FC2ブログ

「パッション…①24話②22話完」
始まりは突然に…23話完

始まりは突然に02

 ←夢で逢えたら184 →伊集院薔薇先生の疑惑6
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 類君登場!
 …な、なんかまだ序盤だとは言え、初期設定が恋人じゃないから、我ながらラブラブが縁遠くて淡々としてますねぇ^^;
 さて、類×つくしを始める様になって、新しくコメントを下さる方が増えました^^
 やはり当サイトは司×つくし派が大勢で、司×つくしが一番だけど他も…という方と、本当は類×つくしが好きなんだけど…という方がいらしてくださっていたようですねぇ。
 それが、こんどはバリバリ類派です!という方までいらしてくださって、嬉しい限り^^
 私は司派ですが、だからといって類君が嫌いというわけでなく、類君も魅力的な男性だと思っていてとても好きです。
 なので、いろいろなお話を書いたり、さまざまな素敵な男性を描ければ嬉しいなと思っています。
 お馴染の方々にはいつも不義理をして、コメント返信をできずに早2ヶ月近く、本当に申し訳ありません。
 また、新しい方々にも、もしかするとしばらくお返しできな日が続くかと思いますが、ご容赦くださいm_ _m
***************************

 「は、花沢類」
 つい上ずった声で名前を呼び捨てにしてしまったけれど、あたしの腕を掴んだ花沢類の顔は怪訝なままで、あたしが誰だか思い出せないみたいだ。
 そりゃそうだよね、高校時代、ホンの一時、一緒に過ごしたことがあるというだけで、御曹司の花沢類にしてみれば、通り過ぎる多くの人たちと何ら変わりない。
 …まあ、ちょっと、ちょっとだけ、その反応にはショックだったけど。
 とりあえず、地面との熱烈抱擁を避けられたのは、この人のおかげだ。
 「あのっ!ありがとうございました。そして、ごめんなさい。ちょっと急いでいて、前を向いていなかったもので」
 勢いよく頭を下げて、密着した状態から離れようと身を反らしたものの、花沢類は固まったまま、微動だにしない。
 もしもし?離して欲しいんですけど。
 「あの~、すいませんけど、あたし、急いでるんで…」
 助けてもらっておいてこの言い草はないかもしれないけれど、あたしは本当に切羽詰ってる!
 て、いうかどうしたのよ、この人。
 なんで、無言なわけ~?
 昔から無表情に近くて、道明寺のように乱暴だったりすることはなかったけれど、人に拒絶的なのはどっちもどっちだ。
 「あのっ!」
 業を煮やしてちょっと強めに抗議しようとすると、あっさり手を離して、花沢類は小首を傾げた。
 おいおい、20才過ぎた大の男がこんな仕草に違和感ないって…。
 心の中のツッコミが聞こえたわけでもないだろうけれど、会釈をして通り過ぎようとしたあたしの腕を再び掴んでくる。
 「な、なんですか?」
 「…あんた、どっかで会ったことある?なんか、見覚えある気がするんだけど?」
 ナンパみたいな台詞だけど、この人の場合マンマなんだろうね。
 西門さんや美作さんじゃあるまいし。
 「あ~」
 なんと答えたものか思い悩む。
 だってねぇ、ここまで綺麗さっぱり忘れ去られていると、なんて言っていいかわからないよね?
 ほら、あんたとはキスしたこともある仲なんですよ、とか?
 そりゃないっしょ。
 一人で百面相しているあたしをどう思ったのか、花沢類はじ~っと見つめてくる。
 ちょ、ちょっと近い!
 「専務!」
 ビビって仰け反りかけたところで、背後からバタバタという足音が鳴り響いた。
 花沢類の注意が反れて腕の力が抜けたところで、あたしはさっと手を引き、もう一度だけ頭を下げてその場を立ち去る。
 ちょっと、後ろ髪引かれる気持ちもなわけではなかったけれど、だからと言って延々と付き合って、思い出してもらったところでどうしようもない。
 あたしが原因で、道明寺や西門さんたちと仲違いしたこともあったし、あたしの存在がいい思い出だったかというと…て、忘れられてるってことは印象にも残ってない!?
 はは…。
 今更、どうせ、友達に戻れるわけでもないし…って、あたし!花沢類と友達だったことなんてあったっけ!?
 ……。
 う~ん、何者でもないな。
 サクッと自分で自分を切り捨て、あっという間に進んだ時計の針に冷や汗かいて、目の前のエレベーターの呼び出しボタンを連打した。


 「あ!思い出した」
 「せ、専務?」
 遠藤のお説教…泣き言か…を右に左に聞き流し、ずっと考え込んでいた俺は、ふと浮かんだ顔にポンと両手を打ち合わせた。
 と、いうか、俺、やばすぎ。
 あの!牧野がわからなかったなんて、ちょっと、ここのところ激務で睡眠時間削りすぎちゃってたかな…。
 「ちょっと、専務!どちらへ行かれるつもりですか!?この後、東洋商事との合同会議があるんですよっ」
 遠藤の隙を見て、ふらっと抜け出してきた俺は、そのまま直帰すべくついつい歩き出して、ガッチリと両腕を拘束される。
 ……。
 高校・大学時代と柔道部で過ごした巨漢の猛者は、とてもじゃないけど秘書なんていうエリートには見えなくて、どちらかといえば脳ミソなんかどこかへ置いてきた体育会系の筋肉ダルマに見える。
 「…俺、そろそろ死にそう。一度、寝に帰らせて?」
 「却下です」
 「却下って、俺、お前の上司」
 「上司でも、誤りを正して諫言するのが部下の務めです」
 「…その上司が過労死してもいいわけ?」
 「睡眠時間はキッチリとっていただいております」
 「6時間が?」
 「私は4時間です」
 「…」
 「……」
 わかっていたけど、10cm上からの一歩も引かない熱い眼差しに、はああっと溜息をつき、しぶしぶ黙って引き返す。
 お前…その熱い目はヤバイって。
 俺は、体育会系とは真逆なんだから。
 なんで、こんな男を俺の秘書につけたのかと前は謎だったけど、今では適任だったのだと俺でも思う。
 暑苦しすぎて逆らう気力もない。
 気分はドナドナ。
 ぞわぞわと鳥肌立つ首筋をかきながら、屠殺場に引かれる牛よろしく会議場へと向かい、さっき再会したばかりの牧野へと思考を戻す。
 …牧野つくし。
 ずいぶん変わってたな。
 女は変わるって、総二郎やあきらあたりはよく言ってたけど。
 さきほど見た真っ赤になって、コロコロ表情を変えていた子犬のような女にクスリと笑みが洩れた。

↓ランキングの協力もよろしくです♪
ブログランキング・にほんブログ村へ 💛 
いつも応援ありがとうございます^^!

web拍手 by FC2
関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【夢で逢えたら184】へ
  • 【伊集院薔薇先生の疑惑6】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

毎日ってうれしー!

毎日ブログ更新して頂き有難う御座います。
類すきーの私としては本当にうれしい限りです。
原作では、残念ながらハッピーエンドになれなかったので
二次小説では、ラブラブでいて欲しいです。
是非、お願いします。
  • #1759 あかいちゅーりっぷ 
  • URL 
  • 2014.04/03 09:32 
  •  ▲EntryTop 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夢で逢えたら184】へ
  • 【伊集院薔薇先生の疑惑6】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク