FC2ブログ

「それでも貴方を愛しているから…全97話完+α」
第二章 疑惑…掛違う運命の釦

それでも貴方を愛しているから019

 ←それでも貴方を愛しているから018 →昏い夜を抜けて~プロローグ~
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 必死で抵抗する足が空を切り、めちゃくちゃに振り回した手も簡単に抑えつけられる。
 気持ち悪い手の感触が、暴れるあたしのブラウスの裾を捲りあげ、這い回ろうと蠢く。
 いやだっ、いやだっ、いやだっーーーー!!
 『さわんないでよっ、バカッ!!』
 膨れ上がる恐怖、死にもの狂いに抵抗するあたしに対し、あたしを抑えつける男たちにとってはあくまでも遊び。
 お気楽なクスクス笑いが、あたしの耳を震わせ、なおいっそうの恐慌を生んだ。
 『なにしてるの』
 悪夢の中でただ一条の光。
 涼やかな声が割って入る。
 ああ…。
 あたしは安堵の溜息を洩らす。
 あの時と同じように。
 あたしを蝕む恐怖と絶望から救いあげる声。
 それなのに…。
 あたしは、その続きが見たくない。
 怖くても、哀しくても、辛くても…、苦しいその記憶の最後に続くその名前を聞きたくない。
 この後、あたしは花沢類によって救われたはずなのに。
 「…つくし」
 あたしを辱めようとする男たちに対するものよりも、なおいっそう強く感じてしまう感情を自覚したくなかった。
 でも、だけど…。
 「つくしっ!」
 揺すぶられて目が覚めた。
 見慣れた低い天井。
 あたしを心配そうにのぞき込むママが、そっとあたしの張り付いた髪の気を額からかきあげてくれる。
 「…あ」
 「大丈夫、あんた?すごい魘されてたわよ」
 言われて起き上がると、まだ、外は薄暗い。
 「最近、あんたなんかおかしいわよ。よく魘されてるんじゃない?」
 道明寺のお邸の完全空調などなかったから、室内は人肌だけで肌寒かったけど、気候のせいだけはない寒さにブルリとあたしは体を震わせ、両手で自分の体を抱きしめる。
 膝に伏せた顔が、涙でどこか腫れぼったかった。
 「…ごめん、起こしちゃったね。ちょっと、ここのところ疲れが溜まってたのかな」
 周囲を見回すと、パパと進はまだ眠っている。
 パパはともかく、進も大学生活と特待生として成績を落とさないための勉強、バイトと毎日忙しくて疲労しているんだ。
 起こしちゃわなくって良かった。
 「いいけど…、なんか悩み事でもあるんなら言いなさいよ。頼りにならない親で申し訳ないけど」
 「ママ」 
 視線を反らせて、呟くように零したママらしくない言葉に思わず顔をあげた。
 「…道明寺さんと上手く行ってるの?」
 「え?」 
 「その…道明寺さんの名前呼んでたから」
 「…他になんか言ってた?」
 ママが言い淀むのだから、何か言ってたんだろうな。
 「あんたと道明寺さんの付き合いがどうなってるか、あたしたちは口出すつもりはないけど…」
 「うん、そうして?とりあえず、ママたちが心配してるようにアイツと喧嘩なんかしてないし」
 「でも、最近、デートもしてないんじゃないの?」
 見ていないようで、何気にけっこう目敏い。
 そりゃそうか。
 普段は年頃の娘がいるにしては放任もいいところだけど、ママの望みは結局、道明寺とあたしの結婚…玉の輿なんだものね。
 間違いが起こったら困る…どころか、推奨されてるんだから、あたしのせいで道明寺とあたしの関係が高校生の頃からほとんど進んでないなんて、ママにとったら青天の霹靂、逆にハッパかけられちゃったりするのかも。
 「デートは、まあ、いま道明寺、NYに出張中だからしてないだけ。そうでなくても忙しい奴だし」
 「そ、そう」 
 憮然とした気持ちが伝わったのか、ママは落ち着きなく視線を揺らしながらも、一つ頷いて布団に戻った。
 以前に一度、あまりにあからさまなママの態度にキレて、道明寺との付き合いを辞めると喚いたことがある。
 ちょうどアイツと喧嘩中でイライラしているところへ、何が原因でも、たとえ道明寺が悪いのだとしても謝れ、仲直りをしろとせっついてくるママにどうしても我慢が出来なくて、半ば本気でした宣言だった。
 道明寺のことは好きだ。
 だけど、だからと言ってなんでもアイツの言いなりになるあたしは絶対に違う。
 ましてや、ママの望む『玉の輿』なんてあたしは望んでない。
 ただ、アイツが…道明寺司が好きだから、あたしにとってはただ純粋にそれだけがすべてだった。
 それなのに…。
 「…まあ、それならいいのよ。あたしも寝るわね。あんたもまだ早いんだから、もう一眠りしなさい」
 ママに促され布団に横たわったものの、目は完全に冴えてしまって眠れる気がしない。
 しばらく息を殺しているとやがて、ママの寝息も聞こえてきて、あたしは寝たふりを辞めた。
 ママの言う通り…ここのところ、悪夢を見ることが増えた。
 前々からこの悪夢は時折訪れたけど、たいてい朝になると忘れてしまう程度のものだった。
 なのに、最近では夢の内容を憶えていることが多い。
 そして最後は決まって、この複雑な気持ちに苦しめられた。
 道明寺に会いたくない。
 いまさら…いまさらだよね。
 なんで、今になって。
 自分でもどうにもならない想いに、ツンと鼻の奥が痛くなってくる。
 思い通りにならない自分の気持ちにあたしが一番戸惑い、困惑してるんだ。
 どうしよう。
 正直、いま道明寺が日本にいないことが救いだった。
 時々かかってくる道明寺からの電話に、いつも一瞬だけ躊躇し、でも耳から流れるあいつの優しい声にホッとした。
 疲労に掠れた声が心配で、それでも時間を見つけてはかけてきてくれるアイツの気持ちが嬉しかった。 
 恋しくて、愛しくて…逢いたい気持ちが募って。
 それなのに、夜がやってきて、過去の悪夢が忍び寄る。
 そしてまた、道明寺が帰ってくる日を指折り待ち望んだのとは反対に、今度はどういう顔で会えばよいのかと思い悩む。
 好き…怖い。
 早く会いたい…会いたくない。
 そんな正反対の気持ちに、あたしは最近疲れ果てていた。
 実際、一緒にバイトしている優紀には心配をされ、バイト先でもミスを起こしてしまうことが増えた。
 眠ることが怖い。
 あたしは、温かい布団の中だというのに、いっそうジンとした寒さに震え、両手で顔を覆った。

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それでも貴方を愛しているから018】へ
  • 【昏い夜を抜けて~プロローグ~】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それでも貴方を愛しているから018】へ
  • 【昏い夜を抜けて~プロローグ~】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク