FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第10章 贖う④

愛してる、そばにいて0984

 ←愛してる、そばにいて0983 →愛してる、そばにいて0985
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 昼間も一人きりで外出する気持ちにはとてもなれず、SPに迷惑をかけるのもどうかと結局今日も丸一日ホテルの部屋に閉じこもって、どこへも出かけていない。
 司は当然、この地に訪れて、時差ボケも感じさせず当日から精力的に駆け回っている。
 もっともこっちに出張するそうとう以前から、分刻みで過酷なスケジュールを組まれ、こなさなければならないたくさんの案件を抱えてやってきているから、呑気に一休みしている間もなかったのだろうけれど。
 「……メアリ、とてもじゃないけど、ハネムーンって雰囲気じゃないよ」
 もちろんわかっていたことだし、望んでいたわけではなかったが、それでも多少なりとも期待がなかったとは言えない。
 「どうせ、何の役にもたってないわけだっし、……次回からは誘われてもやっぱり遠慮しよ」
 身勝手な話かもしれなかったが、こうして一人ホテルの部屋に放置されているくらいなら、気のおけないメイドのメアリもいるニューヨークの屋敷に残っている方がずっと良かったと言うのはさすがに司には申し訳無さ過ぎる話だ。
 …家庭教師の先生の授業も休んできちゃってるし。
 今の彼女はメアリの登場で、だいぶ孤独感も薄れ、それほど司に依存する必要性がなくなっている。
 それにたぶん司的にも、あれで意外に気にしいな性格をしているようなので、つくしを一人で放置していることを気に病んでいるのではないだろうか。
 屋敷での生活同様、こちらに来た初日以外、司とは起きている時には顔を合わせていないからわからないが、そんな気がしていた。
 「……うーん、それはそれで申し訳ないから、あたしは一人でも楽しめてますよ、って、どっか近場で観光でもしてた方がいいのかな」
 もちろん、一人とは言っても完全な一人ではなく、あくまでもSPが随従するのが基本だし、つくし的にも初めての土地だ、その方が安心でもある。
 しかし、彼らはあくまでも職務としてついてきてくれるだけで、観光の相棒としてはほとんど壁と同じようなものだ。
 …一人で知らないところをウロついても全然楽しくないんだよなぁ。……でも、かといって、ベラベラ話しかけたりしたら、それはそれで迷惑だろうし。
 彼らがつくしについて歩くのは、彼女の観光につきあったり、気晴らしさせる為ではなく彼女を護衛するためなのだ。
 以前のように、彼らが冷たいと気に病むことはなくなっていた。
 やはり、病んでいる時にはどこまでも後ろ向きになってしまうのか。
 たった一人、気持ちを組んでくれる心の支えとなる人物ができただけで、つくしの視野は格段に広がっていた。
 たしかに家政婦長のアン・ジャクソンは、楓に近い人物だけにつくしへの嫌悪を抑えきれないようではあったし、その彼女の意向を強く反映しているメイドたちの大半も同様ではあったけれど。
 しかし、家令のマックスはそうでもなく、どちらかといえば中立だった。
 また、一部のメイドたちのように自分を無視していると気に病んでいた老庭師のジョアンが実は耳に障害を持っていて、普通に呼びかけただけでは意思疎通を図ることが難しいことを教えてくれたのは、例によってメアリだ。
 …そういえば、お義母さんも呼びかける前にカスタネットを鳴らして、自分の方へ注意を向けてくれるようにしてたものね。
 ただジョアンは、読心術も会得しているそうで呼びかけられているのさえわかれば、それほど意思疎通は難しい相手ではなく、それだけに耳が悪いことに気が付けなかったのだ。
 ジョアン老人は愛想がいいほどではなかったが、ぞんがい気のいい人物で、尋ねればつくしにも親切にあれこれ庭木や薔薇のことなど懇切丁寧に説明してくれる。
 楓はあきらかにつくしを疎んじてはいたが、少なくても使用人たちを使って彼女をいびるような姑息なことをする女性ではないらしい。
 ―――庇ってくれるようなこともなかったが。
 「でも、ホント、タマさんっていう人には感謝だよね」
 メアリを派遣してくれたのだから。
 現在は引退して隠居しているために、道明寺家のどこにもいないが、先代から仕えていた彼女はいまだに全世界に広がる道明寺家の使用人たち二に絶大な影響力を持っていた。 南部の屋敷を統括していたメアリを説得して、ニューヨークへと派遣してくれたのは、その司の育ての親のような存在である老女だったという。
 「……日本に戻れば、タマさんにもお会いできるのかなぁ」
 メアリによると、頑固だが人柄のよい忠義な女性で、自分から職を辞した手前自ら復帰を願いでることができないのだろうが、司なり楓なりが頼めばまだまだ矍鑠としているのでいつでも現場に復帰してくれるのではないかということだった。
 けれど、司はそうしない。
 「家族みたいな人なら、会いたいとか司は思わないのかなぁ」
 はぁ~とため息をつき、窓辺から離れる。
 改めて思うのが自分の存在意義。
 …あたしを妻にしてる意味って、司にとって何だろう。
 誰にとっても必要ではない自分。
 ーーー自分にとっても必要ではない環境。
 …いっそ。
 何度となく口に出そうとして、そんな彼女でも愛しんでくれる司の自分への執着と彼への恩義……そして罪悪感と依存に、これまで口に出すことができなかった言葉が脳裏に思い浮かぶ。
 …いっそ、あたしから離婚を申し出てみようか。
 もしかしたらプライドが高い男だから、意地になってしまっている部分もないとは言えないだろう。
 「司、優しいし…はぁ~」
 観光や買い物に行きたいという気もしなかったが、だからといってこうしていつまでも無意味に時間を使うのもあまりにもったいない話だ。
 さすがに旅行中は家庭教師の授業はお休みだが、それでもサボればサボるだけただでさえ遅れている学習が遅れてしまう。
 せっかく記憶したものや練習したものも、鈍ってしまうものもあるだろう。
 「……どうしよ。ピアノは…まあ、無理にしても、フロア全体を借り切ってるからバイオリンの練習はしてもいいって言ってたよね」
 正直、育ちが育ちだからなのか、あるいは嗜好の問題なのか、音楽を聞くのはそれほど嫌いではなかったが、どうにもクラシックは眠く、楽器を弾く才能はまったくなさそうだ。
 それでも好きならかまわないのだが、どんな学習よりも、上流階級の教養としてのピアノやバイオリンの練習が億劫だった。
 「司はサボってもいいって言ってたけど……」
 そもそも、そんなものを練習する必要がないというのが彼の意見だ。
 司自身、子供時代にピアノの練習を投げ出して以来、取り組んだことはないそうだが、やはり司と嫁のつくしでは立場が違う。
 ましてやただでさえ無教養な娘だと疎まれているのに、努力もしないのでは歩み寄ってもらうことさえできない。
 …この先もずっと何十年も家族としてやっていかなければならないのに。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0983】へ
  • 【愛してる、そばにいて0985】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0983】へ
  • 【愛してる、そばにいて0985】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク