FC2ブログ

「夢で逢えたら…全207話完+α」
第五章 ここより永遠に

夢で逢えたら202

 ←夢で逢えたら201 →夢で逢えたら203
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 こ、こんな時間になってしまった~~~><!
 しかも、予告なくすいません、、、
 今日は時間があったので、書くぞ書くぞ、書くぞというつもりだったんですが、なんか疲れちゃって~><
 時間のある限り寝まくりました…。
 昨日は見事?!一番厄介な類の役員になってしまいまして…。
 どの道子供の人数分役員は引き受けなければならないので、いまのところ仕事につく予定が伸びたので(いろいろあって)、この機会にということなのですが、いやあ初日から遅くなりました…。
 しかも、やはり噂通り厄介らしく、かなり頻繁に打ち合わせ等ある模様…。
 とりあえず籤には勝て委員長等にはならずに済みましたが、ちょっとしたお仕事係りはもらっちゃったしなあ。
 てなところで、お話をどうぞm_ _m
**********

 「俺さ、事故の後、しばらく虚脱状態になって、自分の中に閉じこもっちゃっただろ?」
 つくしを抱きしめたまま、レンがポツリと呟く。
 自嘲を含んだその辛そうな声音に、つくしは目を瞬かせ涙をぬぐいながら、大きくなった息子を見上げる。
 「あ、うん。仕方ないよ、まだ3才の子供だったんだもん」
 「…そのせいで、キャシーがママと取り違えられた」
 つくしはそっとレンの胸を押しやって、体を起こした。
 そして、俯くレンを見つめ、穏やかに言い聞かせる。
 「そのせいってわけじゃないよ。身分証明書や荷物のせいで、最初からセリだと思われて救出されたんだもん」
 「でも、俺がキャシーの傍を離れなかったことが決定打になった。おれ、実は憶えてるんだ。知ってるでしょ?俺の記憶力」
 「…」
 「俺はあの時、キャシーをつくしを俺の傍から失いたくなかった。わかってて、知らんぷりしたんだ」
 15年前のことを思い起こす。
 あの当時、つくしにとって凄まじく人生の転換を迫られ過酷な時期であったことは確かであったけれど、それは幼いレンにとってはなおのことそうであっただろう。
 生まれてすぐに父を失い、火災という恐ろしい事故に出くわし、母を失った。
 気がついて見れば、会ったことがない大人たちに囲まれ、縋ることができるのはたった一月とはいえ、共に過ごしたつくしだけ。
 そのつくしも死にかけていた。
 天から授かった特別な才能に恵まれていようと、他の子供より多少賢かろうと、子供は子供。
 あの時、レンがつくしに縋ったのは当然のことだったと、つくしも思う。
 それが皮肉にも、つくしに重い人生のくびきを背負わせる結果になったのだとしても、レンを責めるつもりになれない。
 そもそもレンがいなければ、オカザキの助けがなければ生きることができなかった命。
 「…たとえ、あんたのせいで今の私がいるんだとしても、それも私の選んだ道なんだよ。あんたには私が必要だった。私にもあんたが必要だった。当事者のあんたと私がいいんだもの、それでいいじゃない?」
 つくしはわざと軽い口調で言ったが、そんな軽いものじゃないことは互いにわかっていた。
 それでも、互いに過ごした15年は悔恨や罪悪感で塗りつぶされるようなものではなく、そこにも小さな幸せが存在していた。
 母と子。
 すべて、自分で決意したことだったはずだ。
 それでも、レンもまたつくしへの愛に喉を詰まらせ、潤む目を瞬かせ堪える。
 泣き笑いでつくしに微笑みかけ、そっとその言葉を絞り出す。
 「キャシー、いや、つくし」
 ハッとつくしがレンの目を見返す。
 レンは立ちあがり、足を一歩踏み出す。
 「もう、キャサリン・マーベルでいる必要はないんだ。あなたがつくしだろうと、キャサリンだろうと、俺の母親、俺の家族であることに変わりはないよ。だから、もう、いい。牧野つくしに戻りな。そろそろ、ママも自分のお墓に入りたいだろうしね」
 レンの笑顔の残像を見送って、ただ一人取り残された病院のロビーで、つくしは茫然とこれから自分がゆくべき未来という名の道筋を見据えつづけた。


 一人重厚なマホガニーの執務椅子に座り、スコッチのグラスを傾ける。
 強くほろ苦いこの酒を愛用し、酩酊してきた歳月の中に様々な人々が彼の前に訪れ、通り過ぎた。
 誘蛾灯のように彼の魅力、権力が、人々を惹きつけ破滅へと導いた。
 ある者は彼を恐れ、あるものは彼を憎み、またある者は彼を愛した。
 ルイス・アヤラ。
 このパラグアイで彼の名前を知らないものは、母親の胎内から生まれいでたばかりの赤子しかいないだろう。
 誰もが彼の名前の前にひれ伏した。
 かつて、アイルランド移民の血と様々な国々の血を受け継ぐ混血としてこの世に生を受け、見果てぬ野心にのたうち回り、自ら憎悪を引き受けた貧しく、何の力もなかった若者はここにはいない。
 「ゲホッ、ゲホッ」
 乾いた空咳が胸から湧き上がり、鋭い痛みを走らせ、当てた掌に転々と薄らとした血が残る。
 酒はやめるように医者に忠告されていた。
 だが、どうせ先の見えている身だ。
 今更、時をホンの数年伸ばすために、慣れ親しんだ習慣を変えることに何の意味があるというのだろう。
 別に死にたいわけでも、悲観しているわけでもない。
 ただ、誰にでも平等に訪れる死…という現象が、長年彼の予想してきた死にざまではなく、病という意外な幕引きになりそうなのが馴染まないだけ。
 野心の果てに得た力も金も権力も…、死を前にしたルイスにはすべてが夢幻。
 すべてが夢だったように思える。
 そう、ただ一人真実愛した女とその息子が彼を捨て、去っていったのも。
 その息子が自分と同じ病で、親である自分よりも遥か以前に死んでしまったのも。
 ルイスの周囲にはその力の数だけ、数多くの女たちが彼を取り巻き、当然のように愛し存在した。
 だが、その女たちも、その女たちが生んだ子供たちも、ルイスの力を望む野心の犠牲になるように次々に非業の死を遂げ、今となっては誰一人その傍にはいない。
 その女たちの中にあって、ただ一人自分の意志で彼の元を去った女の息子が、ルイスゆえにではなく、病で早死にしたという事実はなんと皮肉で、残酷なことであったか。
 ルイスは琥珀色の液体を一気に飲み干し、机の引き出しから一枚の色褪せた写真を取り出す。
 彼の愛飲するスコッチと同じ色になった、写真の向こうにいる一組の幸せそうな家族。
 彼の息子の愛した女はまた、彼が愛した…息子の母親とよく似た目をした女だった。
 気高く愛情に真摯で、生きるということがどういうことかよく知っている。
 何かを守るためには何かを犠牲にし、捨て去る勇気も必要だとよく知っていた。
 「ミッシェル…、レン」
 そうして生まれた孫息子へと思考は回帰する。
 できることなら、手元へと引き取りたかった。
 当然だ。
 彼の愛した女の生んだミッシェルの忘れ形見であり、いまとなってはただ一人の孫。
 だが、ミッシェルの愛した女が命を懸けて彼と掛け合い、その人生の自由と清廉さを勝ち取った。
 血と金と力ではなく、生と愛と自分でつかみ取る夢を。
 写真と重ね合わせるようにして手にした一枚の紙。
 たった一度、初めて孫から渡された手紙に書かれていた言葉は…。
 『僕のことは諦めてください。パトリック・アヤラ』
 ルイスが名づけ、レンとセリのたった三人きりで受けた洗礼名。
 遠くアイルランド系移民の血を受け継ぎ、聖パトリックの謙遜で信念知る人であり、困難に打ち勝つ人物であることへの祈りからきたこの名前を知る者はもはや、ほとんどいない。
 授けた神父とルイス、レンと…今は亡きセリだけ。
 15年ぶりに見た孫息子は、なんと大きくなっていたことか。
 「…一言くらい身内として声をかけてくれればいいものを。さすがは、セラフィナの孫ということか」
 それとも、母親に似たのだろうか。
 あの日、ルイスの前に現れた少年の笑顔を思い、ルイスはそっと目を閉じる。
 『…ライターを忘れられましたよ、セニョール』

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2

 
 
 
 
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【夢で逢えたら201】へ
  • 【夢で逢えたら203】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夢で逢えたら201】へ
  • 【夢で逢えたら203】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク