FC2ブログ

「それでも貴方を愛しているから…全97話完+α」
第三章 暗転…目に見えないもの、希求する魂

それでも貴方を愛しているから051

 ←それでも貴方を愛しているから050 →それでも貴方を愛しているから052
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 須賀原先生は多忙な方なんだろうなと容易に察せられたけれど、患者さん同士は接触させないというポリシーがあるということで、カウンセリングの前後1時間は他の患者さんの予約を入れない…というところもなんだか気持ちがほぐれた。
 できれることなら、他の誰とも顔を合わせたくなかったから。
 初回は優紀についてきてもらって、次回からも誰かしらついてこようかと提案されたけれど、先生は勧めなかったし、あたしも最初のハードルを乗り越えれば、一人の方が良かった。
 できうる限りの全てを話した友達…だとはいえ、あたしも自分の中からいったいどんな自分が飛び出してくるのかわからない。
 F3に対するわだかまりは消えているとずっと思っていたのに、類の言葉に感情を動かされたことがなおさら、そう考える根拠になった。
 とことん、自分と向き合ってみよう。 
 きっとその中には自分でも知りたくなかった、誰にも知られたくない…という心の闇も出てくることもあるのだろう。
 そんな自分を、優紀やどんなに親しい友人…親にさえ見られることには激しい抵抗があった。
 そして…肝心の道明寺とは相変わらずほぼ音信不通で、やはり1月末の誕生日にもNYで過ごすのか、帰国してくる気配はまったくなかった。
 去年まではNY在住であっても、あたしがけっして行かないことがわかっていても、NYでの誕生パーティの招待状は届いていた…往復の航空券と共に。
 けれど、今年はその招待状さえも届かないのは、どういうふうに取ればいいのか。
 F3も道明寺とは、相変わらず連絡が取れないらしかった。
 実は、類から帰国後に時間をとって、皆で…F3とあたしとで会いたいという要請があったけれど、あたしはよくよく考えて、それは道明寺との話し合いの後にしたいという意向を伝えた。
 彼らに問題を投げかけたのはあたし。
 そうして、問題提起していて難だけど、元々の元凶は道明寺であり、その道明寺との関係や立場が確固として明確にならない限り、F3に謝罪なり懺悔なり受けるのは何やら筋違いのような気がしたのだ。
 そもそも彼らが親身にあたしの心の問題に向き合ってくれようとした時点で、かなりあたし的には気持ちが晴れた気もしている。
 何を単純な…と桜子などは呆れ、滋さんも『つくしはお人好しだから』と半ば感心したような微妙な顔をされたけれど、やっぱり彼らには憎しみや恨みよりも感謝の気持ちの方が大きい。
 彼らを友人として受け入れた時点で、やっぱりあたしなりにある程度割り切りができていたんだと思う。
 …なのに、道明寺に対しては同じように思えないのはなんでなんだろうね。
 それとも、道明寺もまた、彼らのように道明寺なりの真摯さであたしに対して向き合ってくれさえすれば、案外あっさりとあたしの中で決着がついた問題なのだろうか。
 それさえ、あたしにだってわからない。
 そういうことで、同じ大学構内にいる西門さんとは顔を合わせれば会釈程度は挨拶を交し合うけれど、以前のように雑談に興じるのは控えるようになった。
 別にそう話し合ったわけじゃないけど、やっぱりね…気まずくはあるよ。
 それでもあたしの彼らへの友愛は変わらずあり続けるし、F3にとってもそうだと信じている。
 こんな時に、類にですら会えないのはキツかったけれど、元々大学を卒業して以来、道明寺に勝るとまでは言わないけれど、引けを取らないくらいに忙しい状態に陥っていた人なんだ。
 今回のフランス渡航もそうだけど、近く海外赴任もあるかもしれないとは前々から聞いてもいたし。
 それなのに、せっかく一緒に傍で過ごせる最後の機会かもしれないのに、こうして仲違いというわけではなかったけれど、わだかまったまま距離をおくことが凄く残念で寂しかった。
 そして…加納浩輔。
 この男の態度は、面白いくらいに、あの日以来180度変わった。
 それでも、今年に入って何度かヤツからの接触も受けた。
 ゼミの中では、もはや以前のように、親しげな態度で寄ってくるようなことはなかったけれど…ゼミの仲間はあたしたちを不仲だと確定づけたらしく、ありがたいことにもうあえて取り持とうとはしなくなった…それでも同じゼミに在籍する同士、短時間とはいえ二人っきりになる状況になってしまったこともあるし、一度などはあたしの強硬な態度にイラだった加納に、帰り道待ち伏せをされたこともある。
 ヤツ曰く…『生意気なんだよ、底辺の女のくせに』だということだった。
 はあ?って感じ。
 あんたに底辺呼ばわりされる筋合いは、それこそないっつーの!
 やっぱりこの男は、英徳の高等部時代をいまだに引きずっている。
 高校時代を英徳から留学という形で去り、道明寺の歪んだ暴君時代のままにこの男の意識は留まってしまったのかもしれなかった。
 そうとなれば、この男にとって、あたしは『牧野つくし』という一個人などではなく、道明寺に赤札を貼られて人間否定されてしまった『底辺の女』でしかありえないのも当然のことだったのかもしれない。
 いくら高校時代にお馴染だったとはいえ、さすがにカチンときたあたしは、舐めた態度のこの男に憤りを抑えられなくて、不意を衝いて2発ほど拳をくれてやった…蹴りを入れれば3発か。
 まずは脛に蹴りを入れてやり、怯んだすきに顎の下、顔を抑えて体制を崩したところを鳩尾に一発!
 『うぐっ』
 さすがに女の細腕とはいえ、権高いお坊ちゃまも、地面に転がって呻くハメになったというわけ。
 いやあ、スッキリしたわ。
 ずいぶんこういうことしなくなってブランクあるけど…道明寺に蹴りや拳をくれるのは一応手加減してるし…、まだ体がそれほど鈍ってなくて動いたことが嬉しい。
 これでも毎日、元気に足腰を使ってバイトに励んだり、けっこう体を甘やかしてない賜物だよね。
 さすがに、バカ坊ちゃんの加納浩輔も、あたしがやられっ放しでいるような…苛められて泣き寝入りするような女じゃないとやっと気が付いたらしい。
 また、手を出したことで何か問題になったりもするかとある程度覚悟をしていたけれど、さすがに女にのされたとは、お坊ちゃまも他人に言えなかったようだ。
 あたしも一応、そんなことがあったから、以後、二人っきりにならないよう気を付けた。
 もっとも、むしろ加納の方があたしを避けるようになって、たまにやむなく顔を合わせることになっても、好青年面をふり捨てたのか、憎々しげにあたしを睨むばかりで近づいてこなくなった。
 やれやれ。
 今日も、帰り際、他のゼミの仲間が一緒とはいえ、同時間帯での帰宅時間になってしまい、互いにまるで一緒に帰っているような集団の一員になってしまっていたけど、加納浩輔とあたしの間には十人近い友人たちが間に入って、見事に集団の端と端に別れての行動。
 正直なところ顔も見たくないけど、図らずも同じゼミに在籍した同士、友人知人も重なっている以上、卒業まではどんなに避けたとしても顔を合わせるのは致し方ないと諦めてもいた。
 もう、無闇に怖いとも思わないしね。
 あっちだって、さすがに懲りたみたいだし。
 苛めっ子に逆襲してやったあたしの気持ちは、だいぶ立て直されていて、けれど、それがある意味、自分の中の警戒心や慎重さを欠く結果となっていたのかもしれないと…後になって後悔するハメになった。

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 

web拍手 by FC2



いつも応援ありがとうございます^^!
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それでも貴方を愛しているから050】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから052】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それでも貴方を愛しているから050】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから052】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク