FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第10章 贖う④

愛してる、そばにいて0980

 ←愛してる、そばにいて0979 →愛してる、そばにいて0981
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 ―――来年、3月で英徳学園の高等部を卒業したという資格をあなたに取得させます。 最初その意味がわからなかったが、どうやら楓が言っていたのは、彼女がたとえ実際にはもう英徳学園に通学していなくても、道明寺家の意向で卒業したという資格だけ付与させるつもりであるということだった。
 そして、英徳学園を卒業した後は、どこかの大学なり専門学校等の進学先や、司のように‘会社’に勤めるのではなく、現在と同様必要なことは道明寺家の家庭教師たちによって学び、名目上の大学卒業資格を取得せよと命じられたのだ。
 『どうして、通信大学なんですか?あたしもどこかの大学なり、会社なりを受験して、そちらに………』
 『司の邪魔をするつもりですか?』
 『……っ』
 ただでさえ物見高い世間に、つくしは名前や顔を晒してしまっていた。
 道明寺家の‘シンデレラ・ガール’。
 司は日本ばかりではなく、アメリカでも自分とつくしの格差結婚を雑誌社に記事にさせていた。
 アメリカでの記事は日本での記事よりもだいぶ後発で、つい最近、司が道明寺HDの役員としてビジネスの場や社交界にも乗り出し、すでにつくしと入籍した後のことだったが。
 『精神科を受診したそうね?』
 楓の疎ましげな眼差しに含まれた嫌悪と蔑みに、感情が高ぶってそれこそ楓の言いたいことそのものズバリな症状を晒してしまいそうだった。
 …叫んじゃいそうだった。
 世もなく泣き伏して、まるで子供みたいに『本当はもうこんなところになんかいたくない』と喚き散らしてしまいそうな自分がいた。
 『あなたの今の精神状態が、世間に知られれば、司のひいては道明寺家の醜聞にもなりかねないということをあなたにはわかるかしら?』
 ーーー恥さらし。
 もしかしたら、どこかの街角でいきなり泣き出してしまうかもしれない。
 もしかしたら、通っている学校なり会社の廊下で、いきなり叫びだしてしまうかも?
 そんな危惧が自分でも容易に想像できた。
 楓の危惧はもっともなのだ。
 …あたしなんかを外の世界に出したりできるはずがない。
 あるいは、彼女をまるで籠の鳥のように囲っている司の意図もそうなのかもしれなかった。
 …あたしが恥ずかしいから。
 つくしの異常を誰にも知られないために、だから、司はこんな誰一人知る人がいない見知らぬ外国になど彼女を連れてきたのか。
 …わからない。
 つくしの中の誰かが、司にそんな意図はないのだ、彼は自分を大切にしてくれているだけなのだといい、また別の誰かが彼を信じてはいけないと真逆のことを言う。
 司は現在、道明寺ホールディングスの専務として既に仕事を始めていて、ビジネスを実地で学ぶ傍ら、学生の本業にも精を出し、家に帰れば帰るでびっちりと組まれた学習計画に取り組み、まさに時間がない状態だ。
 それでも、なるべく彼女を一人っきりにはしてしまわないように、出張を除けばどんなに夜遅くにでも帰宅することを勤めていた。
 …もう三日も顔を合わせていないけど。
 いったい何時にかえって来ているのか、何時に出社しているのか、つくしが用意しておいた翌日用のスーツや身支度グッズが消えていて、前日の着衣が残されていなけえればそれにさえ気がつかなかっただろう。
 …でも、もしかしたら、秘書さんか誰かが着替えを取りに来て、脱いだものを置きにきているだけかもしれないけど。
 そんなことも思ってしまう。
 いつも、今日こそはどんなに司の帰りが遅くても待っていようと思っても、気が付けば寝てしまっている。
 …もうあのイヤな薬は飲んでいないのに。
 だが、つくし自身も楓から課せられた、語学やマナー、その他道明寺家の嫁としての必要最低限の学習に一日の大半を忙殺され、相当な疲労とストレスを抱えていた。
 とてもではないが、司の妻として彼を労わり、彼の身の回りの世話をしたり、朝晩の送迎などできるはずもない。
 …こんなんで、奥さんって言えるのかな。
 道明寺家の嫁としても至らぬ嫁で、さらには司個人の嫁としても彼をサポートして挙げられているとは言い難い。
 むしろ、
 …足でまといだ。 
 つくしがいない方がよほど彼にとっても有益なことなのではないだろうか。
 そして、また堂々巡りの思考を繰り返してしまう。
 …日本に帰りたい。
 否、ここではないどこかへ。
 彼女が本当に必要とされる、……彼女が彼女として生きることができる居場所へ。
 ポロリと涙が頬を伝った。
 こんなふうに、泣くつもりもないのに気が付けば涙が溢れてしまっている。
 トントン―――。
 ノックの音に、気持ちを立て直す。
 そろそろ、次の家庭教師が訪れる時間帯のはずだ。
 「は、はい、どうぞ」
 ガチャリとドアが開く。
 ‘Ma'am!(※若奥様)社交術の授業のミズーリ先生がいらっしゃってますよ!’
 「はい?」
 …誰?




*****




 つくしが司と顔を合わせて、話をすることができたのは、実に1週間ぶりのことだった。
 「お帰りなさい」
 「ただいま」
 ドアを開けて入ってきた司の美貌のあまりの眩しさに、見惚れてしまう。
 けれど、免疫切れの居た堪れなさに視線を反らしてしまったのを、大きな両手に頬を抑えられ、チュッと頬にキスを落とされる。
 「つ、司」
 「お前は、お帰りのチュウはしてくれねぇの?」 




web拍手 by FC2


関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0979】へ
  • 【愛してる、そばにいて0981】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0979】へ
  • 【愛してる、そばにいて0981】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク