FC2ブログ

「中・短編」
with F4(Love つくし)…完

男友達 前編

 ←それでも貴方を愛しているから008 →男友達 中編
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

中編表紙…
 司×つくしべースですが、今回、仕事でドタキャンした司の代理・あきら×つくしのデート編です。
******************************

 時計を覗くと、am.10:20。
 約束の時間まで残り10分。
 社会人になってさすがにあまり遅刻することはなくなったけど、相手は勝手にずいぶん早い時間に来ておいて、待った時間を怒るような男だった。
 意外なことに、つくしとのデートに遅れたことがないのは感心なことだけど、そのぶん言い訳ができずに辛い。
 こっちだって、遅刻しようと思って遅刻してるんじゃないんだから。
 お坊ちゃまで、自分の身嗜みだけを気にすればいいような独身男とは異なり、一人暮らしのOLで、自分のことは自分でやらなければならのないつくしだったから、いくら休みの日とはいえ朝からやることはいっぱいある。
 それに同年代の女の子たちに比べて、いくら色気がないと言われてたって、好きな男との久しぶりのデートであれば、多少は化粧やお洒落に力を入れるというもの。
 そりゃ普段、分刻みを争うビジネスの世界で凌ぎを削り、その忙しい時間を遣り繰りし、わざわざつくしに逢う時間を捻出してくれているのはありがたい。
 それでも司は癇癪すぎる。
 だいたい、女の子ってものがわかってないのよね、とつくしは独り言ちた。
 もっとも、女性に詳しすぎ、女心に敏感なのでは、まるで西門&美作コンビのようで、そんな司はごめんだったけれど。
 多少なら爪の垢でも煎じて飲んでくれれば良いのにとも思う。
 所詮、人間はないものねだりなのだ。
 そんなことをつらつらと考えていたら、待ち合わせの時計台の前に到着。
 嬉し恥かしの2週間ぶりのデート。
 しかも、つくしの23回目の誕生日の逢瀬だ。
 珍しいな…、道明寺が先に来ていないなんて。
 そう思いながら顔を上げると、視線の向こうには見慣れた男性。
 思わず、キョロキョロと周囲を見回すけれど、どう見ても相手の視線は自分に向いている。
 しかも、真っ直ぐこちらに向かって来ているではないか!
 ちょ、ちょっと、勘弁してよ。
 内心の気持ちのままに、複雑~な面持ちのつくしとは対照的に、その繊細な美貌に浮かべられた笑みが眩しい。
 「よ!牧野」
 「…美作さん、あんた、なんで」
 襟足に豪華なファーをあしらったミリタリーブルゾンを小粋に着こなし、白地にピンクの細いストライプシャツがあきらの清潔でどこか蠱惑的な美貌を引き立たせている。
 ほっそりとした長い足を包むガーゴパンツにアースカラーのスクエアトゥシューズをキレイめに着こなしていた。
 「…へえ、司とのデートじゃあ、さすがの色気より食い気女の牧野も、そんな格好するんだ」
 意外そうに含み笑いされて、図星をつかれたつくしは赤面した。
 「そ、そりゃあ、あたしだって乙女の端くれなの!オシャレしたら悪い?」
 現場を抑えられたら言い訳してもしょうがない。
 開き直って言い切ったつくしに、あきらは苦笑してポンポンと頭を軽く叩いた。
 「悪くないよ。よく似合ってるじゃん、可愛い。俺としちゃあ、いつもの牧野とあまりに違うから多少戸惑うけどな」
 さすがマダム?キラー。
 似合う、可愛いが簡単に口からでる。
 でも、よく考えたら司や類も平気でそういうこと言う。
 女に対するほめ言葉はセレブの常識なのかもしれない。
 「でも、なんで、美作さんはここに?」
 言いつつ、美作さんの背後を確認、左見て、右見て。
 「なんだよ、お前」
 「いや、どっかに西門さんとか、滋さんとか、桜子が隠れているんじゃない?また、あんたたち、私をからかうつもりなんでしょ?」
 はあ?とわざとらしく目を瞬かせて、あきらは笑い出した。
 「いやいや~、いくらなんでも、あいつらもそんなに暇じゃないよ。だいたい、今日、お前、司とデートの予定だったんだろ?」
 「えー、やっぱり、知ってて現れたんだあ」
 「だから、違うって。俺は司の代理。お前、携帯チェックしてみた?」
 言われて見てみると、さっきまで電車に乗っていたのでマナーモードにしたままで、司からの着信が短時間の間に3件も入っている。
 「あ、やば、マナーモードにしてたら気が付かなかった」
 「やっぱり」
 あきらは、眉根を寄せて額に手を当てて見せた。
 つくしもかけ直してみるものの、やはり留守電に繋がり応答はない。
 「えっと、もしかして、道明寺からの伝言を伝えるために来てくれたの?」
 「ま、似たようなもんかもな」
 小さく呟くと、気を取り直したようにつくしに向き直ると、にっこり綺麗に笑って、後ろでに隠していた手をつくしに差し出した。
 あきらの手に乗っていたのは、白やピンクのガーベラを基調に淡いオレンジ色のミニ薔薇とカスミソウでアレンジメントされた小さな花束。
 「23回目の誕生日おめでとう」
 「あ、ありがとう。美作さん」
 突然のことに、目を白黒させ受け取らないつくしに、あきらはもう片方の手を差し出す。
 「牧野、お前のハンドバックちょっと貸して?」
 「あ、うん」
 手渡すと、あきらは器用に花束に添えられた純白のリボンを引き出し、つくしのバッグの紐に編み込んでゆく。
 まるで最初からデザインされたバッグの装飾のように見事に飾り付けられた花束は、つくしのシンプルなバッグを華やかに様替えした。
 「すごい可愛い~」
 「気に入った?」
 「うんっ!」
 目をキラキラさせて素直に喜びを溢れさせるつくしに、あきらも目尻が下がる。
 「これ、最初からバッグにつけられるようにアレンジしてもらったから、半日くらいは持つように細工もしてあるよ。バッグのデザインによっては合わないかなってちょっと心配してたけど、よく似合って良かった」
 「素敵~。でも、なんで?」
 「いや、誕生日の女性に会うのに、花はいるなと思ったけどさ、今日のメインは歩きになりそうだから、持ち歩きは面倒だよな。俺がもってあげてもいいけど、それだとちょっとつまらないし」
 「て、ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと、待ってよ!それって、まるであたしと美作さんがデートするみたいに聞こえるんですけど?」
 「ああ、そうだな。今日のお前のデートの相手は俺」
 あきらは外国の俳優がやるように、バチンと大げさに、しかしこの上なく美しくウィンクをよこす。
 半径10mの女性は悩殺されそうなお色気に、つくしも赤面して絶句しかける。
 が、一瞬黙り込み…、
 「え、ええっ。なに、それ!?聞いてないわよ、そんなことっ!なんで、あたしがあんたとデートしなきゃいけないのよっ!?」」
 あきらは片耳を抑えて、
 「お前、声でかい。でも、なんでお前と俺がデートしなきゃならんのか、つうのは同感。ま、こんなところで立ち話もなんだから、お茶でもしに行こうぜ?」
 さすがにつくしの手を取りはしなかったが、あきらに促されつくしも歩き出した。
 気が付いてみれば、周囲の目が痛い。
 司の時も注目されるのは一緒だったけれど、美貌とともに存在感と威圧感も放射している司に対し、あきらはどこまでも自然体だ。
 その気になればいくらでも存在感も打ち出せるのだろうけれど、あきらは周囲に溶け込むことも知っている。
 あきらの美しさはどこまでも柔らかで、受容的なため、つくしが大きな声で騒ぎ立てなければ、そんなに注目されることもなかったかもしれない。
 何気に、正反対なようでいて司と対してかわらぬ注目度を誇る類や、華やかな総二郎にはできない芸当だった。




web拍手 by FC2

   
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それでも貴方を愛しているから008】へ
  • 【男友達 中編】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それでも貴方を愛しているから008】へ
  • 【男友達 中編】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク