FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第10章 贖う③

愛してる、そばにいて0948

 ←愛してる、そばにいて0947 →愛してる、そばにいて0949
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「あ…うん」
 ポンポンと脇を叩かれ、隣に座るように指示を受ける。
 けれど、少しだけ逡巡し先に部屋済にあるハンガーポールに司の上着をかけ、司を振り返る。
 「えっと、何か飲み物飲まない?」
 「あ……ああ。じゃ、ビールある?」
 「ビール?」
 「うん」
 珍しい注文に、つくしが首を傾げる。
 アメリカでは州によって事情※がことあるが、それでも概ね21才以上にならないと飲酒ができないが、つくしが首を傾げたのはそんな理由からではなく、司の酒のチョイスが珍しかったからだ。
 「ブランデーとかシャンパンとか、そういうお酒じゃないの?」
 「あ~、ちょっとここのところ疲れてっから、回るかも。……ま、なきゃいいよ」
 「えっと、お部屋には置いてなかったから、厨房の方にないか聞いてみるね?」
 もちろんつくしにしても、部屋の各室にはインターフォンがあって、使用人に頼めば大抵のものは用意してくれるだろうし、急な来客もあるのだからよほどのものでもなければなんでも屋敷内でないものはないだろうことは承知している。
 けれど。
 つくしが頼んでも、通りが悪いことが多い。
 日本語で通じるはずなのだからと話しかけても曖昧に流されたり、わからないふりをされてしまったり。
 カタコトの英語となればなおさらのこと。
 いまや彼女にもわかっている。
 …意地悪されてる?
 主人一家の人間に使用人が悪意ある行動など普通に考えてできるはずもない。
 そこから導き出される答えは…。
 まさかとは思う。
 しかし、司の両親がけっして喜んで彼女を屋敷に……司の妻として迎え入れてくれたわけではないことをいまやつくしもわかっていた。
 たまに早く帰ってきた時くらい少しでも早くつくしに、そばにいて欲しい。 
 酒なんかよりも、彼女に横に座って欲しい司だったのだが、呼び止めようとした時にはすでにつくしは私室を出ていってしまっていた。
 …酒なんて取りに行かねぇでも、誰か呼びつけりゃいいのに。
 つくしだとてそうすることができることくらい承知しているはずなのに、と内心でため息だ。
 思えば、記憶を失う前の彼女も遠慮がちで、使用人にすら気を使ってか、何かを頼むということができず、腹が空いているのに我慢させてしまっていたこともあった。
 …気をつけてやんねぇと。
 姉の忠告が脳裏に蘇った。
 つくしを大切にしてやっている。
 彼的には十分に気をかけてやってるつもりでも、事足りていないことをこうして気がつかされる。
 部屋を出て、そう間を置くこともなくつくしが戻ってきた。
 しかし、その手は手ブラだ。
 司も何気なく彼女を見ただけで別に何を言うつもりもなかった。
 けれど、つくしがバツの悪そうな顔で司に断りを入れる。
 「えっと、ごめん。その……そこでちょうどジャクソンさんに出くわしたから、司がビールを飲みたがってるってお願いしたから、すぐ持ってきてくれると思う」
 「……俺が飲みたがってるから?」
 「うん」
 何気ない一言だったが、なぜかそんな些細な一言が引っかかった。
 「あ、そうだ。もうちょっと待っててね」
 「おい」
 けれど、それがなんなのかカタチになる前につくしが再び断りを入れ、姿を消してしまう。
 今度もそう時間が経つことなくつくしが戻ってきて、しかし、両手に持っているものに遮られてか、四苦八苦してドアを開けようとしているのに、司が立ち上がって部屋へと招き入れてやる。
 「…それ?」
 「えっとね。お夕飯は食べてきたって言ってたから軽いものなんだけどね。ほら、いつも司っておつまみも食べないでお酒だけ飲むじゃない?でも、それだといくら若いからって体に悪いし」
 大ぶりのトレイが重そうで、司がかわってやろうとするが、大丈夫だと断られ、テキパキとコーヒーテーブルの上に配膳されてしまう。
 「大したものはないけど」
 気後れしたように上目遣いで彼を窺ってくるつくしが可愛い。
 …酒やツマミなんかより、お前が食いたい。
 そう言ったらきっと困らせてしまうのだろう。
 ゴクリと唾を飲み込み、熱くなってきそうな体を誤魔化して、ツマミが配膳されたコーヒーテーブルの前のソファに再び腰を下ろす。
 間髪いれないタイミングで、ノックが響いて、応対に出たつくしが2,3言、担当のメイドと言葉を交わしてワゴンを受け取り引いてくる。 
 以前の司は、配膳までは使用人にやらせてはいたが、つくしと暮らすようになってなおいっそう排他的になって、自分がいる時には私室に他人を立ち入らせるのを厭うようになっていた。
 つくしもそれの方が良かった。
 …そんなんじゃいけないって思うけど。
 だが、自分に悪意を持っている、そこまでいかなくても気詰まりな他人をプライベートな空間にまで引き入れたくはない。
 二人だけの箱庭。
 この広大な屋敷にあって、気が付けばいつの間にかそんな風になっていた。
 「凄いいろんな種類があるんだねぇ」
 「…これ、もしかしてお前が作ったのか?」
 ビールの種類に感嘆するつくしの手元をチラリと見ただけで、司の関心は目の前の料理の方に釘づけただった。
 「あ、うん。近くの客間にミニキッチンがついてたから、借りて作ってみたの」
 …料理できるか不安だったけど。
 社会常識や知識と同様、意識せずとも包丁捌きやレシピを思い出すのに戸惑うことはなかった。
 また、厨房を借りるまでひと悶着というべきか、それ相応のやりとりがあったのだが。
 …やりとりっていうか。
 借りたい旨をメイドに聞いてもわからないフリをされてしまったので、さすがにそんなことはしない家政婦長をなんとか探し出して、許可をとって借り受けた。
 慇懃な口調ながら素っ気ない態度や冷たい言葉尻、表面上さにこやかな笑顔を貼り付けたまま、いっさい無駄口をきかず、ほとんど表情を変えない様子から、家政婦長もまたけっしてつくしに好意的ではないことがわかる。
 むしろ彼女の意向こそが使用人たちに反映されているのではなかったか。
 それでも、立場上彼女だけはけっしてつくしの日本語をわからないフリをしなければ、無視をしたりすることもできない。
 逆を言えば、そうした立場の人間以外の使用人たちのつくしへの言動は推して知るべしだ。
 「へぇ、美味いじゃん」
 「ホント!?」
 綺麗な箸使いで鯛の薄肉を掬って口に運んだ司が舌鼓をうち、ニッコリと微笑んでくれる。
 つくしも司の横に座って、何本かのビールを差し出しながら、司がツマミを口に入れるのを見守った。
 美味いものどころか、屋敷内には一流レストランのシェフにも比肩する料理人を雇入れ、毎日そうした食事を口にしてくれる男が、本当に美味そうにそう言ってくれるから。
 …嬉しい。お世辞かもしれないけど。
 「世辞じゃないぜ?」




web拍手 by FC2





アメリカの酒事情…2017年現在、アメリカ50州すべてにおいて、飲酒可能年齢は21歳以上に制定されている。(以前は州によってバラつきあり、このお話の現在時点ではさらに過去に遡る為、どの地点を現在にするかで法律もかわってくるが、とりあえずはバーなどの公共の場での飲酒や、酒の購入は無理ということで。もちろん家庭など、日本と同様高校生がお酒を飲んでいたりのお目こぼしはある。
関連記事
総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0947】へ
  • 【愛してる、そばにいて0949】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0947】へ
  • 【愛してる、そばにいて0949】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク