FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第10章 贖う⑤

愛してる、そばにいて1016

 ←愛してる、そばにいて1015 →愛してる、そばにいて1017
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「きゃっ!」
 いきなり腕を掴まれたと思ったら、強引に立ち上がらされ、文字通り引きずられて……ボンヤリしていたつくしはそこでやっと我に返った。 
 「つ、司?」
 あきらかに何かに腹を立てた司が、まるで彼女を引っ立てるようにしてつくしの腕を掴んだまま、どこかへと連れてゆこうとしているその状況に、つくしは混乱していた。
 「え?な、なに?どうしたの?司」
 しかし、司はつくしの問いに応えることなく、いつもは彼女が歩く速さに合わせてゆっくりと歩いてくれるというのに、彼女が半ば小走りになってしまっているのにも一顧だにしない。
 背後のSPたちは、当たり前に二人を追従しているが、視線を彷徨わせ、目で彼らに質問を投げかけても、顔を見合わせて首を傾げて肩を竦めるばかりで、誰もつくしの問いに答えてくれなかった。
 そのままエントランスロビーを闊歩し、一度エレベーターホールにまで戻った司がつくしを引きずったままエレベーターに乗り込むと、SPたちを視線で押しとどめ、彼らを待つことなく扉を閉じてしまう。
 大きく肩を怒らせていた司だったが、余人の視線が途切れたことで、多少なりとも気持ちが落ち着いたのか大きく息を吐き出し、骨も折れよとばかりに強い力で握り締めていたつくしの腕からゆっくりと手を離す。
 相当強い力で握り締められていたのか、長袖越しにも関わらずおそらく赤い手形がついているのではないか予想できるほど、ジンジンと痺れたような痛みを訴えていた。
 いつも蕩けるように甘く彼女を甘やかして、大切にしている司らしからぬ暴挙。
 …でも。
 どこかでそんな司を見たことがある。
 いや、めったにないことではあるが、こうした司を何度となく見たことがなかったか?
 記憶を失う前の曖昧の過去などではなく、ごく直近というにはかなり以前だが―――、どこだかのパーティ会場で、なんとかいう国連大使だか、外務省高官だかに、つくしが司の妻として伴われて挨拶に出向いた際に、紹介されたイタリア系企業の経営者に、挨拶としてのキスというにはどこか下心を覗かせた挨拶をされた。
 さすがに司と結婚して4年近く。
 つくしも彼の性格はかなり把握してきていて、本来の彼がかなり直情的で激情型タイプであることはわかってきていたが、ビジネスの世界にいる司はどこまでもクールで、つくしといる時の彼も、言動は荒くても大概彼女に優しくそうした面を見せなかったが、その時はあわや一悶着起こすのではないかという剣呑な空気を醸し出していた。
 あからさまに威嚇する司に、さすがの伊達男もタジタジで謝罪していたが、それでももし相手が悪びれない態度で、なおもつくしに迫ろうという風情でも見せていたのなら手が出てもおかしくはないといった雰囲気だったのだ。
 司の妻とはいえ、ほとんど屋敷に押し込められるようにして存在自体を半ば隠され、限られた機会にしか司と外で一緒にいることがなかったし、プライベートで出かける時も常にSPが追従し、ほとんど司に張り付かれている状態なので、そうして彼以外の男性と接触する機会自体がないことから、そうした場面は度々あることではない。
 けれど、思い起こしてみれば、その片手で数える機会のたび、こうした司を見た覚えがある。

 しかも、ただ不機嫌になるだけではなく―――。
 …まさか、だよね?
 「あの……」
 「他の男なんか見てんじゃねぇよ」
 「…………」
 やっぱりと、笑い飛ばしたり気安く苦情を言うには、まだ不機嫌さを収めきれていない司の眼光は鋭く、表情は氷のようにあまりにも冷たかった。
 あきらかに怒りを孕んだ声音の昏さに怯んで、つくしは息を飲み、言い訳する言葉さえ失ってしまう。
 怖じけて、片手を掴まれていた方の腕に回したまま、縮こまって一歩司か後退った彼女の様子に、司にも彼女の今感じている怯えが伝わったのか、今度こそハッキリと顔を歪めて再び彼女から視線を反らし、チッと舌打ちした。
 そして、何度も深呼吸を繰り返して、それでもなんとか怒りを逃すことに成功したらしい。
 わずかに口調を緩めた司が、チラリとつくしを振り返ってボソリと呟いた。
 「俺以外の男のことなんか見るなよ」
 今度の声音は、どこか拗ねたようなものだっただけで、先程までの陰惨な怒りの放射はかなり控えられていた。
 司の顔を見つめたまま、固まってしまっていたつくしも、それでなんとか気を取り直すことができて、ハ―――ッと大きく息を吐き出す。
 …怖かった。
 正直な気持ち。
 けれど、悪さが見つかった子供のように気まずげに、チラチラと自分を見ている司の様子を見てしまっては、そんな恐ろしさも半減してしまう。
 まだ、さきほど感じた恐怖と拒絶感を完全に拭い去ることはできていなかったけれど。 それでも―――、
 …迫力がありすぎるってだけで、いくら怒ったって、司が私にひどいことをしたりするはずがないもの。
 無意識の信頼がある。
 ―――本当に?
 なのに、心の奥底から、またも真逆の問いが湧き上がって、ドキリと心臓が音を立てた。
 なぜ、こうして彼を疑う気持ちを未だに克服することができないのか。
 …司にひどいことされたりしたことなんてないのに。
 「おい?」
 いつまでも黙ったまま、うんともすんとも言わなかったからだろう。
 先ほどまでのつくしを怖じけさせるような剣呑さは含まれていなかったが、唇を尖らせた司に、再び不機嫌にジト目で睨まれてしまう。
 その顔が本当に子供のようで―――、
 「ぷっ」
 「……あ?」
 今度こそ強張っていた体と心が解放される。
 けれど、
 「司に掴まれて引きずられた腕が痛い」
 「あ……」 
 苦情はしっかりと言わねば気がすまない。
 「それに、他の男の人を見るなって、そんなことで怒られても、ただボンヤリ見てただけでしょ?」 
 「……ジッと見てたじゃねぇかよ」
 「ん、まあ、日本人の観光客なんだなぁ、ってなんとなく見てたけど」
 ほとんど景色や無生物を見るのと感覚的には違いがない。
 それを咎められるても困ってしまうだけで、つくしにしたらなぜそれくらいのことで怒られてしまうのかわからないし、言い訳のしようもない話だ。
 ―――たとえそれが司のヤキモチからだとしても。
 「ボンヤリとだろうが、なんとなくだろうが、俺以外の男をお前が見てるとめちゃくちゃムカつくんだよ」
 「……え~」
 「たしか前にも言ったことあったろ?同じ空気吸わせてるだけでも、ホントは許せねぇくらいだって」
 「だって…、だって、それって……無理な話だよ」
 言っただろ?と言われれば、言われた気もする。
 …でも、普通本気だと思わないよね。
 だが、司の顔や、彼のこれまでとった言動を思い起こせば一概に冗談だと流せない。
 それこそ子供じみた言い分に呆れてしまうが、彼の本気が十分に伺えた。。
 どうやら彼が並々ならぬヤキモチ焼きで、ある意味異常なくらいな独占欲の持ち主であることは、つくしもだいぶわかってきているつもりではあったのだが。
 …同じ空気を吸うなとか言われても、そんなの不可能なことだよね?
 「さすがにそこまでの無茶は言わねぇけどよ」
 「……よろしくお願いします」
 妙に神妙な顔で頼むつくしに、司もさすがにおかしかったらしい。
 苦笑して、自分が掴んで痛めてしまった彼女の腕をとり、優しく撫で、
 「乱暴しちまったのは悪かったよ。でも、さっきの話はマジだから。以前お前にそう言った時より、今の俺はもっとお前に惚れ込んじまってる。たとえお前にその気はなくても、お前にちょっかいかけるヤツは、どんなことをしてでも排除するし、……もし俺からお前を奪おうとする男がいたら、俺はたぶんそいつを殺すぜ?」




web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて1015】へ
  • 【愛してる、そばにいて1017】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて1015】へ
  • 【愛してる、そばにいて1017】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク