FC2ブログ

「それでも貴方を愛しているから…全97話完+α」
第三章 暗転…目に見えないもの、希求する魂

それでも貴方を愛しているから063

 ←それでも貴方を愛しているから062 →それでも貴方を愛しているから064
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 何を言いだす、この男。
 嫌な汗が、噴き出す。 
 …もしかしたら、道明寺の名前が出たことで、この男たちの気持ちが変わるかもしれない。
 何事もなく解放されるかもしれない…そんな淡い期待が砕け散ろうとしている。
 あたしは爆発しそうな勢いでドクドクと波打つ心臓に痛みさえ感じながら、息をひそめて事の成り行きを見守った。 
 追い詰められて…まるでヤツ自身が揶揄したように、まるで猫に追い詰められたネズミのような…恐怖に青ざめた顔をした男たちの昏い目があたしへと向けられる。
 その眼の奥にある奇妙なギラつきが…。
 荒い息遣いが…。
 知らず知らず、縛られたままソファに横たわっていたあたしの体を、行けないはずの背後へとずり下がらせる。
 道明寺、道明寺!
 「いまさら、ごめんなさい、許してくださいって何事もなく解放したって、なかったことにはできねぇんだよ。それなら…この女には口を噤んでもらうしかねぇだろ?」
 「な、なにをっ」
 「遊んで行きなよ、つくしちゃん。俺らとたっぷり遊んで行ったらおうちまで送り届けてやるからさ?あんただって、せっかくの玉の輿だ。俺らと遊んだことがバレて不意にはしたくないよな?」



 「抑えろっ!」
 加納浩輔の命令に、男たちの輪が一斉に縮まる。
 飛びかかってきた男の腹を渾身の力で蹴り上げ、体をひねってソファから逃れた。
 それだって、ただでさえ多勢に無勢。
 男の力に女が勝てるはずもなく、ましてや後ろ手に縛られて何ができるだろう。
 転げ落ちた体の背中に男の一人が伸し掛かり、遠慮会釈なく、着ていた洋服を破かれる。
 ビビビッ、ビリッビリビリッ!
 意図も簡単に破かれたカットソーの隙間から、冷たい冷気が忍び寄る。
 「やだっ!やだっ!離せぇ~っ!!!」
 先ほどのお遊び半分な雰囲気と異なり、男たちのマジな気配が怖い。
 男たちは真剣だった。
 真剣にあたしをレイプしようとしている。
 先ほどまでの遊びや酔狂などではなく、自分たちの保身のために。
 ジーパンに手をかけられ、引きずりおろされそうになって死にもの狂いで足をバタつかせる。
 眼前でぼんやり座るかすみさんが、虚ろな目であたしを見ていた。
 ガラス玉のような瞳の中に、あたしの恐怖に引き攣った顔が映り込む。
 ああっ~。
 あれは、あたしだ。
 これから数十分の後にこいつらに蹂躙されて、壊されてしまうあたし。
 絶望が脳裏を黒く染め上げる。
 グッ、グッ!
 細身のジーパンだからそう簡単には脱がせられないはずなのに、必死の男たち…それも複数に掛かっては物の数にもはいらない。
 あっという間にジーパンも脱がされ、下着姿にされる。
 逃れようと暴れまわるあたしの髪を鷲掴みに、乱暴に床へと顔を押し付けられた。
 怖い…、怖いよ。
 誰かっ。
 …誰も助けてくれるはずがない。
そう思いながらも、ただひとつの名前だけが脳裏を切り返しこだまする。
道明寺、道明寺、いつもみたいに助けてよ。
 涙でぐちゃぐちゃになりながら、絶叫する。
 「いやあああああぁぁぁっ!!」
 ピンポーン。
 ビクッ。
 男たちも…あたしも、一斉に体を強張らせ、動きを止める。
 ピンポーン。
 異様な熱気がその場を支配し、怖いような沈黙がその場を征した。
 「…勝か?」
 「そうかも…放っておけよ」
 その言葉にまるで答えるように、何度も何度もインターフォンが鳴らされる。
 チッと加納浩輔が舌打ちをし、顎をしゃくって命令した。
 「その女の口、押えておけよ。しょうがねぇから、ちゃちゃっと片づけてくる」
 「あっちの女はどうする?」
 項垂れて微動だにせず、声もなくただ泣き続けているかすみさんを指し示す。
 「大丈夫だろ?あの女は泣くしか能がねぇからな。一応、洋治、お前、口抑えてろ」
 仕方なさそうに洋治が息を吐き、あたしの髪を掴んで床に抑え込んでいた手を離し、かすみさんの方へと歩み去っていく。
 とっさに逃れようとしたものの、背中に乗っていた葛城があたしを無理やり抱え起こし、大きくゴツイ手であたしの口を押えて羽交い絞めにした。
 力いっぱい抑えつけられた手の力が、顔の骨を軋ませ、まるで握りつぶされそうな痛みに呻き声を上げる。
 誰か…もしかしたら、こいつらの仲間じゃなければ…。
 恐怖に縛り上げられたような脳が、それでもまだ希望を求め、必死に玄関の方へと意識を集中させる。
 ドアが開けられた瞬間に、コイツの手に噛みつくんだ。
 殴られたって、蹴られたって、叫び声をあげてやる。
 緊張の一瞬。
 「…誰だ?」
 「警察のものですが。こちらで不審な物音や悲鳴が聞こえたという通報がありまして」 男たちに戦慄が走った。
 あたしの体を羽交い絞めにしている葛城の体も小刻みに震えているのが伝わってくる。
 ドキドキドキ、ドキドキドキ。
 まるで胸の中で大きなドラムが叩かれているような激しい鼓動が鳴り響く。
 「…いえ、特にこちらでは、そんな声も物音も聞いてないです」
 加納浩輔の声が緊張に堅く強張っている。
 お願い、ドアを開けさせて。
 お願い、どうか、神様。
 「今上に上がってきています。一応、調書を取りたいので、ドアを開けてください」
 男たちの間に動揺と焦燥が沸き起こったのが肌に感じられた。
 「…おい、どうする葛城」
 「お前、その女引きずって、こっちへこい」
 小声でのやり取りのあと、あたしも無理やりに隣室のドアへと引きずられる。 
 「どうしたんですか?何か?」
 警察官の督促する声に、加納浩輔が焦りつつ、横目であたしたちの行動を見守って、
ドアロックに手をかける。
 ガチャガチャ、ガチャン。
 ドアロックの解除される音とともに、隣室のドアの中へと引きずり込まれそうになり、あたしはとっさに、玄関に向かって精一杯の唸り声を発した。
 「んーっ!!!んーーーっ!!!!!」
 「こらっ、静かにしろっ、ぎゃっ」
 焦ってさらに縛めを強めようとした男の手を思いっきり噛みしめた。
 自分のではない血の味を感じながら、あたしは絶叫した。
 「助けてっーーーー、助けてっーーーーーー!!!」

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それでも貴方を愛しているから062】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから064】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それでも貴方を愛しているから062】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから064】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク