FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第10章 贖う③

愛してる、そばにいて0965

 ←愛してる、そばにいて0964 →愛してる、そばにいて0966
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「そういえば、お前、体調とかってどうなの?」
 司もパソコンで時間を潰すよりもつくしとたわいないお喋りに興じる方を選んでくれたらしい。
 片手間ではなく、つくしの話を聞く体勢で、いつ眠くなってもいいようにと再びつくしを背中側から抱きしめてのお喋りだ。
 やはり密着しているとどうしてもカラダが反応してしまうのは男の生理としては仕方がないことらしく、司もあえてそれを隠さなかった。
 つくしにしても、もうそれをあまり怖いとは思わない。
 …大丈夫、司はあたしと赤ちゃんのことをちゃんと気にしてくれている。
 カラダの反応と気持ちは全く別なのだと、抱きしめるだけでセクシャルな動きをしようとはしない手や、欲望を含まない柔らかく小さなクスクス声がそれをつくしにも伝えてくれていた。
 「…体調?」
 「ああ。胃の調子が悪いとは言ってたけど、今回はあんまりゲェゲェ吐いたりはしてねぇんだろ?」
 「ああ、それはね」
 司が聞いているのは悪阻のことだろうと、経験がない…過去の経験を憶えていないつくしにも見当がついた。
 「食欲がないみたいだし、………って、おい、お前けっこうバクバク食ってねぇか?」
 「……ん~、そうかも?」
 とはいえ、食欲がないのは本当だ。
 ただし、思い起こしてみればそれにもムラがあって、食べられるものと食べられないものがあったり―――以前の好き嫌いに関わらず、食べられる時にはわりに食べらられるのだが、食べたくないと思っている時にはそれこそほとんど喉に通らないことさえある。
 …でも、どちらかというとなんとなくそれって悪阻のせいっていうより。
 精神的なものなのではないかという自覚があった。
 しかし、あえて聞かれるということは、
 「えっと、前の時って、ひどかったのかな。…その悪阻とか?」
 「…………まあな」
 重い口調。
 「司?」
 「……………」
 言葉の続きを待っているというのに、なぜか黙り込まれてしまう。
 さすがに寝てしまったのかと、つくしが思い出した頃―――、
 「お前、たまに魘されてるよな?」
 いきなりの話題変換だ。
 しかし、寝入っている時のことはむしろ本人にはわからない。
 「えっと、魘されてる?」
 「自覚ねぇの?」
 「う~ん」
 今日はたまたま起こされたから、そうなんだ、という認識があったが、夢の大半がそうであるように目覚めた時にはなんとなく憶えている内容も、しばらく経てば日常の雑事に紛れてしまう程度のもので、ましてや、そうやって起こされでもしないかぎりつくしには自分が魘されている自覚がなかった。
 「寝言とか言ってる?」
 「……いや。さっきも魘されてたけど、内容とか全然憶えてないわけ?」
 「あ~、うん」
 なんとなくイヤな夢だった、その程度。
 おそらく司に聞かれなければ、明日の朝にはそんな夢を見たことさえ気にしなかっただろう瑣末な出来事だ。
 「えっと、煩いかな?」
 「あ?」
 「あたしが魘されてるせいで、いままでも司の目を覚ましちゃったことがあったわけでしょ?」
 「……それはいいけど」
 どうも司の歯切れが悪い。
 「それはいいけど、内容は憶えていないにしろ、夢のことも含めて、それ専門の医者にキチンと通った方がいいのかもな」




*****




 「司は今頃、シアトルかぁ」
 グーンと伸び上がって、片手で日差しを遮り、遥か上空…鈍い空色の向こうに長く伸びる飛行機雲を仰ぎ見る。
 「ふわわわ、ねむ。いっぱい寝たのになぁ。ここのところやたらと眠いんだよね」
 一人ボヤく。
 司のいるシアトルとニューヨークは時差3時間くらいか。
 今日はどこそこの会社の記念式典パーティに出席するから早めに仕事を上がって、ホテルに戻らなければならないから仕事に出勤するのも早めになると電話で言っていたから、もうそろそろその出勤の準備に取り掛かっている頃合だろうか。
 とはいっても女の身支度とは違って、それほど時間が必要なわけではないから、仕事に出かけるギリギリまで、9月からの大学生活に備えての学習に励んでいるのかもしれない。
 …司も大変だなぁ。
 現在、司は一週間の出張中で、その半ば。
 ほとんど毎日電話なり、メールがつくしの下へと送られて来ていたから、彼の状況はほぼリアルタイムでつくしにも伝わっていた。
 おそらく司ほど多忙な18歳は世界中のどこにもそういないに違いない。
 まだ大学生にもならない身で(日本でなら大学生だそうだが)、家業にも片足を突っ込み、その傍ら大学やビジネスの勉強もしているのだ。
 この半年で司の英語力は飛躍的にあがり、ほとんど日常会話に困らない。
 それがどれだけの努力の賜物かつくしにも想像に難くないが、それだけではまだまだだそうで、司の一日の時間はおそらく他人の二倍あったとしてもとても足らないくらいだろう。
 …毎日、夜遅くまで頑張って、朝も早いものね。
 司が伯父の屋敷から実家の本宅に戻って以来、丸一日オフだった日はいまだなかった。
 「……今日は午前はテーブルマナーの先生と英語の先生、あと」
 ひいふうと自分の予定を数える。
 以前に比べれば格段の勉強量だが、それでも司にはまだまだ及ばない。
 当たり前と言われればそれまでだが、スタート地点からして他の誰より―――権門の令嬢、奥方たちよりもずっと遅れている自分がこのままでいいのかという思いがある。
 …ただでさえあたしには、司に相応しいものなんて何もないのに。
 またそれだけでなく…、
 …大学の話はどうなるんだろう。
 まだ怖くて司に確かめることができていない。
 しかし、今妊娠二ヶ月だというのなら、来年の新年の頃、赤ん坊が生まれてくることになる。
 そんな状況で呑気に大学に願書を出し、受験勉強になど励めるだろうか。
 …諦めるしか、ないよね。
 理性ではわかっている。
 もちろん今すぐ大学に行かずとも、勉強するつもりなら、現在の環境でもいくらでも高名な家庭教師を呼んでもらい、望むだけのどんな高度な教育も受けることができるのだし、大学は10代、20代でなければ入学できないところでもないのだから、子育てが一段落ついてからあらためて入学することだってできるのだ。
 …そうだよ。
 そう自分を納得させようとするのに、どうしても納得することができない自分がいる。
 それはおそらく…、
 カサッ。
 ハッ。
 薔薇の垣根の向こう側、誰か自分以外の人の気配がする。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0964】へ
  • 【愛してる、そばにいて0966】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0964】へ
  • 【愛してる、そばにいて0966】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク