FC2ブログ

「それでも貴方を愛しているから…全97話完+α」
第二章 疑惑…掛違う運命の釦

それでも貴方を愛しているから021

 ←ベイビー・ステップ02 →女友達03
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 出迎えには…いかなかった。
 ちょうど、秋学期試験の期間に入っていたし、その関係で塾のバイトのシフトがキツキツで休めなかった。
 でも、そんなのは言い訳だって、誰よりも自分がわかってる。
 さすがの道明寺も、日本に帰国して1週間…邸に誘ってものらりくらりと逃げるあたしにしびれを切らせて、西門さんに泣きついた?らしい。
 例によって唐突に現れた色男に、バコンと頭を本で叩かれて気が付いた。
 「もうっ、痛いなあっ!」
 「お前だけだぜ?こんなイイ男が傍に立ってるてーのに、一心不乱に本に齧りついてる女は」
 「馬鹿言ってないでよ。あたしはいま調べ物の途中。図書館まで来て与太飛ばさないでよね」
 「ふん。ちょっと、外出ようぜ」
 言われてみれば、相変わらずすごい注目度。
 どうせどこ行っても衆人環視みたいなものだけど、さすがに図書館で込み入った話を西門さんも話す気になれなかったらしい。
 「…あたし、これ、やっちゃいたいんだけど」
 「試験も終わって、もうすぐ正月休みだろ?なにあくせくやってんだよ」
 「あくせくってね…。あんたたちと違って、あたしはまだ就職も決まってないし、いろいろ忙しいのよ」
 しぶしぶ荷物を片付けながらも、苦情は忘れない。
 「人を暇人みたいに言うな。つーか、お前、まだ就職活動なんてしてるのかよ?懲りない奴だな」 
 西門さんが言っているのは、高校生の頃決まった就職先を道明寺に買収されて、有無を言わさず英徳大学に入学させられたことを言ってるんだろうな。
 「…さすがに、今度は譲れないわ。経済的にもそうだけど、特に目標なんてないんだから、大学院になんて行く気ないし」
 「まあ、司の頭にもないだろうな、その選択肢」
 道明寺の頭の中にあるのは、あたしの大学卒業後即結婚or道明寺系列…もっといえば道明寺がいる道明寺東京本社への就職。
 実は、この問題で、以前すでに何度か揉めていた。
 「お前もつくづく苦労が好きな奴だな。そんな頑張って就職活動とやらしなくても、それこそ司のところにでも、それが嫌でも、あきらや類、滋のところでも両手を広げて歓迎してくれるだろうに」
 「…コネは嫌なの」
 毎度言われていることに、うんざりする。
 図書館を出ると、いつの間にか、西日も陰ってそろそろ宵闇に近い時間帯だった。
 どのみち、そろそろ今日は帰らないといけない時間だったか。
 「コネは嫌って、ここの学生の半分はコネだろうに。何いまさらこだわってんだ?」
 「別にいいでしょ?西門さんに迷惑かけてるわけじゃないんだから」
 「そりゃそうだけどよ、お前たちになんかあるたんびに、ねじ込んでくる司、なんとかしろよ」
 なんとかしろ、って言われても。
 そりゃあ、確かにあたしたちが揉める度に呼び出されて駆り出されている西門さんや美作さん(類は無視することが多いので除く)には本当に申し訳ないと思うけど、それだってあたしじゃなくって道明寺のせいなんだから、本人に言ってよね。
 「…で?あたしのことはいいけど、なんなのよ」
 「なんなのよ、ってわかってんだろ?俺がなんで、わざわざデートの誘い断ってお前と二人お手て繋いでお散歩なんかしなけりゃならないのかってよ」
 「ご苦労様です」
 正直な気持ちだったのに、ビンッとデコピンをちょうだいしてしまう。
 「痛いっ!」
 かなり痛かったので、涙目になって上目使いでみたら、大真面目な西門さんの視線に睨み返されてしまった。
 いつもはおちゃらけている西門さんが、真面目な顔をしていると凄く怖い。
 なまじ綺麗な顔をしているだけに、迫力があった。
 あの野獣の道明寺と、子供の頃からタイマン張って平気で付き合ってる人なんだよね、元々。
 「ざけんな」
 「…別にふざけたつもりなんてないのに」
 言われて思わず、視線を外してしまった。
 見慣れた道明寺でさえ、本気で怒るとすっごい怖いんだもん。
 マジになったこの人たちと互角に戦うには、まだあたしの腹は座ってなかった。
 いろいろ迷ってる。
 それはあたし自身が一番わかってるんだ。
 「司からの連絡、また無視してんだって?」
 「…別に無視してないよ。ちゃんと、昨日だって電話したし」
 昨日の電話は旅行の誘いだった。
 来週から楽になるらしく、急なことながら3日ほど完全なオフが取れるとのこと。
 最近にしては珍しく、本当にウキウキしたような明るい声の誘いに、あたしも少しは気持ちが揺れた。
 でも、どうしたらいいわけ?
 電話を取るのさえも、躊躇なくしてとれずにいるっていうのに。
 最初は適当な言い訳を作って…急なことでバイトを休めないとか、会社説明会で外せない企業があるとか、卒論の追い込みだとか、そんな感じ…断ろうとしたけど、さすがに顔を合わせてはいなかったとはいえ、道明寺もここのところのあたしの屈託を感じ取っていたらしかった。
 『なんで、俺を避けるんだ』
 いつもストレートなあいつらしい問いかけ。
 なんでと問われて、でも、あたしはそれに答える答えも、覚悟もなかった。
 夢を見る?
 昔のことを今更ながらに責めたてる?
 だいたい、道明寺にあたしはどうして欲しいのか、いやそれ以前に、自分でも自分がどうしたらいいのかわからなくて、言うべき言葉が見つからないのだ。
 だから、こう言うしかない。
 『別に避けてなんかいない…よ』
 結局、曖昧に言葉を濁すあたしにキレたアイツが、今すぐ邸へ来い、俺がそっち行く等がなり立て、今日は行けない、こっちに来られても家族だっているんだからやめてと、水掛け論になり、こうして西門さんが派遣されるに至る。
 「…なんだかな。どうも、妙だよな、お前ら」
 「何が?」
 「司が帰国した当初は、異様なテンションでお前ららしくもなくラブラブいちゃいちゃ?見せつけてくれたと思ったら、いきなりギアはロー」
 「ラブラブいちゃいちゃ、なんてしてないよっ!」
 そんなんするかっ!。
 「まあ、お前はな。それでも、高校生ん時に比べれば、それなりに恋人同士してただろ?この間も、司のヤツ自分で運転して、お前を迎えに大学まで来てたそうじゃねぇか」
 「……」
 桜子だな。
 「あの司が、女の送迎?俺らにしてみれば青天の霹靂だけどよ、まあ、奥手なお前らが…とお兄さんたちは多少なりとも安心していたわけよ。それが、なんだよ?お前ら、ここのところギクシャクしてるらしいじゃねぇか」
 「……お節介」
 ボソリと零した言葉に、眉をクイッとあげて、
 「お前らが迷惑かけてんのっ。俺が好きでいらぬ世話焼くか」
 「さようですか」
 「とっくに童貞処女は卒業してんのかと思えば、まだらしいし?」
 適当に聞き流していたらトンデモナイ物言いに、目を剥いてガンッと西門さんのスネを蹴った。
 「いってぇっ!この凶暴女っ!殴んのは、お前の男だけにしておけっ」
 「あ、あん、あんたがとんでもないこと言うからでしょ?!」
 「お前らの雰囲気で、そんなん誰でもわかんだよっ。今更、照れんなっ」
 「照れるかっ、アホッ。つーか、ほっといてよっ」
 まさか、あの話まで桜子話したんじゃないでしょうね。
 道明寺に触れられて吐いた話なんて、あたしも嫌だけど、道明寺だっていくら親友にだって知られたくないに違いない。
 「お前ら異常だぞ。高校生までなら、まあ、ギリ純情つーか、奥手で済ませられるけどよ、お前らいったい何年付き合ってんだよ」
 「…何年たって、ずっと遠距離恋愛だったんだから、ほとんど一緒にいたことないよ。いまだって、道明寺メチャ忙しくて、そんなに頻繁に会ってるわけじゃないし」
 「まあ、そりゃあそうだわな。それにしたってだぞ。司のヤツ、まさか」
 一度言葉を切った西門さんが、さりげなく周囲を見回し、わざわざ屈みこんであたしの耳元に唇を近づけてくる。
 …ちょっとやめてよ。無駄にフェロモン振りまいてるんだから、さすがに慣れてるあたしでもドキドキするつーのっ!
 と、ちょっと動悸を速めていたと言うのに、次の台詞で頭が沸騰した。
 「お前の裸見ても起たないつーんじゃねぇだろうな?…ぐえっ」
 「…帰るっ」
 「おい、ちょっと待てっ!」
 「牧野さん!」
 宵闇の向こう側から、親しげな声が近づいて、歩み寄ってきた。

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【ベイビー・ステップ02】へ
  • 【女友達03】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ベイビー・ステップ02】へ
  • 【女友達03】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク