど、相手はあの道明寺だよ?
 電話をもらうのもあまり嬉しくなかったけど(だって何を話していいのか、わからないし)、かといって自分からかけるのはなおのことかけずらかった。
 ついつい、電話代が高いから…そんな理由で自分を誤魔化して、メールで『ごめんなさい、今朝は、電話に出れなくて。何か用でしたか?』とか、『今日は携帯を家に忘れちゃってて。もし、急用ならもう一度お願いします』とか、そんな内容で、自分でも恋人相手にしては取り付く島もないなあと思うような内容を返信してしまっていたり。
 嫌い…なわけじゃあないとは思う。
 一度だけ直接会って、その後テレビ電話で話した道明寺は、あたしの高校時代のイメージしていた道明寺司とはずいぶん違った人だった。
 あの触れれば切れる抜身の刃のようなキレた男と同一人物だなんて信じられない。
 乱暴な物言いや、モデル顔並のスタイルや綺麗な顔、独特の威圧感のあるオーラはやっぱり只者じゃないし、道明寺そのものなんだけど、雰囲気が違う、その目が違う、今の道明寺はあたしの目から見ても本当にカッコイイ人だった。
 けど、それだけに思っちゃうよ。
 やっぱり、あたしって担がれてるんじゃないのかな?
 それとも、何か勘違いされているの?
とか。
 もちろん、それこそF4総出であたしを担ぐ理由なんて思いつかないし、勘違いって、いったい何の勘違いだよ、と自分に突っ込み入れたいような話だったけど、どうしたって信じられない。
 道明寺司があたしの恋人。
 高校時代はおろか、こうして15年(本当は19年らしいけど)生きてきた牧野つくしとしてのあたしの人生に登場するような人物じゃないってことが。
 「ね、ねえちゃあぁぁ~ん!!」
 ガガガガガガガッ、バアァンッ、ガスッ「いてっ」、ドタッ、ズリズリ、バンッ!
 「ね、姉ちゃん!」
 外から雄たけびをあげながら、進が部屋のドアを打ち壊さんばかりに入ってくる。
 「…うう、うるさい、進。あたし、昨日試験勉強で遅かったんだから、日曜日くらいはもうちょっと寝かしてよ。バイトだって午後出なんだから」
 すごい勢いであたしの布団をはぐり、グイグイ引き起こしてくる進にアッパーを喰らわせ、取り戻した布団にもぐる。
 2月も半ばとはいえ、まだまだ春は遠いなあ、と暖房費は節約しまくりの我が家で布団はすっごく恋しく、離れがたかった。
 「姉ちゃん、姉ちゃん!起きろよ、姉ちゃん!」
 布団ごとひっくり返されそうな勢いだ。
 「…何よ、今何時よ」
 いやいや手だけ伸ばして、枕もとの目覚ましを確認。
 10時か…。
 さすがにいくらなんでも寝過ぎだよね。
 基本早寝早起きのあたしにはありえないことなんだけど、試験前だというのに昨日は頼まれてガッツリの8時間労働のバイト。
 その後、買い物や家族の夕食の支度やら、家事をこなして、試験勉強もしたら、あっという間に午前を回っていた。
 まあ、それも今日は日曜日で、バイトも午後ででいいっていうのがわかっていたからなんだけど。
 記憶はともかく、体はなんともないあたしは半月前からバイトを復帰していた。
 いくらいいって言われたからって、赤の他人(恋人だなんて信じたくないし、たとえ恋人だって夫婦じゃないんだから)の道明寺に入院費を出してもらう筋合いなんてない。
 あの超豪華な病室がいったい一日いくらかなんて知るのも恐ろしいくらいだったけど、学費と同様に後でまとめて道明寺に返済するつもりだった。
 そう、学費も道明寺に出してもらったんだ。
 でも、記憶を失う前のあたしも、道明寺に立て替えてもらった学費はいずれ返済するつもりだったらしく、毎月少しづつ積み立てをしていて、その使い道についてはママから聞いていた。
 『あんた、道明寺さんに返したいからって毎月、積み立てしてたのよ』
 だそうで。
 まさか、自分がお金に(それともあの顔?)転んだとは思ってなかったけど、あの道明寺司と付き合ってたなんて、自分をちょっと疑ってしまっていたので、価値観が今とそう変わっていなかったことにホッとしてもいた。
 あ…そういえば、最近、記帳してない。
 机の中にあった3冊の通帳を思い起こした。
 いくらくらい貯まってたんだろ。
 今月は、ママたちもピンチだって言ってたし、バイトも再開したから少しはカンパしなきゃ。
 「聞いてんのかよ!姉ちゃん」
 グラグラ頭を揺さぶられながら、考え事ができる自分にちょっとだけ感心。
 「もうっ、うるさいな!さっきから、姉ちゃん、姉ちゃん、何なのよ?そんなに揺さぶられなくったって起きるわよっ」
 「…殴ったくせに」
 進のジト目はあえてスルーで、ぬくぬくとした布団から出る。
 うう、寒い。
 「じゃなくって!外、外、外っ!!!」
 「…外?」
 焦った顔の進に促され、カーテンを少しだけずらして外を覗く。
 なんだか、セールスマンみたいなカチッとしたスーツを着た二人の男性が、こんな界隈には不似合いな高そうな車の傍で立っているのが目に入る。
 「何アレ。こんな貧乏アパートの草っぱらにあんな派手な車停めるなんて、いったい何者?」
 「あれ…、姉ちゃんのだって」
 「は?」
 「道明寺さんから、姉ちゃんへの退院祝い」

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて077】へ
  • 【昏い夜を抜けて078】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2日間止まっているので
続きが早く読みたいです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて077】へ
  • 【昏い夜を抜けて078】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク