FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花⑦

愛してる、そばにいて0787

 ←愛してる、そばにいて0786 →愛してる、そばにいて0788
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 類が彼女を見ていた。
 遊び疲れて不機嫌な子供みたいにムッと口をへの字に曲げて、高校生の時のような無愛想な彼の顔を見ていたら、つくしの胸に広がった想いは、痛みではなく彼への愛しさだけに変わって、自然に彼女の顔に本物の笑みが浮かぶ。
 …そうだよ。
 踏み込みかけたタクシーから半身を起こし、つくしもまた10代の少女の時のように、類へとブンブンと手を振る。
 そんな彼女を見て、ぷっと噴き出し小さく苦笑して手を振り返してくれる類へと、メガホンのカタチにした手の中で口パクをして、心の中で思いっきり叫んだ。
 『バイバイ、花沢類。大好きだよ!!』
 ―――俺も。




*****




 ドンっ!
 「きゃっ、ご、ごめんな……さ……っ!?」
 クスクス笑いさざめき、おしゃべりに夢中になってよそ見をして歩いていた女子高生が、真正面からやってきた彼にブツかって、咄嗟に謝罪しかけ、……見上げた彼の顔を目にしたとたん硬直した。
 目を見開いて、ポカンと口を開けたまま真っ赤になっているその顔は、陶然と見惚れてしまっている。
 チラリと視線を流しただけで、すぐさまいつものように興味を失い、無言で彼―――戒はその場を通り過ぎた。
 巷に溢れかえっているいきがった男子学生のように、特に威嚇するでもなく、彼が周囲を冷たく睥睨するだけで勝手に周りが道を開けてゆく。
 まだ完全にはカラダが出来上がってはいないが、広い背中と特徴的なブルーのジャケットの上からでも十分わかる筋肉質の見事な肢体は、手足が長く、モデルなみの抜群のプロポーションで人々の目を集めずにはいられない。
 「み、見た?」
 「凄い美形!足長っ!!カッコ良すぎぃ~。あれって、英徳の制服だよね?」
 「え~、あの超セレブ校の?」
 そんな声を背後に、片手をスラックスのポケットに突っ込んで歩いていた戒は、何気ない仕草で立ち止まって、駅のビルにかけられている大画面を見上げ小さく皮肉な笑みを浮かべた。
 ―――日本。
 彼此、彼がこの地より去って約6年ぶりか。
 そうとしてみても、特に懐かしいという感慨も沸かない。
 それもそうだろう。
 父も母もこの日本をルーツにしている人間だが、彼がこの地に実際に住んでいたのは5才~8才までの3年間と少しのことだけで、その3年間余にしてもロクな思い出がない。
 現在父親の司はアメリカ国籍だったし、彼自身日本とアメリカの両方に国籍を持つ二重国籍者だったが、自分が日本人であるアイディンティティなど欠片ともなかった。
 クスクス笑っては彼を珍獣よろしく仰ぎ見て、目が合いそうになると、とたんにまるで何事もなかったかのように目を反らし、たまに視線が合うことがあっても化物にでも出くわしたかのように、硬直している彼らに好意の欠片とも向けられるはずもない。
 アメリカ人の図々しさや、イギリス人の排他主義にも馴染むことができなかったが、ここ日本でも所詮彼は異邦人に過ぎないのだ。
 かつては、自分にもどこかに居場所があるのではないかと求めて、得られぬ渇望に嘆いたこともあった。
 しかし、今の彼にとっては誰も彼もがどうでもいい存在で、他人が自分に何を期待していようと、どう見ていようともまったくかまわなかった。 
 …見たければ見ろ。
 排斥したければしろと。
 決して、彼はもう、他人に傷つけられ嘆くだけの幼い子供などではないのだと。
 中学生にして170cmを軽く超え、180cm近い長身や日本人離れしたスタイル、人目をそばだてる華やかな美貌は、どこにいっても彼を特別な人間にならしめたが、それ以上に彼の触れなば切れんばかりの鋭利な刃物のような雰囲気と、いかにも常人とは異なる孤高の獣のような品格とが、彼の正体を知らない人間にも彼を特別な存在なのだと容易に知らしめ印象付けていた。
 わざと他人に因縁をふっかけ、日頃の憂さを晴らすような連中が、彼の眼光をまともに浴びただけで震え上がり、彼の勘気を被るのを恐れ避ける。
 あまりにも彼は、周囲と逸脱しすぎた存在だったのだーーーその父と同じように。
 「…っ!………ぁっ………っ!!………っ」
 雑踏の切れ目、どこかのビルとビルの狭間、人熱の切れたどこかのうらぶれた路地裏から、人の叫び声と女の悲鳴、殴打音、嘲る笑い声が途切れ途切れに戒の耳に入ってくる。
 アメリカのスラムではよく耳にしたそんな音が妙にカンに触って、戒はそちらへと足を向けた。
 犯罪の坩堝であるアメリカで、そんなことをするのは自殺行為だ。 
 長年海外で、そうした生活の一端も垣間見て、またSPも当時はついていたことから、たとえそういう場面に彼が出くわしても、けっして興味を持ったり、自ら関わったりすることなどなかったというのに…。
 耳の奥、記憶の彼方に残る女の悲鳴が、彼をその場に引き止め、無視して立ち去ることをできなくさせていた。
 「いやあああ、やめてぇっ!死んじゃうよぉ」
 路地に入ったとたん、つんざく悲鳴が戒の耳朶を打ち、ドガッという鈍い打撃音と共に、冷たい無表情のまま目を細く眇めた戒の足元へと、小柄な少年の身体が転がってくる。 
 「……ううっ」
 感慨もなく足元で蹲って呻いている少年をいちべつすると、戒は無感動に周囲へと視線を一巡させ状況を確認した。
 「なんだ、てめぇ?!」
 …6人。
 一人は今現在、足元で蹲って呻いている少年。
 もう一人は少年の恋人か女友達だろう、涙でぐちゃぐちゃになりながら、両手を口にあて、怯えて及び腰に事態を見守っている派手な外見の少女。
 そして残り4人は、高校生あたり、いかにも素行も頭も悪そうな少年たちが、仲間の人数を傘に来てカツアゲだか因縁づけて、無抵抗の一人を袋叩きに暴行していた。
 ―――ガタイばかりデカそうだが、一人以外は武道の武の字も承知していなさそうな隙だらけの素人ばかり。
 その一人も齧った程度。
 大した相手ではないと、すでに戒は相手の技量を見切っていた。
 「関係ないヤツは、すっこんでろっ」
 「あ~ん?なんだ、こんなところに顔突っ込んでくるなんて、どこのバカだ?」
 「その制服、英徳のヤツじゃね?」
 「あのお坊ちゃん校かよっ!?ちょうどいいぜ。こいつはシケた野郎でロクに金も持ってなかったからな。坊やにも、ちょ〜っと俺らにカンパしてもらおうぜ」
 「いいねぇ、いいねぇ」
 命知らずのバカどもが、ゲラゲラ笑って戒を嘲り出す。
 「どれどれ、どこの間抜けがこんなところに飛び込んできたのか、よ~く見てやるから顔見せてみ……うげっ」
 戒の顔を下から覗き込むよにして、無防備に近づいてきた少年の脛に蹴りを入れ、苦鳴を上げながら落ちてきた頭を、戒は両手で上から勢い良く膝へと押し付け、ボールを膝蹴る要領で容赦なく蹴り上げる。
 グシャリと鼻の骨が折れた気味が悪い音が周囲に轟き、ついで鼻を顔に埋め込まれた少年が絶叫し、アスファルトの上で転げ回った。
 「うぎゃあああああっ!!!鼻が鼻がっ、鼻があぁっ!!」
 「沢木っ!」
 「てめぇっ」
 「なにしやがるっ」
 突然の闖入者の存在と、一瞬で足元に転がった仲間の鼻血で血塗れの凄絶な姿に、殺気立ってザワめいた少年たちを平然と睥睨し、戒が凄艶にニヤリと嗤った。
 「ちょうど退屈してウンザリしてたところだ。……遊んでやるから、来いよ?」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0786】へ
  • 【愛してる、そばにいて0788】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0786】へ
  • 【愛してる、そばにいて0788】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク