FC2ブログ

「それでも貴方を愛しているから…全97話完+α」
第四章 愛憎…愛することとは①

それでも貴方を愛しているから085

 ←それでも貴方を愛しているから084 →それでも貴方を愛しているから086
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 さすがに真っ直ぐには須賀原先生のことも、道明寺のことも見ることができなくって、道明寺にもらってから彼の前では外すことができない指輪(実は会ってない時には内緒で外して、土星のネックレスの鎖に通していた)に手を這わせながら、俯いて告白した。
 驚いたようにあたしを横から見ている道明寺の視線が痛いくらい。
 油断すれば一気に茹蛸のように赤面して、二の句を告げられなくなってしまいそうな自分を叱咤し、武者震いを抑えた。
 「その、彼をとても好き…愛しているんです。でも、その…そういう行為を…えっと、試みようとすると、怖くて、ダメ…なんです」
 こんな途切れ途切れの訴えで、果たして須賀原先生に通じるだろうか。
 そう思いつつも、それならどう説明すればいいのかと、半ばパニックになりながら次の言葉を真っ白な頭で探した。
 ああ…どうしよう。
 何ていえば。
 けれど、須賀原先生はそんなあたしの要領の得ない話も、即座に理解しくれたらしく、キョドっているあたしに安心させるように微笑みかけて大きく一つ頷いてくれた。
 「わかりますよ。そういった悩みも、数多くの被害者女性たちが味わっている苦悩の一つでもあるのだから」
 「…先生」
 「道明寺さんのお気持ちに答えられないことが辛いのね?」
 「牧野…俺は」
 「待ってください、道明寺さん」
 戸惑って口を挟もうとした道明寺を、すかさず須賀原先生が制止する。
 「あなたが無理強いや強制しようとしていないことは、牧野さんも十分にわかっていらっしゃることですよ」
 須賀原先生の言葉に、あたしも大きく頷き、隣に座る道明寺の手をギュッと握りしめる。
 「…うん、先生の言う通りだよ。あんたの気持ちはよくわかってる。あんたがどれだけあたしを深く思ってくれて、人間としての当たり前の…欲望もすごい強い精神力であたしの為に抑えてくれてるか、いつも感謝してる」
 「感謝…って、そんなのいらねぇよ。誰も感謝してくれなんて言ってねぇだろ?お前に無理を強いるつもりなんて…」
 「だからわかってる」
 誤解をして憮然としている道明寺を、宥めるように何度も、何度も頷く。
 「…辛いのは、牧野さんもあなたを愛してるからこそなんですよ」
 「え?」
 「あなたを信じていれば信じているだけ、怖いものなんです。いつか、あなたが離れてゆくかもしれない。拒み続ければ、いくら気持ちは愛していても、人間でいる以上、本能との戦いは容易なものではありませんから」
 困った様に微笑む須賀原先生の言葉に、あたしは目を伏せる。
 「なっ。バカな…まさか、そうなのかっ!?牧野っ」
 「ごめん…わかってるんだよ、あんたがどれだけ普通の奴じゃないかなんて。でも、…これはいくらそう思ったって、いくらあんたを信じていたからって、拭い去れるほど簡単な問題じゃないってことくらい、あたしにだってわかってる」
 上手く伝わらなくって、もどかしいあたし同様、道明寺の真剣な目にも憤りが見える。
 違うんだよ、本当だよ。
 あんたのあたしへの深い愛情はあたしにも十分に伝わってる。
 「牧野っ!まだ、お前は俺っていう人間が理解できないのかよ!俺は、俺はっ」
 「…どんなに愛していたとしても乗り越えられないことはあるんですよ。牧野さんは、遠い未来を見ている…見ていると思っている」
 須賀原先生の言葉に、道明寺が大きく目を見開いた。
 そして即座に吐き捨てる。
 「そんなの妄想だ!」
 「…そうかもしれません。でも、女は今が永遠に続くとは夢見続けることができない生き物なんです。リアリストなんですよ」
 本当にそうだ。
 男は夢想主義者で、女は現実主義者。
 道明寺を見ているとよけいにそう思う。 
 道明寺は容易に永遠を夢見て、それを真剣に信じている。
 でも、あたしはあんたを信じているけど、現実を知っているだけに、無邪気に信じるだけでは生きていけない。
 何度も、あんただけを信じようと願うのに、そんな自分自身を変えられないんだ。
 「そんな…じゃあ、俺はどうしたらいいんだ?」
 茫然とショックを受けたような道明寺の視線が痛い。
 須賀原先生が、ゆっくりと首を振る。
 「いいんですよ、あなたは変わらなくて。ただ、ありのままの彼女を受け止めてあげてくだされば。今のまま、ただ、彼女の想いを受け止めてあげればいんです」
 「…受け止める?」
 「彼女はあなたを愛してるんですよ。あなたが彼女に触れたいと思うように、彼女もあなたに触れたい」
 「え?」
 目を瞬かせ、唖然と道明寺があたしを凝視する。
 その視線を受け止めきれず堪らず、視線を反らす。
 視線を受けている頬が、とても熱い。
 「けれど、過去の幻影がそれを阻む。あなたに触れたい…でも、過去の恐怖がそれを拒む。…あなたを赦せないというよりも、男性一般に対する恐怖と拒絶感。嫌悪なのでしょう、おそらくは」
 おそらく…言いきれないのは、道明寺自身にレイプされそうになったこともあたしがあったからだろう。
 そして、確かにそのことがあたしの恐怖の根源なのではないかと、怖れていることも確かだった。
 道明寺を再び拒絶してしまうことが怖い。
 彼を傷つけたくなかった。
 彼を愛してるからこその二律背反。
 「たとえば、手を繋いだり、キスをしたり…そんなことから初めてみたらどうでしょうか?」
 あたしたちが顔を見合わせ、須賀原先生へと視線を投じる。
 「…それが大丈夫ならば、できるだけ二人で寄り添ってくっついたり、一緒に眠ったり…次第に薄着になって、一枚一枚服を脱いでみては?牧野さんが『ダメ』だと感じるところまで頑張ってみるんです。信頼関係があって、互いに乗り越えようという気持ちがあれば必ず牧野さんも挑戦することができるでしょう?」
 道明寺があたしを見る。
 あたしは、その視線に答えて、ゆっくりと頷いた。
 「一緒にお風呂まで入れれば、上出来じゃないでしょうか?」
 ちょっと悪戯っぽい先生の言葉に、あたしと道明寺は同時に赤面してしまった。
 「…そ、それはちょっと」
 さすがに、それはハードルがかなり高かった。



 それからなんだかんだと、須賀原先生の助言を実行できる暇もなく、いよいよ、あたしの入社式も間近という早朝。
 突然、道明寺から邸に来れないか?…という連絡が入った。

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それでも貴方を愛しているから084】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから086】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それでも貴方を愛しているから084】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから086】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク