FC2ブログ

「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花⑤

愛してる、そばにいて0740

 ←愛してる、そばにいて0739  →愛してる、そばにいて0741
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 …可愛い。
 よりによって、自分の子供よりも小さな子供に、可愛い呼ばわりされてしまった。
 しかも、びっくり箱とか。
 …どういう意味よ。
 まさか年端もいかない子供に、そんな形容をされようとは思いもよらず、顔を引き攣らせる。
 「………なにげにあんたって、けっこう生意気な子よね」
 ついポロリと本音が出てしまったつくしを、キョトンと見上げた杏樹が、すぐにぷっと噴き出し、ペロッと舌を出してクスクス笑い出す。
 どちらかというと、杏樹よりも4、5才年上の陽太の方がまだまだ純真で、こういった小生意気な子供こそつくしには逆に驚かされる。
 ある意味、新鮮だった。
 …戒もこういう子になってそう。
 つくしは我が子とはいえ。幼い頃の戒のことしか知らなかったけれど、そのまま成長していれば、陽太よりもずっと杏樹よりの少年になっていそうだ。
 もっとも、戒の方が杏樹よりももっとずっと人見知りだったから、少なくても身も知らない女となど、初対面から雑談をしたりはしまいが。
 初対面のとっつきにくさに反して、杏樹はわりに社交的な性格でおしゃべりだったから、むしろ彼に友達がいないことの方が不思議なくらいだった。
 …それとも、学校にはいないってだけで、他の場所ではいるのかな?
 あるいはフランスでは、人気者だったのかもしれない。
 「あははは、生意気ってよく言われるよ、俺。でも、俺、そう言われるの嫌いじゃないんだ」
 気を悪くされるのも難だが、こう正々堂々?と好意的にとられるのにも半ば呆れてしまう。
 …どんだけポジティブなのよ。
 「まあ、一々人の言うことを気にしてメソメソしているより、ずっといいっていう見方もあるけどさ」
 自分がそう思い切れない性格な自覚があるだけに、そういった人間が羨ましくもある。
 「でしょ?」
 悪びれず得意げな杏樹の様子に、苦笑する。
 …こういうとこ、どっかの誰かたちを思い出すわね。
 ごく平凡な彼女とは真逆に、つくしの周囲にはこうして自分に自信があって、実際周囲にも認められてしまうような人間が少なくなかった。
 ただし、普通の大人の場合は、鼻摘みものになってしまう可能性大だったが。
 「……あ」
 「電話?俺じゃないよ」
 「うん、私だ」
 電話の呼び出し音に気がついたのは、つくしも杏樹とほぼ同時だった。
 慌ててつくしが上着やスカートやらのポケットを探って、携帯電話を取り出し画面を確認する。
 「……あ、起きたんだ」
 類からのメールだった。
 せっかくのオフだというのに、珍しく午後まで寝倒すことなく、つくしに起こされずとも自力で目を覚まし、つくしの不在に気がついてこちらに向かってるらしい。
 さっきも類は電話をくれたようだが、ちょうど公園の歓声やざわめきに邪魔されて気がつけなかったようだ。
 一応つくしも、朝食の用意をしてからマンションを出てきているというのに、休日に彼女が傍にいないことが寂しかったのだろうか。
 …別に一人でいるのも、苦になるタイプでもないくせに。
 気が付けばなんとなく一緒にいたり、一緒に行動するのが自然になってしまっていて、互いがそこにいないことが物足りないーーーそんな存在。
 キョロキョロと周囲を見回して類の姿を探すが、どうやら彼もまだこちらを発見できていないらしく、公園まで来ているというわりには、視界の中にまだ類の姿は見えなかった。
 …まあ、GPSもあるし、SPの人たちもいることだし、そのうち辿り着くかぁ。
 ふと横を見れば、先ほどまで横を歩いていた杏樹が立ち止まって、どこかをジッと見ているのに気が付いた。
 「キャッチボール?」
 広い公園内のそこかしこ、つくしたちのようにあてどもなく散策をしている人たちもいるが、キャッチボールやフリスビーなどのスポーツに興じている人間もいる。
 杏樹が見ていたのは、杏樹よりは少し年上だろうか、おそらく戒や陽太くらいの年齢の少年で、父親らしい男性と楽しげに親子でキャッチボールをしていた。
 つくしの視線に気がついた杏樹が、そんな親子連れから視線を戻す。
 その目には特にどんなネガティブな感情も浮かんではいなかったが、なぜか彼の目を見ているのが居た堪れない。
 彼がけっして家庭的に恵まれた子供ではないことは、これまでの会話でも忍ばれたからだ。
 勝手に事情を推測されて、同情されるのも杏樹にしてみれば迷惑な話だっただろう。
 けれと、どうしても戒や陽太と似たような年頃の子供だと思うと、とても他人事に思えない。
 しかし、さすがにつくしも、そんな感情を表情に出したり、言葉にして口にすることはしなかった。
 「つくしさんって、テニスする?」
 「は?テニス??」
 …キャッチボールじゃなくって?
 「ん、もし来週もここで散歩するなら、俺、ラケットとボール持ってくるから、今度、そこのコートで一緒にやらない?」
 唐突なお誘いに目が点だ。
 「俺、けっこうこう見えても上手いよ?」
 「………いや、杏樹はそうかもしれないけど」
 スポーツが苦手ではなかったのは、遥か昔、学生時代までのことだ。
 もはや若い頃の栄光を引っ張り出すには、つくしも現実というものを十分自覚している。
 「テニス嫌い?スカッシュでもいいけど」
 「………て、いうか、好き嫌い以前の問題なんじゃない?ただでさえ運動不足で体鈍ってるのに、急にそんなものやりだしたら、怪我するからやめときな?」
 横合いから、笑い含みの低い男の声が、突然二人の会話に割り入った。
 闖入者へと、つくしと杏樹が振り返る。
 「あぁ。来たんだ」
 「………っ」
 つくしにしてみれば全然意外ではなかったが、知らない大人の予期せぬ登場に、杏樹は驚きに目を瞠ってすっかり固まってしまっている。
 「おはよ?ひどいな、一人で散歩に出ちゃうなんて。せっかく久しぶりの二人揃ってのオフなんだから、俺が起きてくるまで、少しくらい待っててくれても良かったんじゃないの?」
 つい一時間ほど前まで、ベッドでシーツに包まって、冬眠中のクマよろしくヌクヌクと惰眠を貪っていたはずの男ーーー類がつくしへと美しく微笑んでいた。




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【愛してる、そばにいて0739 】へ
  • 【愛してる、そばにいて0741】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛してる、そばにいて0739 】へ
  • 【愛してる、そばにいて0741】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク