FC2ブログ

「それでも貴方を愛しているから…全97話完+α」
第二章 疑惑…掛違う運命の釦

それでも貴方を愛しているから027

 ←それでも貴方を愛しているから026 →それでも貴方を愛しているから028
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 毎度のことながら、煌びやかな世界の中で、異邦人の孤独というものが強く身に詰まる。
 雑草を自認して、どんな環境でも順応していけるという自信が昔はあったけれど、この世界にだけはいつまでたっても馴染めない。 
 まるでガラスケースの中を、手をこまねいてただ見つめている子供のような、非現実的な気分で、ただ外側から眺めているだけ。
 当然、中の世界の人々にとっても、あたしという存在は、異質な異分子でしかないんだろうな。
 はああ~。
 「…溜息つくなよ」
 不機嫌に顔を歪めて、髪をかきあげる艶やかな男が、ムニッとあたしの頬をつねる。
 「いひゃい」
 子供のような扱いに憮然と見上げた先、ジトッと逆に睨みかえされた。
 な、な、何よ?その眼は…。
 「俺の隣に立って、そんないかにも嫌そうに溜息つく女なんざ、お前くらいなもんだぜ?」
 「…悪かったわよ」
 いつもだったら鼻で笑ってやる自惚れた物言いも、頼んで同伴してもらっている手前、殊勝にならざる得ない。
 結局、美作商事の新ブランド立ち上げ祝賀パーティには、西門さんにパートナーになってもらうことになった。
 あたしとしては最後まで躊躇してたんだけどね。
 西門さんに対する遠慮もあったけど、大半は、また西門さんに関わる女性関係のごたごたに巻き込まれるのも面倒。
 けれど、この鋭い観察眼を持ち、歯に衣着せぬ男にいらぬ詮索をされるのが嫌だったのも否めない。
 いつもふざけているようで、本当は友情に厚くて、あたしたちのことを真剣に心配してくれてるっていうのはわかってるんだけど。
 そうした逡巡を見越して、さっさと類が西門さんに話を通してくれて、また例にとって大学であたしの前に現れた西門さんに、『しかたねぇな。引く手あまたの俺様がお前の虫除けしてやる。感謝されても、いいはずなのに司に睨まれるつー貧乏くじすすんで引き受けてやるんだから、お前、一つ貸だかんな』というお言葉をちょうだいすることとなったのだが。
 「西門さん、もういいよ。あたしはこの辺で適当に壁の花してるから、あんたは適当にナンパにでもいって?」
 「バーカ、そういうわけにいくか。さすがに、こんなところでお前をおっぽり出したら、司どころか類にも〆られるだろうが。つーか、お前ナンパってなんだよ?長い付き合いのわりに、お前ってなんだか俺に対してずいぶん大きく間違った認識してるよな」
 額に青筋を浮かべ、ヒクヒクしながらどこか怖い笑顔を浮かべた西門さんが、コツンとあたしの頭を軽く小突く。
 「はははは…。それより、すごい、盛況だねぇ」
 「だな。このパーティ一つとっても、美作商事の威勢ってものが一目瞭然だ。あきらのんとこの親父もやり手だからな」
 視線の先、美作さんによく似たロマンスグレーの男性が、場を制し、たくさんの人たちを従えていた。
 その傍には美作さんも控えていたけれど、どうしたってお父さんにはまだ一重も、二重も及ばないのか、その年齢の青年としては半端ない存在感を持っていたけれど、どうしてもお父さんの傍らでは影も霞みがち。
 「桜子も、すごい」
 今日のパーティでパートナーを頼まれて出席していた桜子の姿を、美作さんの脇で見つけて、ホウッ吐息が洩れる。
 あたしのドレスも実は桜子からの借り物で、西門さんや類、美作さんまでもがあたしの為にドレスを用意してくれると申し出てくれたんだけど、それこそ筋違い。
 ありがたい話だけど、道明寺から贈られる以上に、もらう理由がない。
 道明寺のお邸にいけば、お姉さんやら道明寺がいままで山と買い溜めてくれた(比喩でなく)ドレスがあるのだけれど、さすがに道明寺とこういう妙な雰囲気の今、のこのこと顔を出せるはずもなかった。
 あたしとしては、なけなしのバイト代をはたいて、普通にレンタルでも借りようと思ってたんだけどね。
 結局、桜子か滋さんから…ということで、桜子の中学生の時(ケッ)のドレスの方がまだ体型的にいけるということで、桜子から借りることとなった。
 華やかなでコケティッシュな美貌の桜子が、美作さんの腕に軽く手をかけ、挨拶にくる人たちに美しい微笑みで返す。
 その姿が、まさに美作さんのお似合いで、一対の絵のように眼福だ。
 会場のそこかしこで、ホウッという溜息や、称賛の声が聞こえる。
 「ああしってっと、なんだかあきらと桜子の組み合わせも、そう悪くねぇって感じじゃね?」
 西門さんも同じことを思ったらしく、ヒューッと小さく口笛を吹く。
 「桜子と美作さんって付き合ってるのかな?」
 「ん~、どうだろうな。最近、あきらのヤツ不倫はやってねぇみたい…つーか、いつまでもそんなスキャンダラスな関係は続けてられねぇだろ。桜子とは気心知れてるし、あり得るつーたらあり得るし、あり得ねぇっといったらあり得ねぇ気もするしな」
 頭をひねっている西門さんも真相はわからないらしい。 
 なんだか漫才コンビのように何かと気の合う西門さんと美作さんだったけれど、そもそもF4って、何気に個人主義で、意外なことに高校生になってあたしと道明寺がこうして曲りなりに付き合う様になる以前は、互いの交友関係にはほとんどタッチしていなかったようだ。
 あたしにしてみれば、そんなF4の関係はちょっとだけ、不思議なものに映る。
 ただの友達というならともかく、幼い頃からの親友で、互いの家にも頻繁に行き来している関係。
 それなのに、なんというか、けっこう淡泊というか。
 大してあたしの方はと言えば、親友の優紀とは互いの初恋の人から、家庭の悩み、恋人との関係の発展具合まで、かなり互いのプライバシーに踏み込んだ間柄だ。
 男と女だとそういうとこって違うのかな。
 でも、道明寺はあたしが勘弁してっていうくらい、なんでもかんでもF3にツーカーにしゃべってるよね?
 そうといえば、同じ女友達でも桜子もF4に通じるところがある。
 あたしも桜子とは気が合うし、何かとあたしの方の相談は乗ってもらっていたけれど、桜子の方はああ見えて自分のことはかなり秘密主義。
 いざとなったら相談してくれると信じているし、言ってくれると思っているけれど、基本、桜子はあたしよりよほど大人で、頼られるようなことはないのかもしれないのだけれど、そう考えると男女の違いというよりも、あたしたちのような守るべきものが少なくて評判とかそういうものを気にせず、互いにプライドを盾にしなくてもよい庶民と、そうではないセレブという境界なのかもしれなかった。
 そう考えちゃうと、でも寂しいかな。
 西門さんが美作さんたちから視線を外し、さりげなくパーティ会場をグルリと見渡す。
 「んだよ、牧野を俺に押しつけて、類の奴はまだ来てねぇのか。どうやら、司もまだみたいだしな」
 あたしも落ち着かない気持ちで、西門さんに合わせて周囲を見回した。
 話し合おう…って思ったけど、やっぱりいざとなったら何をいったらわからない。
 それより、あんな状態で音信不通になって、今更道明寺はあたしからの話なんて聞いてくれるんだろうか?
 今になってなんだよ、って言う?
 それとも忙しいのに、あたしとのことなんていつまでもかかずらわっていないと思っているだろうか?
 電話をくれないのは、さすがの道明寺も愛想をつかしたということなのかもしれないし。
 勝手に自分が突っぱねておいて、実際に道明寺がしつこく追いすがればまたも邪険にするくせに、いざ道明寺に見捨てられたと思うことはこの上ない苦痛だった。
 ふと、視線を感じて周囲を探る。
 視線なんて西門さんと一緒にいる時点で、もう珍しくもなんともない物だったけれど、なぜか、その視線だけは無視しがたく、見ずにはいられない。
 …あ。

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^! 

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それでも貴方を愛しているから026】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから028】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それでも貴方を愛しているから026】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから028】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク