FC2ブログ

「昏い夜を抜けて…全483話完」
第三章 嫉妬①

昏い夜を抜けて070

 ←昏い夜を抜けて069 →昏い夜を抜けて071
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 一部の隙もなく、スーツに着替え、身支度を整えた類にはもはやつくしを翻弄した面影もない。
 相も変らぬ王子様のような清潔で美しい笑みを浮かべ、部屋隅で蹲るつくしを残し、出勤して行った。
 一刻も早くこの場を去りたいのは山々だったが、つくしにはまだやらねければならないことがある。
 …類がそんなマヌケなミスをやらかすとは思えないが、それでも探さずにはおれない。
 まずは先ほどまで、つくしの恥部を流し続けていた大型液晶テレビに接続されたDVDプレイヤーからDVDを取り出し、力をこめてできるだけ粉々に粉砕する。
 衝撃で飛び散った破片が頬をかすってわずかに切り傷を作ったが、大した傷ではないし、痛みもない。
 なのに…とっさに拭った手の甲が、ビシャビシャに濡れていて、情けなさが倍増する。
 …こんなことで泣いちゃうなんて。
 高校時代、何度もレイプされそうになったこともある。
 時には集団でリンチされ、皆の前で服を破られたことだってあるのだ。
 車に引きずられたことだってある。
 それなのに、たかが処女喪失(類が言っていた)に続いた、レイプくらいでこんなに弱くなるなんて。
 自分の馬鹿さ加減が悔しいのだと思ってみても、苦しくて悲しくて、我慢できない。
 その中には…類に裏切られた気持ちが少なくなく含まれているのは考えたくなくて。
 一度目に飽き足らず、二度も裏切られて、今更こんなに泣けるなんて。
 なんでよ、どうしてよ。
 憎んでも憎み切れない男のはずなのに、怖くて仕方がないのに、哀しみの方が強い。
 その理由だって本当はよくわかってる。
 初恋の男性だとか、好きだった人だから、とかそんな理由だけなんかじゃない。
 類は、恩人だった。
 完全無欠のスーパーヒーローだったのだ。
 童話の王子様…そんな曖昧で甘いだけの儚い存在などではなく、かつて、つくしが集団レイプされそうだったのを救い、苛められて孤立無援だったところを唯一味方してくれた英雄。
 そして会社で嫌がらせをされたのにも、救いの手を差し伸べてくれたのだ…今となっては、そこに何の意図があったのだとしても。
 それ…類に対するつくしの感謝と信頼の気持ちは、再会してひどい目にあわされてさえかわらなかった。
 変えることができなかったのだ。
 何年も、それこそ何年もたって、あの時の類とはまったく別人のように変わってしまったとわかっているのに。
 それでも、あの日、あの時…助けてくれた類を憎み切れない。
 「…えっ、えっ、…ううぅぅ…ひくっ、あうぅぅ、ひっく」
 哀しいよ、辛いよ。
 泣きながら、居間中を探し、寝室を探し…そこで情事の証を再び目にしては泣く。
 まるで涙腺がばかになったかのように、人目がなくなったとたん、ここ数年の鬱屈をすべて流し出すように涙が零れる。
 泣いたって何の解決になるわけじゃない。
 それでも泣かずにはいられず、泣いていてもやることはやる。
 書斎らしき場所を覗くと、ハンディカメラが転がっていて。
 案の上、カメラの中のSDカードは抜かれていた。
 …もちろん、わかってたことだから絶望はもうしない。
 それでも落胆は否めない。
 ♪♪♪~♪
 メールの着信音にビクリと竦みあがる。
 予想にたがぬ類からで。
 『いくら家探ししても、元データはそこにはないよ。大人しくゆっくりしてな?』
 つくしの行動を見透かしたようなメッセージに添付された写真は、以前に撮られて消去されていたはずのものだった。
 もうショックの受けようもないが、やはり類は信用してはいけなかったのだ。
 最初から。
 予感もあったし、痛い目にもあっていたのに。
 かつて救ってくれた恩人だから。
 彼を信じたい気持ちがつくしの目を塞いだ。
 裏切られても、裏切られても、一度懐にいれてしまった類を拒絶しきることができなかった。
 ならば、これは起こるべきして起こった自業自得なのだろう。
 妙に笑いだしたくなってしまって、つくしは笑った。
 「ふふ、うふ、ふぅ…うう、ふふ、あは…ひっ、ううううっ。う…」
 泣きながら笑い、笑いながら泣き。
 類のメールの前に入っていたメールの受信名に、決意する。
 正輝さんとは別れよう。
 類の置き台詞…たとえ山崎と結婚しても、つくしを強迫する意思を明確にした言葉がないにしても、もはやつくしには山崎に合わせる顔がなかった。
 一度目の過ちを犯した時に、すでにすべてを告白して山崎とは別れるべきだったのだ。
 自分が可愛いばかりに、山崎にいらぬ期待をさせ、結果的に恥をかかせてしまうことになった。
 類に汚された体で、どうして何食わぬ顔で山崎の妻になることなどできるだろうか。
 多少独善的なところはあっても、山崎はつくしを大切にしてくれた。
 司を忘れきることができず…こんな状態で自分に虚勢を張っても仕方がない…、男性を受け入れられないつくしの嘘に騙され、いい大人が肉体交渉を拒むつくしに付き合ってくれたのだ。
 常につくしを気遣い、返しきれてないつくしにふんだんに愛情を注いでくれた。
 感謝しても感謝しきれない。
 それなのに、結果、またもつくしは山崎に嘘をつき、裏切った。
 類に裏切られたと感じながら、つくしもまた山崎を裏切っていたに違いない。 
 自己憐憫に浸りきっていた自分を笑い、スンと鼻を鳴らす。
 目を瞑って、もう一度開いたつくしの心はもう凪いでいた、
 泣いても仕方がない。
 憐れんでも、何も解決しない。
 それなら、戦おう。
 あたしは戦える雑草のつくしなんだから。
 昔ほどの強さはもうなくても、唯々諾々と卑劣な男なんかに屈したくない。
 先ほど見せられたDVDの中の淫蕩な女の顔をした自分が脳裏に蘇る。
 今は考えない。
 頭を振り、つくしは前を見る。
 もう、この部屋にいる理由はない。
 帰ろう。
 そして、明日のことは明日考えるのだ。



 類のマンションから帰宅して2日。
 恐れていた類からの接触は何もなかった。
 彼が言った通り、数日の猶予を与えるつもりなのかもしれなかったし、あるいはやっぱり何のとりえもない女に執着するバカバカしさに気が付いたのかもしれない。
 楽観的観測と現実との間に気持ちを乱勾配させながら、つくしは山崎との連絡をとる努力をしていた。
 こんな時に限って多忙らしく、上手い具合に連絡が取れない。
 今週末にこちらに来ると言っていたから、その余波で特に忙しいのかもしれなかった。
 そして同時につくしは、決意していた。
 会社を辞めよう。
 一年間の出向とはいえ、このまま花沢物産に通い続けることなどできようはずもなく。
 また一平社員の分際で、出向を自らの意志で取り消し自社に戻ることなどできようはずもない。
 つくしは風邪を理由に、この2日会社を休んでいた。
 今後の進退を考え、類や周囲と戦う英気を養うために。
 …多少、貯金もあるし、しばらくバイトやパートでなんとか食い繋げるよね。
 進にはまだ相談していなかったが、つくしが真摯に相談すれば、あの姉思いの進なら許して協力してくれるに違いない。
 ただ、どこまで真実を話せばいいのか。
 近々、結婚するかもしれないとも話していたのだ。
 急な環境変化には、不審に思うだろう。
 ♪♪♪♪~♪♪♪~♪♪、♪♪♪♪~♪♪♪~♪♪
 電話の着信に一瞬ビクつくのは、ここのところの習慣だ。
 だがすぐに類や山崎用の着信音ではないことに安堵する。
 それどころか、類からの電話やメールはすべて着信拒否しているのでかかってくるはずもない。
 いっそ電話番号そのものを変えたかったが、数日後には東京に上京してくる予定の山崎との連絡がつくまではそうもいかなかった。
 
 着信者を確認して、すぐに電話にでる。
 「…はい、つくしです。ママ?」

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【昏い夜を抜けて069】へ
  • 【昏い夜を抜けて071】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

いつも楽しみにしています。毎回、読み逃げですみません。ハッピーエンドになれるのはいつなになるのかたのしみにしています。大型台風が来ています。外出時にはご注意ください。これからも応援しています!無理をせずにがんばってくださいね( ´ ▽ ` )ノ

つくし、がんばれ!
類もオニ酷いと思うけれど、今までのつくしのハッキリしてるようでハッキリしない態度にちょっとモヤモヤしてました。ここまでやられたんだから、あとは毅然と(やられた内容だけに辛いだろうけど)類に立ち向かっていって欲しいです!
それにしても、何話かまとめて読みたいです〜!毎朝毎朝続きが気になって仕方ありません!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【昏い夜を抜けて069】へ
  • 【昏い夜を抜けて071】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク