FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第10章 贖う④

愛してる、そばにいて0987

 ←愛してる、そばにいて0986 →愛してる、そばにいて0988
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「……いや」
 彼が毎日忙しくて、暇もなく、ストレスを抱えていても当たり前のことなのだ。
 それが財閥を担うものの定めであり、そうしたことをわざわざ指摘して気の毒がる人間はこれまで司の周囲にはいたことがなかった。
 過程が重要なのではなく結果がすべてで、その結果を出せなければ仕方がない、途中どれだけ努力しようが、激務に疲労やストレスを抱えようが誰も心配する人間などいない。 
 それなのに、なのだ。
 「ね、ハーブティ飲む?」
 「は?」 
 唐突な提案に、虚を突かれて目を瞬かせる。
 「タバコやお酒はさ、やっぱり体に良くないし。でも、辞めてっていうのは、今の状況の司には酷なことだよね。だから、そうは言わないし、言いたくない。だけど、やっぱり体が心配だから、できるだけ違うことでそういうのが軽減できればな、って思うんだけど」
 つくしに心配されることが心地いい。
 彼の体や心を心配して、気遣う人間なんて、これまで周囲にほとんどいなかった。
 心配する人間はまったくいなかったわけではなかったけれど、だが、心配したからといってどうだとあれこれ思い悩んでくれたり、彼に忠告してくれる人間などいなかったのだ。
 「前に言ったよね?メアリがハーブティとかそういう民間療法みたいなのに詳しくて、あたしも教えてもらってるって」
 そんなことを聞いた気もする。
 が、彼女の話す声や調子が好きなのであって、けっこう雑談そのものは憶えていないことも少なくなかった。
 「ハーブティにはね、よく眠れたり、ストレスを軽減する効能があるの。…あ!そうだ、マッサージとか、そういうのしようか?」
 「マッサージ?」
 また意外なセリフが出てきたものだ。
 …なんか、一生懸命にあれこれ話してるけど、こうしてるとなんかの小動物みたいだな。
 何が嬉しいのか、キラキラした期待しような目で自分を見上げてくるつくしが可愛い。
 欲望とはまた別のところで感じる愛しさや、可愛いと思う気持ち。
 初めて感じる感情は、司にとって新鮮で……温かい。
 司が見つめるだけで、是とも否とも答えなかったからだろう。
 「試しにやってあげるね!」
 業を煮やしたつくしがいきなり立ち上がって、ソファの後ろへと回り込もうとするのに手を伸ばして、その場に引き止める。
 「待てよ」
 「え?ダメ?ヤだ?なんとなくだけど、あたしけっこう上手い気がするよ?」
 司に手首を掴ませたまま、そんな明後日なことを言い募る彼女の物言いがおかしくて、小さく笑って再びソファへと引き戻して座らせる。
 「別にヤなわけじゃないけど」
 「えっと、それともハーブティ淹れてくる?」
 「……ん」
 何をどうして欲しいといわけではなかった。
 けれど、ただ…今は、彼女に自分の隣にいて欲しい。
 彼女の温もりを感じて、彼女の優しさに甘えて、彼女が自分の傍にいてくれる喜びに浸っていたかった。
 …そんなこと、とても言えるもんじゃねぇけど。
 「え…っ、ちょ、つ、司っ?」
 驚いて戸惑っている彼女を無視して、ソファに横倒しに寝転がって、彼女の膝へと顔を伏せる。
 「……このままちょっとだけ」




*****



 …司って膝枕好きだなぁ。
 それに意外に甘えたがりだ。
 極めて男性的な外見で、言動も荒々しいのに、妙に寂しがりやな子供のような一面があることにも、近頃の彼女は気がついてきた。
 それが誰にでも見せる一面ではなく、どうも自分にだけ見せてくれていることなのだということも。
 ―――絆される。
 恋とか、愛とか、結婚していてもいまだによくわからない彼女だったけれど、けれど、こうして自分の膝に懐いて安らいだ顔をしている司を見て感じる感情こそを愛しさなのではないかと思い始めてもいた。
 だから、これまで言えないでいたのだ。
 もう、ここにいたくはないのだと。
 彼と別れることになっても、日本に帰りたい。
 たとえ過去の自分を取り戻すことができず、彼以外に誰一人この世に彼女のことを気にかけてくれる人がいないのだとしても、自由が欲しいとは。
 意外に柔らかな感触の、まだ少し湿っている司の髪をサラリと手で梳く。
 …凄く手触りがいいんだぁ。
 何もかも、髪の一筋までもが美しい人。
 彼女がたった一人で、タバコを吸う司を見るのは初めてではなかった。
 ニューヨークにある司と彼女の夫婦の部屋には、灰皿がない。
 タバコが好きではない彼女を慮て、部屋では吸わないという意思表示なのだろう、司は灰皿を置かなかった。
 つくしとしては、目の前でチェーンスモークでもされないかぎりは、そこまでうるさく忌避するつもりはなかったのだけれど。
 だが、そんな司でも吸わずにいられない時があったのだろう。
 やはりこんなふうにふと目が覚めた時、隣に司の気配がなくてベッドからさ迷いでた。
 今夜のように酒のグラスを片手にタバコを吸っていた司は、ドアの隙間から書斎を覗いている彼女に気がつかず、そのわずかに酒の残ったグラスを灰皿代はりに、ぼんやりとタバコを吸っていた。
 司の秀麗な横顔には疲労が色濃く、元々よけな脂肪などない体は痩せて、少年ぽさを残していた頬も肉が削げシャープになり、彼の労苦が忍ばれ、自分だけが大変なのでも辛いわけでもないことに気がつかされたのだ。 
 いや、守られた屋敷でのうのうと暮らしているだけの彼女よりも、遥かに多くの苦痛を堪え、必死で耐えていたに違いない。
 仕事、大学、そして、それ以外の学習にと、毎日青色吐息に頑張っているというのに、司には逃げ場がないのだ。 
 さらには、妻であるはずのつくしさえも、彼を支えるどころか、彼の足でまといになるばかりで、あまつさえ彼を愛していたことさえ忘れた冷たい恋人。
 そんな女を司は大切にして、慈しんでくれているのに、彼には家庭的な癒しさえもない。
 …司だって、まだ18才の少年にすぎないのに。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0986】へ
  • 【愛してる、そばにいて0988】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0986】へ
  • 【愛してる、そばにいて0988】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク