「それでも貴方を愛しているから…全97話完+α」
第一章 悪夢再来

それでも貴方を愛しているから017

 ←それでも貴方を愛しているから016 →それでも貴方を愛しているから018
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 エントランスまで、と園崎さんのお母さんがついてきてくれる。
 結局、売店で買ってきたというお茶とジュースを恐縮しながらも受け取り、横に並びながら雑談を。
 でも、実はお母さんは、あたしに聞きたいことがあったみたいで。
 あの事件の夜のことかなあ…と思っていたら、
 「…牧野さん、英徳の出身なのですってね」
 と、意を決したように切り出された。
 「…え、ええ、はい」
 園崎さんもあたしに気が付いていたんだから、園崎さんから聞いたんだろうな。
 もしかしたら当時にも、話題に出たりすることがあったりしたのかもしれない。
 庶民の女が、道明寺の御曹司に逆らって、赤札貼られて苛められたって?
 うう、恥ずかしい~。
 道明寺め~。
 今更ながらに当時の恨み辛みが蘇り、でもすぐにいまは気まずい関係に陥っていることに思い当たって、気分が塞ぎかける。
 「あの、急にこんなこと言いだすのは失礼だと思ったんですが、私、もうどうしたらいいのかわからなくって」
 「えっと、あの?」
 「娘に聞いたのですけれど、牧野さん、娘が英徳の高等部だった頃、在学されていたそうですね」
 な、なんだろう。
 何か聞かれても、当時どころか、さっき園崎さんから聞かされるまで、同時期にあたしたちが英徳に在学していたことなんて知らなかったんだけど。
 …道明寺は、なおさら憶えてないんだろうな。ああいう男だし。
 実際、園崎さんと顔を合わせても、高校時代のこの字も道明寺の口からはでなかったんだし。
 すがるように見つめられて、鼻白みながらも頷く。
 「…え、ええ。はい、そうみたい…です」
 「あの…もしかしてなのですが、娘の在学中のこと、何かご存じないですか?」
 「え?」
 やっぱりか!?
 「…苛められていたとか、酷い目に合っていたとか」
 「……」
 なんとも答えようがない。
 でも、そのことに関しては園崎さん自身が否定…してなかったな。
 赤札を貼られてはいなかったって言ってたけど。
 「いえ、当時、娘が英徳を辞めた時、あの子が突然学校を辞めたいと言いだしましてね。苛められていたとか、そういうことはあの子からも聞いていませんでしたし、学校の先生もそんなことはないっておっしゃっていたんですけどね。あの頃、いろいろと不審なことがあって、でも、ほら、あの学校って特殊な世界感があるでしょ?」
 「……」
 「うちも、少しの間なら病院の個室へ入れてあげるくらいなことはできるけれど、あの世界の中では全然庶民で、たぶんかすみにとっては異世界も同然だったと思うんです。でも、親の見栄で入れてしまって…」
 どこかで聞いたような話。
 もっとも、あたしの家は園崎さんの家よりも遥かに貧しくて、見栄通り越して無理もいいとこだったけど。
 「…あの?英徳時代のことで今もなにか?」
 「それが、わかれば…。当時のことを聞きたくても、聞ける人がいなくって。あの、ここだけの話にしてくださいますか?」
 もしかして、そのことを聞きたくって、ちょっと?強引なまでに引き留められたんだろうか。
 「えっと…いや、あたしは」
 「あの子、英徳時代にレイプされたことがあるんじゃないかと」
 ドキン。
 心臓が鳴った。
 「……」
 「もちろん、あの子はそんなこと私たち家族には一言も言いはしません。でも、実はこの間以外にも、何度かあの子そういった被害を…。それが、英徳に在学していた時からそんな気配があって、退学後も何度か…事件を起こしたのは、今回で2回目なんです」
 「…それって」
 「心療内科の先生は…おそらく、レイプされた過去がトラウマになって、自分でも知らず知らずのうちに、その過去の傷を再現するような状況を作ってしまっているんじゃないかって。そういう症例があるそうなんです」
 幼少期に深い心の傷を受けた人は、何故か大人になってからも自分を侮辱したり暴行したりする相手を恋人や配偶者に選んだり、自分から危険な状況に飛び込むリスク・テイキングな行動を取ったりしやすい傾向にあるらしい。
 その理由の一つには、その恐怖や苦痛を反復して受けることで、元々起こった苦痛に慣れ、和らげようとする自衛本能。
 そして、もう一つは、過去の自分の言動に後悔が付きまとっていて、その時に適切な言動を行っていればそのようなトラウマを負わずに済んだのではないか、迂闊な自分への自責や後悔が過去の体験を再現して、以前とは違う言動によって乗り越え克服しようと言う無意識の行動からくるものがあるという。
 他にもいくつか考えられる理由があるとのことだったが、だが、過去負った苦痛をさらに何度も再体験しなければならない心の傷跡はなんて重苦しく哀しく、過酷なものであるのだろうか。
 所詮他人ごとにすぎないあたしには、何も答える言葉などない。
 ツキン…と頭の奥に鈍い痛みがある。
 「…牧野さん?」
 自分の昏い思念の中に沈み込んでいたあたしは、問い掛けられてハッと我に返った。
 英徳という昏い淀みを作っていた社会。 
 その頂点に立っていた闇そのもののようだった道明寺。
 「ごめんなさい、当時のことはあたしにはわからないです。園崎さんとは学年も違いましたし…」
 「そう、そうですよね。ただ…」
 すがるような園崎さんのお母さんの顔に、あたしは思わず視線を反らせていた。
 あなたは道明寺さんとお知り合いなんでしょ?
 そう、問われない言葉が聞こえてきた気がして、何とも言いようがなかったのだ。
 少なくても、園崎さんは道明寺に赤札を貼られたことはないと言っていた。
 道明寺が原因で退学したとも言ってはいなかったのだ。
 英徳で起こったすべての負の負債…そのすべてが道明寺の責任だったとは言えない。
 それでも、帝王として君臨していた道明寺の昏い遊びが、たくさんの人たちの人生をも左右していたことがあったのは確かな事実だった。
 


 携帯電話を片手に、あたしは思わず大学のカフェのテーブルに突っ伏した。 
 「はあああっ~」
 溜息を禁じ得ない。
 桜子に道明寺と早く仲直りするように諭され、園崎さんのお見舞いに行ってから早2日。
 実はその間に、何度も道明寺と連絡をとろうと携帯電話を手にとっては、指先を画面に近づけ、そのたびに断念。
 道明寺の方からも、病院にいる間に2回、その後も着々と着信履歴一杯に名前が残るくらいには連絡を貰っていた。
 おそろしく、タイミングが悪かった。
 時には、タイムセールに集った奥様連との闘争の最中、あるいは、お風呂に入っている時、またある時はうっかり携帯を家に忘れて半日放置していた時もあった。
 今日もすでに二回着信が入っていたけど、折悪くそのうちの一回は講義中。
 今さっきも入っていたらしいけど、ついそのままマナーモードにしていて気が付かなかった。
 「はああああああ…」
 「なに、溜息ついてんだよ。お前の言うところの、幸せが逃げてくんだろ?」
 聞きなれた艶やかな声音に、顔を上げる気になれない。
 適度にあったカフェのざわめきが、男の登場と共に黄色く色めきだったのが空気でわかった。
 去年、類や美作さんは大学を卒業して、以来家業に精を出しているのでそうそう会う機会はなくなっていたけれど、この男だけはそのまま院に進み、表面的にだけはあまり高校・大学時代とかわらぬ生活を送っていて、いまだにあたしともこうして頻繁に構内で顔を合わせる。
 けれど、こういう気分の時にはあまり顔を合わせたいものではない。
 そうでなくても、こいつと関わるとただでさえウザい他人の嫉妬や羨望、蔑みの視線が痛くてしょうがないのに、実害まで加わることも少なくない。
 そのまま無視していたら、勝手に向かい側に座った男が、突っ伏したあたしの耳元に顔を近づけ、トンデモナイことを言ってきた。
 「つくしちゃん、避妊に失敗して、病院行ったんだって?」

◇交流・意見交換 『こ茶子の部屋』へ
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【それでも貴方を愛しているから016】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから018】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【それでも貴方を愛しているから016】へ
  • 【それでも貴方を愛しているから018】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
女性に大人気!ビジネスから恋愛相談まで全部500円~!  
価格満足度97%、日本最大級のココナラに今すぐ登録!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘