FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花⑥

愛してる、そばにいて0762

 ←愛してる、そばにいて0761 →愛してる、そばにいて0763
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 「すみません、突然に」
 恐縮するつくしに、静がゆっくりと首を横に振る。
 けれど困ったようなその顔が、あきらかに戸惑っていて、……つくしにしてみても、ついこんなところにまで押しかけてしまったが、いざ静の前に出てみると、何から話せばいいのか言葉に迷うばかりだ。
 「どうぞ、楽になさって?」
 「あ、すみません、ありがとうございます」
 紅茶のカップと茶菓子を配膳され、つくしが礼を述べる。
 ―――話したいことがある。
 できれば人目のないところで、……というつくしの要望に、それならと連れてこられたのは、静が通院している大学病院からほどなく行った先にある、彼女と杏樹が住んでいるというマンションだった。
 一言で言えば、意外というべきか。
 入院先での2人部屋もそうだが、今の静の暮らしぶりはとても大企業の令嬢で、自身も弁護士というステータスある職業を持つ女性のものとは思えないものだった。
 こじんまりとしたそのマンションは、清潔でつくしの基準からしてみれば、母子2人暮らしには十分な広さや機能のある立派な住まいだったが、それでも静の前身を知っている身からすると、信じられないくらい質素でごく普通の間取りやデザインだ。
 むしろ、類と一緒に暮らしているつくしの方が、高水準の生活をしていると誰もが思うに違いない。
 …どうして。
 そんな風に思ってしまうのは僭越だとわかっていても、それでも疑問に思わずにはいられない。
 おそらく二間ほどの間取り、2DKといったところか。
 とはいえ、東京23区内のマンションだ。
 質素とは言ってもそれなりの家賃もするだろうし、暮らしぶりは荒んでいるようではなく、けっして貧しいというわけではないだろう。
 ダイニング・キッチンのこじんまりとしたテーブルを間に挟んで、向かい合わせに腰掛けた静を真っ直ぐに見ることが難しい。
 そうした住まいや暮らしぶりのことよりも、なおいっそう、変わってしまっているのは静自身なのだ。
 …やっぱり静さん、ずいぶん痩せた。
 以前にも思ったことだが、現在の静には苦労が滲み、往年の美貌の面影はそのままに、病み衰えた彼女は実年齢よりもずっと年上に見え、その横顔には苦悩が透けていた。
 病のせいもあったに違いない。
 だが、それ以上に、きっと自らの病に端を発して、杏樹の将来を憂えていることが大きいのだろう。
 それはつくしにもよくわかる。
 同じ母親だから―――。
 かつて、現世の女神然として全てを兼ね備え、身の内から眩いほどに光り輝いていた女性はもはやそこにはいなかった。
 「狭いでしょ?」
 「え?」
 一瞬、考えていたことを悟られたのかドキッとして、言葉を詰まらせたつくしに苦笑し、静が部屋をぐるりと見回す。
 「驚いたのではなくって?」
 「い、いえ。そんな…」
 つくしの困惑を見て取ってこだわりなく自ら口にした静だったが、むしろ気まずいのつくしの方だった。
 もちろん、静の言葉尻には卑屈さも無礼に対する憤りもない。
 それでも、やはり不躾な感慨だったと自省する。
 「すみません、失礼な態度をとってしまって」
 つくしの素直な謝罪を、静はやはり柔らかく受け止め、優しい微笑みのままにゆるく首を横に振った。
 「そんなことはないわ。昔の私を知る人は誰もが思うことだろうな、って、ちょっとカマをかけてみただけなの」
 少しだけ昔の彼女を彷彿とさせる茶目っ気が覗く。
 しかし、つくしの方はなおさらのこと、申し訳なさに身の置き所をなくしてしまった。
 「本当にごめんなさい。……そんなつもりじゃなかったんです」
 「いいのよ。それこそ、牧野さんを恐縮させてしまいたいわけじゃなかったのに、私こそごめんなさい。意外に思うのも当然のことよ」
 「静さん」
 昔も、美しいばかりではなく、つくしに真のお嬢様というものはこういう人なのだと、感じ入らせる完璧で高潔な女性だったけれど、今の彼女には年齢以上の深みと慈愛、そして、どこか諦念を感じさせた。
 あるがままに受け入れ、あるがままに今を生きている、そんな穏やかさと……寂寞とした哀しみ。
 陽太と相通じる清涼さとでも、いうべきものだったかもしれない。
 「病院の費用はね、実家の両親が援助してくれてるのだけれど、ね」
 「……………」
 「さすがに生活費まで、イイ歳をして家を出た娘がお世話になるわけにはいかないでしょ?……まあ、それにしたって、完全に自立できているとは言えないのだから、お恥ずかしい話なのだけれど」
 「いえ、そんなことはありません」
 普通の時ではない。
 つくしにしてみても、意固地な自覚はある。
 だが、それでも病気の時くらい家族に頼ることもあるだろう。 
 ましてや、子を持つ母親。
 石に齧り付いてでも快癒し、我が子の成長まで生きていたいと思うのが人情だし、また義務でもある。
 しかし、解せないのは、静の実家の彼女への対応ばかりではなく、彼女は今現在、それなりに裕福な家庭の男性と結婚しているはずなのだ。
 実際のところはどうにせよ、現在も婚姻関係は結ばれたままで、夫との間には‘杏樹’という子供もいる。
 …杏樹、だけなのよね?
 あるいは、他にも夫との間に子をもうけているのかもしれなかったが、ざっと見回したマンションの間取りや気配からして、何人もの人間が住んでいるようではなかったし、たしか杏樹も、また静自身も、母子二人住まいだと言っていた覚えがあった。
 「あの、杏樹、君……あ、いえ、えっと杏樹ちゃん……は?」
 これまで呼び捨てにしていて、しかも、男の子だと思っていた子だったから、なんとも呼び名に迷ってしまう。
 「杏樹でいいわ。そう呼んでくれていたんでしょ?」
 「あ、すみません」
 静がふふふと笑った。
 「なんだかさっきから、牧野さんたら、謝ってばかりなのね」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0761】へ
  • 【愛してる、そばにいて0763】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0761】へ
  • 【愛してる、そばにいて0763】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク