FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第10章 贖う④

愛してる、そばにいて0979

 ←愛してる、そばにいて0978 →愛してる、そばにいて0980
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 『そう……、ダメだったの』
 片手に持った書類にざっと目を通し、一つ片付ければまた一つ、山になっている書類を片付けてゆく。
 もう片方の手に持った携帯電話の向こう側、司以上に陰鬱になってしまっている姉の声音に苦笑する。
 同じ血の姉弟だというのに、どうしてこの姉と自分とではこんなにも違うのかと。
 『……なによ、あんた?笑ってない?』
 「笑ってなんかねぇよ」
 『そう?今までやりなれなかった努力なんかしてるから、とうとうストレスとかそういうので頭がイっちゃったのかと思ったじゃない?』
 辛辣なのは血筋か。
 先程も、素晴らしく冴えた皮肉で、彼をコテンパンにこき下ろしてくれた母親の毒舌を思い出す。
 もっとも、姉の場合は親愛の情を含んだ温かな毒舌で、母親の方はどこまでも温度のないものだったが。
 いい加減感じる疲労にうんざりと息を吐き出し、重厚な執務椅子ではなくテーブルに行儀悪く腰掛け、火をつけたまま灰皿に置きっぱなしにしてあったタバコに手を伸ばす。
 なるべく肺には吸い込まないように口先だけで煙を吸って、丸く唇を窄めて煙を舌先で押し出し、まるでどこかの芸人がやる一芸のようにいくつものドーナツを作り出す。
 …ふっ、つくしに見せてやったら、喜ぶかもな。
 司からしてみれば、些細なことで喜んで、子供のように楽しむことが出来る女だったから。
 そうしたことも、彼女が記憶を失い、ずっと彼女が身近な存在になってから知った性質だった。
 「ま、時々、叫び出したくなるくれぇイライラするのはしょっちゅうだけど、呑気にイッちまってる暇なんかねぇな」
 『へぇ?……暴れてないの?』
 「あ~あんまねぇかも」
 言われてみれば、以前のように物や人に当たることは少なくなったように思う。
 もちろん、まったくないわけではなかったし、イラつけば西田や母親を相手に怒鳴り散らすことは相変わらずだったが。
 どんなに気持ちが落ち込んでいても、ムカついていても、つくしに会えればそれで良かった。
 不満は消えた。
 …俺が守ってやんなきゃなんねぇ。
 それこそが彼が望んだ位置、役割。
 『まあ、私も受診したことがあるわけじゃないから、人伝だけど、やっぱりどうしても精神科は薬物処方が中心の治療になるって言うしね。中々改善も難しければ、けっこう薬の副作用もあるみたいだし』 
 「……だな」
 鎮痛剤や抗生剤のように胃を荒らす類の薬ではないらしかったが、吐き気やその他の副作用も強く、その割には欝症状にまったく改善が見られないばかりか、司の目に逆に症状が悪化してしまった。
 …医者はすぐには効果が出ないとは初めから言ってはいたが。
 基本我慢強いつくしだったが、‘薬を服用しなければならないほどに精神的に病んでいる自分’という方にかえってヤられてしまったのだろう。
 他にも何人か高名な精神科医をあたってはみたが、やはり治療方針はそれほど大きくは違わず、下手にあちらこちらの病院を受診させて、社交界でつくしの精神的不安定を流布させるわけにもいかず、結局、精神科医による治療は現在頓挫してしまっていた。
 「とりあえず効果はあるんだかないんだかわかんねぇけど、今、良さげなカウンセラーにアタリをつけるところ」
 しかし、実際には相性というものもあり、つくし自身が乗り気ではなければ、そちらも成功しない可能性が高い。
 当然、道明寺家の依頼だ。
 誰も彼もが挙って立候補することこそあれ、拒否できるものなどいはしないが、しかし、さまざまな事情も抱え口外されたくないこともある。
 それに、つくしの記憶喪失のこともあった。
 あるカウンセラーが言っていた。
 ―――奥様の記憶喪失は、ある意味、ご自身の心を守るための精神防御の一つなのでしょう。だとすれば、カウンセリングによってその抑圧を解放することで、かえって奥様の精神を崩壊させてしまう可能性があります。
 どちらにせよ、つくし自身が望まなければ、治療そのものがかえって彼女の病を悪化させることになりかねないのだ。




*****




 時々、無性にどこかへ行ってしまいたくなる時がある。
 以前、まだ司と籍を入れていなかった頃、ニューヨークに連れて来られ世話になっていた屋敷を飛び出した時のように。
 何のアテもなくてもいい。
 どうなってもいいから、どこかへ行ってしまいたい、消えてしまいたいと。
 …あたし、やっぱりどこか変だよね。
 そう自覚して、ため息を飲み込む。
 いい加減ため息ばかりをつくのも、つくし自身飽いていた。
 「……頑張らないと」
 今朝方、呼び出しを受けて、初めて訪問した楓の書斎で渡された書類の入った封筒を眺める。
 中は先ほど一読したから、だいたい中身は頭に入っていた。
 つくし自身の英徳高校時代の成績表と、ここ数ヶ月の家庭教師から受けたテストの結果を提示され、
 ―――曲りなりにとも道明寺家の嫁が、高卒であるなど許されることではありません。
 そう前置きされた上で、今手にしている封筒の資料を手渡された。 
 …通信制の大学かぁ。
 司は今年の9月から、ニューヨークの地元コロンビア大学の大学生になっていた。
 つくしもまた、司と同じ大学……とまでは言わないが、日本にいた時のように、どこかの学校に通うなり、仕事をすることを望んでいたのだが。
 司はともかくとして、楓からダメだしをされてしまった。
 いや、司も彼女の体調や精神状態を鑑みて、すぐの大学入学は無理なのではないかとは言っていたのだが。
 それでも、頑張っていればいずれ大学にも入れる。
 もっと自分らしく、自分自身に自信を持って生きられる場所を得られると思っていたのに。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0978】へ
  • 【愛してる、そばにいて0980】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0978】へ
  • 【愛してる、そばにいて0980】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク