FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第9章 闇に下る太陽③

愛してる、そばにいて0873

 ←愛してる、そばにいて0872 →愛してる、そばにいて0874
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「ふ~ん、なんていうか、イメージ違っちゃったな」
 能天気そうだった笑顔を引っ込め、滋が小さく首を傾げ、先ほどとは違った顔でつくしの顔をジッと見る。
 だが、つくしが居た堪れなさを感じ出す前に、すっと視線を反らせて、再び明るくクスッと笑って、メニュー表を広げ出す。
 「ねね、あなた、夕食まだでしょ?」
 「ええ、まあ」
 何を言い出すのかと思えば、‘夕食’。
 いきなりの話題のすっ飛ばしに戸惑わされてしまう。
 「私もまだなの。この後、どこか別のレストランに移動してもいいけど、さっきショーウィンドウーに並んでたレプリカもけっこう美味しそうだったしさ。なにかここで食べない?」
 「え?…ああ、いえ」
 「なに、ダイエット中?」
 「そういうわけじゃありませんけど」
 いきなりほとんど知らない人間…しかも、前夫の現在の妻とかいう、とんでもなく複雑な相手と呑気に食事をしたい気分でもない。
 が、
 「じゃ、食べよ?私は、これ!牡蠣グラタンと、ミックスサンドと…コンビサラダかなぁ。あなたは?」
 「……………」
 遠まわしに断ったつもりだが、どうやら相手には通じなかったらしい。
 まだ本題にも入っていない。
 「あの、道明寺さん?」
 「ん~、なんかそれややこしくない?」
 「はい?」
 「妙って言うかさ?」
 目を皿のようにしてというべきか、まるっきり財閥夫人に相応しくない仕草で、メニュー表に張り付いていた滋が顔だけを上げた。
 つくしの方が戸惑って、目を瞬かせる。
 「道明寺さん?」
 「それよ、それ!‘道明寺’さん。ほら、私も道明寺だけど、あなたも以前はそうだったわけでしょ?」
 「まあ、それは」
 司の前妻だったのだから、当然の話だ。
 「滋でいいよ」
 「ええ?」
 「あなたのことは~、えっと、名前なんだっけ?」
 「……つくしです」
 なんだか妙なことになってはいまいか?
 軽く悩みつつ、聞かれたことには答える。
 「つくしさんかぁ。さんづけもなんか、他人行儀だなぁ」 
 …いや、他人ですし。
 しかも、和気藹々と名前で呼び合うような仲かという疑問も大いにある。
 「よし、私はつくしって呼ぶね?!この歳で、つくしちゃんも変だしさ?」
 「……いや」
 「ダメ?」
 悲しそうな顔で聞かれ、気が付けば首を横に振っていた。
 同意ではないとは思うが、さりとて無碍に拒絶することもできず。
 しかし、やはり滋はどこまでもポジティブ思考な人間のようで、それを肯定ととってパチンと手を叩き歓声を上げる。
 「やった!じゃ、今日からつくし、滋、で。でさ、私実は今、この牡蠣グラタンとキーマカレーで悩んでてね。さすがにサンドイッチを頼んで、グラタンとカレーの両方は食べられないから、つくしが食べたいもの決まってないなら、二人でとって半分こしない?」
 「……はぁ、いいですけど」
 あっという間に、‘つくし’呼ばわりだ。
 つくしも海外生活が長い。
 おそらく滋も同様だっただろうから、それを一概に馴れ馴れしいとも言えないが。
 「よし、決まり!ウェイトレスさ~ん!」




*****




 なんだか知らないが、いつの間にか一緒に夕食を摂ることになってしまっていた。
 まるで数年来の友人のような気安さで話しかけられ、…気が付けば、つくしも会話してしまっている。
 「うーん、やっぱり両方とったのは正解だったわね!つくしは、どう?どっちが美味しかった?」
 「そうですね。甲乙つけがたいけど、次にとるとしたら、グラタンかな」
 「私もかな。でも、たまにはカレーもいい感じ」
 「私はまた機会があれば、こっちのビーフシチューも食べてみたいです」
 「おお~、じゃあ、また今度一緒に来ようよ?」
 「そうですね」
 なにやらすっかり友達会話だ。
 …これって普通のことなの?
 二人の実際の関係を思えばかなり悩むところではあるが、それでも親しげに話しかけられ、楽しそうにしてくれれば悪い気はしない。
 けれど、もちろん本当に友達同士の語らいではないのだから、滋の訪問の意図をあくまでつくしは忘れることはできなかった。
 「つくしの顔を見に来たの」
 「……………」
 「あ、誤解しないでもらいたいんだけど、嫌がらせに来たとか、イヤミを言いにきたとか、もちろん、文句をいいに来たわけでもないんだけど、………ネットにあなたと司の記事が載ったでしょ?」
 それはおそらく、夕刻につくしが花木から見せられたスクープのことだとすぐに思い当たって青ざめる。
 「あの、道明寺さんとは、私は全然……」
 「抱き合ってたでしょ?」
 「と、とんでないっ!」
 持ち出された話題にある程度覚悟してはいたが、思わぬ返しにつくしがショックに驚いて飛び上がった。
 「へぇ?違うんだ?まさか、あの男が…とはたしかに思ったけど」
 「そ、そんなことが書かれてたんですかっ!?」
 絶叫ものだ。
 「いや、うーん、まあ、ああいうのは根も葉もないものも珍しくないから」
 つくしの剣幕に、滋の方もさすがに誤魔化しだとは思わなったようで、逆に宥める感じで慰めてくる。
 …そんなっ。
 どおりで花木が妙なことを言ってくるはずだ。
 つくしが見せられた写真はあくまでも普通のアングルで、疚しいことなど欠片もない自分はまさかそんな風にとられてるとは思っていなかったのだ。
 むしろ自分の前身を知られた上でのゴシップかとギョッとして、目を皿のようにして記事を読んだが、つくしの氏素性のことに関しては一切触れられていなかった。
 自分がネットにアップされてしまったことはたしかに重大事だったが、まず第一の心配事が解消され、記事に関してはどうしたものかと悩んでいたところではある。
 「あの、本当に、私、道明寺さんとはなんでもないんです」
 「ん、…そうみたいね。そうじゃないかとは思ってけど、もしかしてとも思っちゃって」
 「違います。誓えます」
 …どうしよ。
 目の前の滋はそんなつくしを信じてくれると言っているが、それでもわずかに伏せた目には複雑なものが含まれてはいなかったか。
 つくしは絶対に司や戒の新しい家庭を壊す…そこまでいかなくても、波風を立てるようなことにはしたくなかった。
 …ああ、私が戒をウチに泊まらせたりしてたから。
 後悔に苛まれる。
 「そんなに焦らなくても大丈夫。イメージが違うって言ったでしょ?」
 「え?」
 「……抱き合ってた云々はともかく、まさかあなたが司と会ってるとは思わなかったのよ。てっきりつくしは司を憎んでいるものとばかり思っていたから」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0872】へ
  • 【愛してる、そばにいて0874】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

つくしに非はないから

こ茶子さん、こんばんは♪
つくしと滋の将来の関係が垣間見れ、ホノボノしますねー。
とっ、そんな話じゃなくて!!
>つくしは絶対に司や戒の新しい家庭を壊す…そこまでいかなくても、波風を立てるようなことにはしたくなかった。
あのねぇ、つくしは全く悪くないから。
このあと つくしに起こることを想像すると、戒の怒りと絶望は必然なんですね(辛い)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0872】へ
  • 【愛してる、そばにいて0874】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク