FC2ブログ

「それでも貴方を愛しているから…全97話完+α」
第三章 暗転…目に見えないもの、希求する魂

それでも貴方を愛しているから060

 ←それでも貴方を愛しているから059 →1周年記念ご祝儀第三弾!
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 項垂れた後ろ姿が頼りない。
 会う度に、今にも消え失せてしまいそうな哀しみと痛みを周囲に放射している人。
 「…お待たせしちゃってごめんなさい」
 「あ、ううん。大丈夫。あたしもメールしたり、時間つぶしてたから」
 かすみさんの向かい側に座って、すっかり冷めてしまった紅茶を口に含む。
 冷めてしまった紅茶は、いつも飲んでいるにも関わらず、わずかに変な味がした気がした。
 無意識にカップを眺めて顔を顰めていたのか、向かい側に座っていたかすみさんが、ジッとあたしの様子を伺っていた。
 不安そうに、どこか疚しそうに。
 「なに?かすみさん」
 「え?う、ううん。ごめんね、入れなおしてあげようかと思ったんだけど、すっかり冷めちゃったでしょ?」
 「はは…大丈夫だよ。話し込んでたら冷めちゃうのなんて、いつものことだし。いつも平気でガブガブ飲んでるもん」
 青ざめた顔で、引きつった微笑みを浮かべるかすみさんが痛々しい。
 「…ねえ?大丈夫?この間も思ったけど、かすみさん、ずいぶん顔色悪いよ?具合悪いんじゃないの?」
 「う、ううん。へ、平気。こ、ここのところ、か、風邪気味な、だけだから…」
 尻すぼみに声が小さくなって、また再び俯いてしまった。
 本当に大丈夫なのかな?
 今にも倒れそうな感じだけど、こんなところでこんなことしていてもいいのかなあ。
 そう思いつつも、かといって、また改めて相談にのる、ってことにしても、道明寺にするお礼なんて、何も思いつかないし、受け取るために時間をとるような男じゃない。
 実際に、暇もないだろうし…って、この後会うか。
 とはいえ、一応それなりに交流があるとは理解されているだろうけれど、かすみさんがあたしと道明寺…どうみてもアンバランスな組み合わせをどういう関係だと思っているのかわからなくて、気軽にやつと会うことを口にできない。
 「えっとね、かすみさん」
 「あの!」
 言葉が被って、目を瞬かせる。
 「あ、どうぞ」
 かすみさんを促がすと、気後れしたように微笑んで、それでも口を開いた。
 「ううん、ちょっと、トイレにね。つくしちゃんは何?」
 「あー、いや、トイレの後でいいよ。ゆっくりでいいからね」
 あや、トイレにゆっくりも何もなかったか…。
 言ってから気が付いたけれど、かすみさんは心ここにあらずという感じで、微妙な顔で微笑んだだけで、席を立って行った。



 見るともなしに手持無沙汰に店内観察。
 土日祝日は家族連れや友人同士のグループで一杯の店内も、平日の夕刻とあってはまばらに学生の姿が見えるだけ。
 店員の雰囲気もゆったりとしていて、のんびりしたムードだ。
 久しぶりに肉体労働でもしたいかな。
 昔は深夜のファミレスなんかでバイトしたこともあった。
 駆け抜けるようにして過ごしてきた5年間。
 道明寺と出会ってジェットコースター的な恋愛に身を投じて。
 その後の遠恋時代も、バイトや学業、その他やつとの未来を見据えてできうる限りの勉強や教養を学ぶことに一生懸命で息をつく暇がなかった。
 ぼうっとしていると、なんだかいつの間にか、頭が重くてグラグラしてくる。
 気が付いたら、テーブルに突っ伏していた。
 あれぇ?
 眠いなんて思ってもいなかったのに、いつの間にかテーブルに組んだ両腕に頭を乗せて寝込んでいた。
 そうは言っても、意識の方はまだ半覚醒状態で、夢現…。
 ぼわぼわっと遠くで耳鳴りがしていて、ちょうど夢の世界のような不明瞭さで周囲の雑踏や声が聞こえている。
 『…お客様?大丈夫ですか?』
 心配したウェイトレスが声をかけてきているのがわかるのに…。
 こんなところで、寝ちゃうなんて。
 いま、起きます、大丈夫です!
 そう言って頭を起こしたいのに、なぜか、思うばかりで。
 『あ、すいません、僕たちの連れですから大丈夫です』
 聞き覚えのある声が、あたしに呼びかけるウェイトレスの言葉に答える。
 誰?
 『彼女と僕とで連れて帰りますから』
 笑い含んだ声に、背筋が粟立つ。
 なんで?
 どうして?
 ダメだ、寝てしまったら…。
 そう思う思考を最後に、あたしの意識は完全に沈みこまれた。



 ざわざわ。
 ざわざわ。
 雑踏が聞こえる。
 あたし、人混みにいるんだっけ?
 ぼわぼわした意識の向こう側、人の話す声が聞こえるのに、それが聞き取れない。
 『愛してる』
 聞きなれた耳触りのいい男の声が聞こえる。
 『牧野はかわいいよ』
 そう言って笑うあんたの顔が、好きだった。
 『お前は最高の女だ』
 何が最高の女だよ。
 あたしみたいな平凡な女にそんなこと言うのなんて、あんただけ。
 憎まれ口を叩くあたしを、いつも蕩けるような甘い顔で見つめるあんたの熱い眼差しがいつでも嬉しかった。
 どうして、こんなあたしに?
 あたしはあんたに何もしてあげられていないのに。
 誰もが賛辞する美貌と、どんな人間でもひれ伏すオーラと威厳。
 富・家柄・権力、人が羨むものすべてを持つような男が見せるあたしへの一途な純情。
 でも、あたしはアイツのそんなステータスや持っているものが欲しんじゃない。
 冷たい能面みたいだった顔が、あたしを見て、一瞬で無邪気な少年のような笑顔に変わる。
 「…みょう、じ」
 鉛のように重かった口が開いて、ただ一人の男の名前を紡ぐ。
 「なんだよ、目が覚めたのか?」

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それでも貴方を愛しているから059】へ
  • 【1周年記念ご祝儀第三弾!】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

待ってました!

1周年おめでとうございます。
私がこちらにお邪魔するようになってまだ2ヶ月ですが、このところずっと一日に何度も何度も伺う毎日です。
今日も0時をカウントダウンして楽しみに待っていました。
たくさんの更新、大変でしょうが、頑張ってくださいね。

追伸。。「それでも貴方を・・」はあまりに司が可哀そうなので、最後にはきっとイイ思いが出来ることを期待しつつ・・・(^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それでも貴方を愛しているから059】へ
  • 【1周年記念ご祝儀第三弾!】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク