FC2ブログ

「パッション…①24話②22話完」
ベイビー・ステップ…22話完

ベイビー・ステップ05

 ←ベイビー・ステップ04 →それでも貴方を愛しているから025
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 気が付いてとっさに抑えようとしたけれど、相手は若い男。
 強引に引っ張られて、持ち逃げされてしまう。
 あたしはと言えば、一度は踏みとどまりかけたのに、バックを盗られた際、振り払われた勢いで、派手に地面へと転倒してしまっていた。
 「…うっ」
 突き飛ばされた勢いのままに横ざまに倒され、とっさについた膝と足を強打し、衝撃で身動きがとれない。
 あたしのお金っ!お給料っ!!
 「おい、大丈夫かっ!?」
 茫然と地面に転がっていたあたしが、聞き覚えのある声に顔をあげると、ちょうど歩道沿いの車道に停車した車から降り立つ相馬さんがいた。
 え?
 意外な場面で、意外な人に出くわし、また、とんでもない出来事に呆けていたあたしの傍へと駆け寄ると、グイッと上腕を掴まれ、引っ張りあげられる。
 「あっ。痛いっ」
 引き上げられ、とっさに力を入れた膝に痛みが走る。
 「ちっ。怪我したのか。おい、しっかりしろ」
 「…相馬さん、なんでここに?」
 「そんな話は後だ。とりあえず、まずは盗られたカード類を止めないと。携帯、持ってるか?」
 とっさにスーツの上着を探り、いつもだったらなるべくバッグに入れるよう心掛けているのに、ポケットに入っていたことにホッ。
 「あ、ありました、って、やだっ!」
 横抱きに抱き上げられて、とっさに暴れる。
 じょ、冗談じゃないっしょ!?
 「アホッ、暴れんな。そんな足でどうやって移動する?大人しくしてろっ」
 怒鳴りつけられて、言葉を呑み込んだ。
 で、で、でも、視線が、周囲の人の目が…。
 そうは言いつつも、すでにひったくりにあったあたしは十分に注目を浴びていて、騒めきの中、遠巻きに人垣に囲まれてしまっていた。
 …ひったくり、誰か掴まえてくれてたり、しないよね。
 それはそれで危ないし、仕方がない。
 シュンと意気消沈している間に、相馬さんが乗っていた車の前に下ろされ、ドアが開けられる。
 「とりあえず、中入ってわかる範囲で電話しまくれ。そこの銀行の前で突っ立ってたの見ると、そこの銀行とも取引してるんだろ?」
 「…メインバンクです。お給料の振込とか」
 「そか。じゃあいま、俺が窓口行って…」
 「大丈夫ですか?」
 騒ぎを聞きつけた銀行の警備員さんと銀行員さんが、声をかけてくる。
 相馬さんが大まかに事情説明してくれているのを横目に、こみあげる不安と不快感を堪え、携帯電話の画面をタップした。



 結局、メインバンクの方の口座は即座に凍結してもらい、バッグに入っていた現金以外の被害を食い止められた。
 携帯電話もポケットに入っていたし、あたしは元々カード類は使わない、作らないタチ。
 となると、銀行のカードもメインバンク以外は1,2行ある程度で、それもほとんどお金らしいお金は入っていなかった。
 あとは、ポイントカードとか、電車の定期。
 ポイントカードはもったいないけどしょうがないとして、定期の方は再発行手続きをしたので問題はない。
 一番困るのは、アパートの鍵だけど、これはスペアがある。
 ただ、盗難にあった鍵をそのまま使用するのは抵抗があった。
 かといって、鍵ごと付け替えるのも…といろいろと先々を考えるとそれなりに思い悩む。
 どちらにしろ、偶然居合わせた相馬さんには本当に感謝で、予想外の出来事に動揺したあたしは、当初ショックで物事を考えられず、手際よく、被害を最小限に抑えられたのは相馬さんのおかげだと言えた。
 一通り各所への連絡を済ませると、相馬さんがあたしを車に残し、近くの交番へお巡りさんを呼びにいってくれた。
 事情聴取を受け、とりあえず後日警察署に正式な被害届を提出することにして、大したことがないと言ったにもかかわらず病院へと強制的に送り届けてもらった。
 その間に、会社への連絡もしてくれていたようで、そのまま早退ということになり、アパートへの送迎つきで至れりつくせり。
 帰り着くころにはあたしの方もだいぶ冷静になって、相馬さんにいかに迷惑をかけたか、お世話になったのかを自覚し、感謝でいっぱいになった。
 「…ほれ、着いたぞ。一人で平気か?確か、お前、一人暮らしだよな?なんなら、家族に連絡して来てもらえよ」
 「いえ、大丈夫です。両親は東北の田舎ですし、弟も地元で就職してますから…」
 助手席を開けてもらい、降りながら答えたあたしに、相馬さんが眉根を寄せて考え込むようにあたしを見返す。
 「あ!でも、なんかあったら、友達に来てもらいますから大丈夫です!親は遠方ですけど、昔からの友人がこっちにいますので、いざとなったら連絡して来てもらいます!」
 「あんなことがあって不安なんじゃないか?」
 言われてみれば、鍵も盗られているから怖い気がするし、なんとなく意味もない不安感はある。
 でも、冷静に考えてひったくり犯が鍵を手に入れたからと言って住所を調べて、今度は強盗に…なんていうのは考えにくいし、逆に現金を盗ってあとは捨てたりする方がありえそうな気はする。
 それでも万が一、と考えても今日はどうすることもできないし、他に選択肢はない。
 「今晩はホテルにでも泊まって、明日鍵を付け直してもらってから帰った方がいいんじゃないか?」
 「ホ、ホテル!?」
 と、とんでもない。
 ただでさえ、お金盗られてヘコんでるのに、そんな出費できるかっ!
 でも、相馬さんはそうは思わなかったらしく、なんなら『俺が出張で使ってるホテルの予約を取ってやろうか?』などと余計なお世話な提案をしてくる。
 いや、もちろん、相馬さんは親切以外の何物でもないんだろうけど、相馬さんはこう見えてけっこうなお坊ちゃま。
 そのお坊ちゃまの感覚で使用しているホテルなんて、どんな高級ホテルかわかったもんじゃない。 
 「…それとも」
 語尾に意味深な笑みが含まれているような響きに、不審に視線を向けると、ニヤリとセクシーに微笑む相馬さんに出くわした。
 な、なに、なに?
 「それとも、俺が泊まって行ってやろうか?」

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ベイビー・ステップ04】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから025】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ベイビー・ステップ04】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから025】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク