FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第10章 贖う②

愛してる、そばにいて0944

 ←愛してる、そばにいて0943 →愛してる、そばにいて0945
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「慣れない国を一人で出歩くのは不安かもしれないけど、つくしちゃんにはSPがついてるでしょ?」
 「……あ」
 困って視線を彷徨わせたつくしに、椿が首を傾げる。
 「あら、もしかして外出とか好きじゃない?つくしちゃんはわりにインドアな方なのかしら?」
 



*****




 「え?メイドさんたち…日本語が話せるんですか?」
 「ええ、そうよ。もちろん全員ってわけじゃないけど、ほら、私たちも子供の頃は日本で育ってるじゃない?東翼の家族が住まう区画のスタッフは、基本日本人か日本語を話せる人間ばかりのはずよ?つくしちゃん、もしかして英語で会話してるの?」
 「…あ、いえ」
 椿の言葉に曖昧に首を振る。
 つくしや司付きである傍仕えのメイドたちはたしかに日本語で受け答えをしていたが、司が彼らと雑談するような人間ではないだけに、それこそ最低限、「はい」、「いいえ」、「かしこまりました」くらいなものだ。
 しかし考えてみれば、聞き取りができて話せないということもないだろうし、司は相手がわかりやすいように気を使うような男ではない。
 ぞんざいな彼の指示を忠実に果たすことができるのだから、かなり日本語が堪能だと考えて当然だっただろう。
 見たからに白人や黒人はそういなかったし、わりに日本人そのものの見かけの者ばかりだったから日系人だとは思っていたが、それでもつくしの声掛けに対しての言葉少ない応答の様子から、それほど日本語に堪能……母国語としている人間だとまでは思わなかったのだ。
 …ジョーンズさんって、たしか名前はエリカさんだったよね?
 傍仕えのメイドの一人の名前だ。
 ‘エリカ’という名前の日本人はたしかにいるだろうが、現地の人間と結婚しているのか、苗字は日本人のものではない。
 他のメイドたちにしても同じようなもので、金髪碧眼のアキ・タカシマなど、どう見ても名前以外に日本人であることを連想するものはなかった。
 司の伯父の屋敷に逗留している折は、やはりつくしもどこかマトモではなかったのだろう。
 誰かと会話しよう、接触しようという気持ちが皆無で、メイドたちに話しかけることすら億劫だった。
 …なんか、怖かったし。
 自分とは違う人種だからとか、言葉が通じないからとかそういう意味合いではなく、ただ他人が怖くて…何もかも、司さえもが怖かった。
 いまでもそうした気持ちがまるでなくなったとはいえなかったが、その頃のようなどこか夢の中にいるような足場の定まらない‘恐ろしさ’はだいぶ改善されているように思う。
 それとともに、少しづつだがつくしも、今現在の自分の現状を少しでも良いものに…幸せだ、楽しいと感じられるように努力しようという意欲が生まれ出していた。
 …まだ、全然馴染めないし、落ち着かないけど。
 すでに司とも入籍してしまっている。
 彼を愛せているとは未だ言えなかったが、それでも自分はもう彼の妻と呼ばれる立場の人間になってしまったのだ。
 …あたしがいつまでもウジウジとして、自分でもどうしようもないことに鬱々としてるんじゃ、こんなあたしでも大切にして愛してくれる司にだって申し訳ないものね。
 しかし、そうした事とは別に、自分に対するメイドたちの態度や言動に、嫌な気分がもやもやと胸に湧いてくる。
 …もしかして。
 そうなのではないかと思ったこともないわけではない。
 意を決して、たわいない話を振っても、曖昧な笑みでロクな返事を返してくれないメイドたち。
 あるいは、まったく彼女が何を言っているのかわからないと言った顔で首を傾げ、同僚と意味深な視線を交わしたり、彼女の姿が見えなくなるとみるやドッと上がる笑い声の意味。
 …友達じゃないんだもん。
 何度となく自分に言い聞かせた言葉。
 彼女たちは立場上、つくしをあからさまに嫌うことなどできないだろうが、それでも彼女たちの仕事はつくしの機嫌をとることではない。
 きっちりと仕事をこなす彼女たちに、声をかけ仕事を邪魔をする権利などつくしにはないのだ。
 …嫌がらせなんかじゃない。
 必死で自分に言い聞かせる。
 第一、嫌がらせされる身に覚えもないのに、意味もなく他人が自分に悪意を持つなどということがあるだろうか?
 …でも、初めてじゃない。
 ふいに湧き上がった昏い声にドキッと胸が鳴る。
 「つくしちゃん?」
 「あ、ごめんなさい。えっと、なんの話でしたっけ?」
 「司とどうやって知り合ったのかな、って」
 「え?」
 意外な質問に、つくしが目を瞬かせる。 
 「総二郎とあきらの話だと…あっと、あの子達のことはつくしちゃんも知ってるのよね?」 
 「えっと……」
 誰だったか。
 聞いたような気もしたが、まるで聞き覚えのない名前に眉根を潜め、自分の記憶を探るつくしに、椿も察してくれたようた。
 「司の幼馴染みの親友たちなんだけど、その子達は私にとっても弟のようなものなのね」
 「あ、はい」
 …司の親友。
 もしかしたらつくしも会ったことがあったかもしれなかったが、彼女には現在過去の記憶がない。
 それどころか、
 …家族のことも。
 つくしの中ですでに‘家族’というものは実体のない憧れのような存在に成り果てていた。
 実のところ、流産の前後どころか、つくしの記憶はニューヨークに来た時のこともすでにかなり曖昧になっていて、司から後からまた聞いた話によると、流産直後、つくしの家族も会いに来てくれたらしいが、その時のことをまったく憶えていない。
 彼女が覚えている一番古い記憶は、ニューヨークの空港に降り立った時に見た、見事なニューヨークシティの夜景、そこからだった。
 気がついたら、隣には司がいた。
 そして、いつも。
 「あの子達からは、あなたが英徳でのあの子達の後輩で、司がずいぶんあなたに惚れ込んじゃったらしいってことは聞いたんだけど、どうしてだか珍しくイヤに口が重くてね。詳しいことは司に聞いてくれの一点張りで、いくら脅してもロクな情報寄越さないのよ」 「はは…」
 なにやら貴婦人に似合わぬ物騒な物言いがあったように思ったのは、つくしの気のせいか。
 …ていうか、このお姉さんも綺麗な人だけど、たいがい普通のお嬢様のイメージとは違うような。
 かといって、お嬢様という人種がどういったものなのかは、つくしにもしかとは答えようがないのだが、なんとなくこの目の前の女性のような人は規格外なのだという気はしていた。
 「でも、ホント、あなたとのことは本当に驚いたわ」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0943】へ
  • 【愛してる、そばにいて0945】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0943】へ
  • 【愛してる、そばにいて0945】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク