FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花⑥

愛してる、そばにいて0773

 ←愛してる、そばにいて0772 →愛してる、そばにいて0774
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 『わかった』
 つくしから電話連絡を受け、事情を聞くと、類の決断と行動は迅速だった。
 自分は会社からすぐには動けないものの、屋敷から何人か人を派遣して杏樹の捜索をするとともに、念のため警察にも連絡して警らの巡査等にも大げさにならない範囲、通常の迷子の捜索と同様の協力を仰ぐよう手配してくれた。
 『携帯も持ち歩いてないって言うし、真夜中までみつからないようなら、そう呑気なこともしてられないかもしれないけどね』
 「それって」
 『いくら勘当されてほとんど関わりがないとは言え、静が藤堂商事の……資産家の娘だということは、知る人ぞ知る話だから』
 杏樹には変質者等による誘拐だけではなく、営利誘拐の可能性もある。
 にも関わらず、警備の人間がつけられていなかったことに、彼女たち親子の不遇が現れていた。
 『とにかく静もそうだけど、つくし、お前も夜の一人歩きはよして?それくらいなら、お前につけてるSPを使うから』
 すっかり見透かされてしまっている。
 けれど、
 「そんな見知らぬ人が探しにきたりして、逆に杏樹が警戒して、素直についてきてくれないかもしれないじゃないの」
 『つくし』
 叱咤する類の心配はありがたいし、つくしにもよくわかる。
 「大丈夫よ、まだ21時すぎだもの。子供じゃないんだから、そんなに心配してくれなくても平気。というか、どうせ一人で外出なんかさせてくれないんでしょ?」
 常はほとんど存在を表に出してはいないが、自分に類がSPをつけていることは知っていたし、そのことを彼女も受け入れている。
 『はぁ~、都会にある夜間の大公園なんて、どんな危険が潜んでるかわからないんだからね。ただでさえお前って、しっかりしてるように見えて、ボケボケのうっかりな女なんだし』
 「ちょっとぉ、ボケボケのうっかり女とか、なにげに失礼なんじゃありません?」
 そんな場合じゃないというのに、類の相変わらずの暴言に、ヒクヒクとこめかみが引きつって、つくしの声音がおどろおどろしく変わる。
 『まあ、とにかくそういうことで、SPは間近に引き連れて動いて?子供を探しに行って、自分が犯罪に巻き込まれたらシャレにならないだろ?』
 「あんたの中で、私はどんだけ迂闊な女なのよ」
 『庶民代表を自認してるくせに、お前曰く、目玉が飛び出るような値段の超高級車のオカマ掘ったり?』
 「うっ」
 『あげくに見知らぬ男の前で意識を失って、マンションに連れ込まれるとか、俺じゃなかったら今頃お前、どっかに売り飛ばされてたかも?』
 「自分がしでかした非常識をネタに、人をコケにするとか、あんたどんだけツラの皮が厚いのよ」




*****




 いつもはひっそりと後ろを追尾してくれているSP二名と、マンションのエレベーターホールで待ち合わせて、外へ出る。
 つくしたちがいつも杏樹に会っていた公園は、本当にマンションの目と鼻の先で、逆に公園からもマンションの高層ビルが見えた。
 類とつくしが住んでいる一帯は、間近に企業関連の超高層ビルが控えていて、不夜城の様相を呈し、けっしてゴーストタウンというわけではなかったが、なんとはなしに星や月の見えない暗い夜空の下、無機質に冷たくどこか街全体が沈んだように寂しい。
 間近につき従えているとはいえ、SPたちはあくまでもつくしを護衛するのが目的だったから、よほどの危険にでも出くわさない限りは彼女の行動を制限することはない。
 そこはなんだかんだ言っても、治安もいい日本のことだ。
 女のひとり歩きならばともかく、ガタイのいいいかにも只者ではない眼光鋭い男二人を随伴していれば、巻き込まれたくても逆に犯罪に巻き込まれることなどありえない。
 目を凝らしてあちらこちらへと視線を走らせ、それらしい小さな人影を探すが、メインの大通りを練り歩くカップルの姿が何組か見えるだけで、当然昼間には大勢いた家族連れの姿さえ見かけることはなかった。
 …どうする?大声を出して名前を呼んだりしてみるべき?
 しかし、顔見知りとはいえ、つくしが呼んだくらいで聞き分けて自ら出てきてくれるだろうか。
 あるいは杏樹にとって、つくしこそ憎むべき悪漢で、不倶戴天の敵だと逆に意固地にさせてしまう元凶なのではあるまいか。
 そんなことを自嘲気味に思って、それでも注意して周囲を見回しながら歩く。
 「いないのかな」 
 つい溢れてしまった呟きは、別に質問のつもりはなかった。
 しかし、いつもとは違って、間近に控えていたSPの一人がつくしの呟きを拾って、首を傾げてそれでも律儀に答えてくれる。
 「もしかしたら、ウォーキングコースの方かもしれません」
 「え?」
 「人は心細い時、何かに囚われて心が落ちている時、馴染みある場所を反芻しがちですから」
 「ああ」
 しかし、ウォーキングコースの方を眺めて、そうかもしれないと思ったにも関わらず、なぜか足がそちらへと進まない。
 …杏樹がここに来ているとしたら。
 彼女はなぜこんな遠方の公園にまで来ていたのだろう。
 毎日毎日、おそらくほとんど毎日訪れていたのではないだろうか。
 ―――類に逢うために。
 もしかしたら、偶然にでも出逢うのではないかと期待して。
 そして、彼女のそんな願いは叶った。
 …そうだ、テニスコートだ。
 類に誘われた時の、杏樹の嬉しそうな輝くような笑顔が忘れられない。
 それは、楽しい遊びに誘われたからだったのか。
 …違う。
 きっと違うのだとつくしにはわかったていた。
 「あ……」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0772】へ
  • 【愛してる、そばにいて0774】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0772】へ
  • 【愛してる、そばにいて0774】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク