FC2ブログ

「夢で逢えたら…全207話完+α」
第一章 もう一度逢いたい

夢で逢えたら010

 ←夢で逢えたら009 →夢で逢えたら011
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「っあ!」
 また外の景色を見ていたらしく、体を起こしていた要は、ドアの開く音に振り返った。
 「…よう、元気か?」
 病人に元気かと問いかけるのも不適切極まりないが、自分の息子だというのにまったく関わりをもってこなかった司には、なんと声をかけたら良いのかわからない。
 司に瓜二つの顔をした少年は、司の少年時代と比べて、その生まれつき負った障害ゆえに顔色が悪く、痩せて頼りなげだ。
 気性は離婚した妻よりも、自分に似ているようだと使用人頭のタマから聞いていたが、こうしてびっくりしたように司を見つめ、どこか潤んだような気弱な目を見ていると、そうは思えない。
 んだよ、マジで何、喋っていいかわかんねぇ…。
 冷徹な企業家として、魑魅魍魎、多くの老獪な人間たちを恐れさせる司であったが、この小さな少年の前ではまるで勝手が違う。
 作ったポーカーフェイスの内心で、戸惑う司をよそに、要の方でもどう反応して良いのかわからなかった。
 「要!やっとこさ、パパが来てくれたよ~」
 場違いに明るい声が司の背後からかけられ、躊躇もなく立ち止ったままだった司の広い背中を、マーベルが無理やりに病室へと押し込む。
 「おい…」
 「あれ?要、どうしたの?会いたくて、夢にまで見てたパパの顔見てたら、頭が真っ白になっちゃった?」
 わざとふざけた物言いで、マーベルが固まった要の顔の前でひらひらと手を振りかざす。
 とたん、真っ赤になった要が、マーベルの手を凄い勢いで振り払った。
 「ば、ばっか!何言ってるんだよ!この年増女!!誰が夢にまで見たっ…なんて!!ばっかじゃねぇ!?」
 妙に澄ましたガキだと思っていた要が、司も憶えがある子供時代の自分と重なる物言いをしたことに、多少ホッと気をぬく。
 「だよな、男に向かって聞き捨てならねぇセリフ吐く、ムカツク年増女だよな」
 「おいっ!」
 その息子よりさらにグレードアップした失礼な形容詞をつける父親に、思わずマーベルは突っ込みを入れる。
 ちょっと、気が抜けたところで、司は手近にあった椅子を手にとり、要のベッドの横に腰を下ろした。
 「どうだよ?具合の方は、少しは気分よく過ごせるようになったか?」
 「う、うん。あ、はい。大丈夫です」
 「そっか。何か欲しいものがあったら言えよ?いままでもお前のお袋が、必要なモンは俺の秘書にことづけてきたが、シュナイダー夫人でも高瀬にでもいいから言え?あ、高瀬ってわかるよな?俺の第二秘書、何度か来てるだろ?」
 わりとスムーズに話せるようになってきている司とは裏腹に、要の方は緊張が先立っているのか、心なしか赤い顔で俯けたまま返事を返している。
 「はい。いまのところは、別に」
 「そっかよ?なんか、お前、俺がガキの頃と違って、妙に遠慮深いっつうか、あんま物欲しがらないよな?部屋見てみても、元からの病院の備品以外あんまモノねえし?今時の玩具とかゲームとかいらねぇの?」
 「…」
 困ったように俯いたままの要の欲しいもの…マーベルやシュナイダー夫人、山之内たち、司以外の人間には容易にわかるのに、当の父親にはわからないことに、マーベルはハラハラとぎこちない親子を見守った。
 はあっとため息を一つもらすと、司は黙りこくった息子との交流をあっさりと諦めて、立ちあがった。
 「…あ」
 司の立ち去ろうとする気配に、はじかれた様に顔を上げた要は、心もとない眼差しを恋しい父親に向ける。
 交差する視線に、疎まれていると勝手に解釈していた不器用な父親も、何事か感じたのか…。
 黙って控えていた秘書に声をかけた。
 「おい、山之内。持って来い」
 「はっ」
 司の後ろで、大荷物を抱えたまま立っていた山之内が、気を利かせたシュナイダー夫人とマーベルの手伝いで厳重だった梱包をとる。
 中から現れたのは、子供にも扱いやすいように小型ではあったが、その分高性能な作りの高価な天体望遠鏡だった。
 「お前、星とかって興味あるか?」
 目を見開く要に、司が優しく微笑む。
 この男がこんなに優しく微笑むことができるだなんて、知る人間は本当に一握り。
 その微笑みを見た要と、シュナイダー夫人は驚き、目を見張った。
 かつて写真の中だけだが、その微笑みを見たことがあった山之内は目をそっと伏せる。
 「俺は、けっこうガキの頃から星とか好きでよ。今夜はちょっと予定が入っちまってるからダメだが、お前さえ良かったら、今度、俺が土星を見せてやるよ」
 「本当?」
 「ああ、綺麗なんだぜ?」
 …昔、好きで好きでしょうがなかった女に見せてやったことがある。
 さすがに目の前の息子に、そんなことは言わなかったが。
 「見るか?」
 「…うん。見たい」
 やっとちょっとだけ笑った要の顔は、年相応に可愛らしかった。
 「そっか。じゃあ、それまで、この天体望遠鏡は大事にしておけよ?」
 シュナイダー夫人に促されて、山之内が奥の部屋に天体望遠鏡を運び込む。
 「パ、お父様、もう、帰る?」
 「ああ?ああ、そうだな」
 司が戻ってきた山之内に目で確認すると、山之内は無言で申し訳なさそうに首を振った。
 それを見た要は、父親に何を言われないまでも悟って、寂しそうに微笑みを浮かべる。
 「…まあ、近いうちにまた、顔をだす、何度でも。いっか?」
 「う、うん!」
 今度こそ、満面の笑みを浮かべて、嬉しさを浮かべる息子に、冷淡な表情をしかここ何年も浮かべてこなかった男の顔もわずかに緩む。
 「それと、お前、お父様はよせよ、気色わりい。人前ではそりゃあ、しょうがないが、お前が呼びたい呼び方でいいぞ」
 「うん!わかった、パパ」
 パパか~、それはそれで複雑な顔をした司だったが、息子ももう小学4年生。
 パパという呼び名も、早晩気恥ずかしがって、変わってゆくのだろう。
 思わず、本当に思わず、司は自分の一言で花が開いたように明るく笑うわが子の頭を、クシャクシャッと撫でた。
 「…じゃあな」 
 「絶対、絶対、また来てね!」
 部屋を後にする司の背後で、
 「良かったね!」
 と、まるで自分のことのように明るく喜ぶマーベルに抱きしめられて、嬉しそうに頷く息子の声が木霊する。
 「あ…」
 そういえば、マーベルに相談したいことがある、と言ってここまでマーベルに案内させたことを司が思い出す。
 まあ、いい。
 急がなくても、また、ここにくればあの女には会える。
 疑問も抱かず、再びマーベルと話すことに違和感を憶えない自分に、司は気がつかない。
 いつもだったらすべて、良くできた秘書である山之内に任せてしまうのに。
 「そうだ、おい」
 思い立ち、自分について病室をでてきた山之内に声をかける。
 「あいつ、携帯電話もってたっけか?」
 「要様ですか?」
 「ああ」
 「ええ、確か、お母様がお持たせになっていたはずですが」
 まあ、それはそうだろうな。
 と、思いつつ、あれほど自分に会えたことを喜んだ息子が、自分に一度も電話をかけてこなかった事実に、しばし思い悩む。
 「お前、病室に戻って、俺の携帯番号、あいつの携帯電話に登録してこい」
 「は、しかし」
 「別にかまわないだろ、俺の息子なんだから。俺のプライベートの方と、まあ、言い聞かせて置けば大丈夫だろ、緊急用に仕事用の方も登録しておけ」
 「…おそらく、プライベートの方の番号はご存知かと」
 「まあ、そうかもな。でも、かけていいとは言ったことがなかったからな。プライベートの方には好きな時にかけてこい、と言っておいてくれ。出れねぇかもしれないけどよ」
 自分で言いに戻れば良いのだろうけれど、虚ろに病みつかれた自分には、あの純真な喜びに満ちた空間は明るすぎる。
 「あと…」
 「はい」
 「いや、いい。じゃあ、頼む」
 自分から女の番号を知りたい、だなんて、十何年ぶりなのだろうと苦笑し、司は頭から振り払った。
 バカバカしい、遊ぶ女には不自由していない。

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2

   
 
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【夢で逢えたら009】へ
  • 【夢で逢えたら011】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夢で逢えたら009】へ
  • 【夢で逢えたら011】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク