FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第9章 闇に下る太陽②

愛してる、そばにいて0844

 ←愛してる、そばにいて0843 → 愛してる、そばにいて0845
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「俺、帰るよ」
 つくしの呟きを聞いてある程度事情を察したらしい。
 戒が、いち早く気をきかせて、驚きに棒立ちになっている千恵子や進の嫁のひなに会釈をしてその場を立ち去る。
 通り過ぎざま、ポカンと自分を見上げている春樹の頭をポンと小さく撫でてゆく。
 だが、戒の姿が見えなくなったとたん、千恵子が今見た光景への興奮で、一気につくしへと詰め寄った。
 「い、い、い、今の、今の子って、戒くんよね?!」
 「…お母さん」
 「最初、道明寺さんかと思ってびっくりしちゃったんだけど、今の道明寺さんがあんなに若いはずがないし、あれほどソックリなんだもの。それしか考えられないじゃないっ!」
 「戒くん?戒君って誰?ママ?」
 祖母の興奮や大好きな伯母の困惑がわからない幼い春樹が、自分の手を握る母親を見上げ尋ねかける。
 「あ…えっとぉ」
 もちろん、ひなも戒のことは知っていた。
 戒が幼い頃に実際に会ったことがあったし、進との結婚の折にそれなりに親族として接触もして、人見知りの戒もひなには懐いていた。
 …やっぱりひなちゃんや、お母さんのことも憶えてないか。
 それはそうだろう。
 産みの母親のつくしのことでさえ憶えていないのだ。
 ほとんど会うことがなかった祖母や叔母を覚えていられるはずもない。
 「ちょっと、つくしったら!」
 「とにかくここじゃ、ひと目もあるし、中に入って」
 見回す限りまばらに人が歩いてるだけで、近所の人間というより単なる通りすがりの通行人だったが、それでもこんな大来で騒ぎ立てられたくはない。




*****




「ねぇ、どういうことなの?なぜ、この家に戒くんがいたりするわけ?」
 つくしの母としては当然の質問だ。
 どうやら日頃不義理をしている娘とは違って親孝行な弟嫁のひなとショッピングを楽しんでいたところ、どうせ近場まで来たのだからと、今年小学校に入ったばかりの春樹と三人で、つくしの家へと遊びに来てしまったらしい。
 …いつも急に顔出さないでって言ってるのに。
 現在、つくしはかなり両親とは以前と近い付き合いをしていた。
 わだかまりが完全になくなったというわけではなかったが、これもまた時間が解決してくれたという一つのことなのだろう。
 さすがに同居しようという誘いは断っているが、それでもいつか両親のうちの一人が倒れるなり、彼らの老後の面倒なり介護なりする必要が出てくれば長女の自分がという気持ちが、つくしにはある。
 退屈すると騒ぐからと気をきかせたひなが春樹を連れ、近所の公園へと出かけて、母と二人、湯呑を手にダイニングに向かい合っていた。
 「あのさ、まずお母さんにお願いしたいのは、連絡もしないで勝手に遊びに来たりしないでってことなんだけど?」
 「あら、いいじゃない」
 「良くないわよ。私の場合は完全土日休みの仕事と違って、留守にしてる時も多いんだから」
 「それはまあ、そうしたら帰ればいいかと思ってのよ。合鍵だってもらってるんだし、適当に待って、帰ってこないようだったら私たちだっていつまでも待ってないで帰るわよ」
 のれんに腕押しで、千恵子にはつくしの言うことを聞く気がない。
 こうなると両親に合鍵を渡したことも失敗だったかもしれない。
 けれどこれまでの彼女の生活で、それがまずい事態などまったくなかったのだ。
 「それより、戒くんよ」
 やはり忘れてはくれないらしい。
 …それも当たり前か。
 「道明寺さんは知ってるの?たしかあんたも勝手に戒くんと会ったりしないようにって、離婚の時の約束だったって言ってたわよね?」
 よく憶えているものだ。
 けれど、それはこの母にも言える約束だった。
 「…そう」
 「って、ことは許されたわけ?」
 何をだろう。
 「そうよね。あんたはあの子の母親なんだもの。その母親から引き離しておいて、面会もさせないだなんてそんなひどい話ないもの。聞いた時には鬼じゃないかと思ったけど、道明寺さんもやっぱり人の子の親、まるっきり人でなしってこともなかったのね」
 かつて‘道明寺様’と呼んで崇め奉った相手に言うにしてはひどい言い草だ。
 そんな母親の現金さはもちろんつくしもよくわかっているから、いまさら呆れて窘めたりしはしないが、言っておかなければならないことがある。
 「許されてなんかないわよ」
 「え?」
 「……司は知らないの」
 「そ、それって」
 「司に知られたら、たぶん戒のここへの出入りは許されないだろうし、お母さんたちの生活にも支障があるかもしれないわね」




*****




 …どこに行こうか。
 どうやら家族らしい人間の訪問に、自分がいてはまずいだろうと気をきかせて居候先を出て来てしまったものの、戒にあてがあるわけではなかった。
 かといって屋敷に帰るのは論外だ。
 もちろん、これまでのようにどこかのカフェで時間を潰すなり、適当なホテルをとって泊まることもできたが、戒はどこにも行きたくなかった。
 依存している。
 自覚がないわけじゃない。
 その感覚はいまさらで、戒にとっては珍しいものではなかったからだ。
 自分の弱さに反吐が出る。
 けれど、どうしても彼には拠り所…自分がいても良いのだと赦してくれる居場所が必要だった。
 …ジーナで懲りてもいいはずなのに。
 それでも誰でもいいわけじゃない。
 ここではないどこか…いつもそうやって辿りつけた桃源郷などありはしないのに、求め続けてしまうのはなぜなんだろう。
 「あ」
 「戒く~ん!」
 なんとなく立ち寄った公園のベンチに座り込んでいた彼を、先ほどの子供とその母親らしい女が見つけて立ち止まった。



◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ




web拍手 by FC2



関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0843】へ
  • 【 愛してる、そばにいて0845】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0843】へ
  • 【 愛してる、そばにいて0845】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク