「愛してる、そばにいて」
第8章 明日に咲く花⑤

愛してる、そばにいて0727

 ←詐欺画面表示について →愛してる、そばにいて0728
◇更新情報他雑文 『こ茶子の日常的呟き』へ
【君を愛するために】オススメ作品!?
ランキングもよろ(・ω-人)
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとう♪
**************************************

 元々、ジーナの方から道明寺財閥の最高権力者である司に繋ぎをつけられるはずがなかった。
 戒もバカじゃない。
 放任されていたにせよ、またどれだけジーナに溺れていたにせよ、自身の交友関係と父親の権力をごっちゃにして、道明寺家の権威や名誉に傷をつけるような真似をするような愚か者ではなかった。
 結局、ジーナさえも信用してないかった、ということなのかもしれない。
 そんなことを客観的な部分で自覚する。
 これまで戒は、ジーナやジュリオを道明寺邸に連れて行ったことはなかったし、彼自身の携帯番号を教えこそすれ、父親への直通番号や彼に繋がる連絡先を教えたことはなかったから、もし彼らが戒をツテにして、司に接触しようとしてもそれこそ門前払いを食ったことだろう。
 それなのに司とジーナの間に接点があったというのなら、それはジーナ側からではなく、司側からのアクションがあったということだ。
 戒もわかっていた。
 放任に見えて、根っこのところでは司は、けっして戒を完全には放置してはいなかったことを。
 それが彼にとって幸いなことであったのか、そうでなかったのかは別として。
 「ジーナが以前、勤めていたバーを訪ねて来たんだろ?」
 ジーナが住まいを転居したと彼女のアパートの隣人から聞いた時、戒が真っ先に尋ねたのは彼女がアルバイトをしていたいくつかの家やモデル事務所、そしてすでに辞めてはいたがかなり長い間年齢を誤魔化して働いていたバーだったのだ。
 それらのアルバイト先はもちろんのこと、ジーナはモデル事務所も、アパートを引き払う以前にとっくに辞めていた。
 それどころか、彼女の父親や兄弟たちさえ、たった数日の間に痕跡も留めず行方を晦ましていれば、どんな愚か者であろうとイヤでもわかる。
 尋常ではない何事かが起こったのだ、と。
 そして、そうしたことを簡単に成し遂げてしまうことができる人物を、戒は容易に推察できた。
 それでもジーナだけのことであれば、もしかしたら彼女の男が…と疑いを持ったかもしれない。
 彼女の男にまつわるキナ臭い連中とのいざこざに、彼女が巻き込まれたのではないかと、まったく心配しなかったわけではなかったから。
 実際、一時期、ジーナの周りを不審な男たちがウロつき、彼女を怯えさせていたこともあった。
 だが、その必要がないはずのジュリオさえもがいなくなったのだ。
 そして、学校を退学になり、学生寮を追われた彼の行き場は家族の下しかない。
 ジーナが勤めていたバーで出会った従業員の男が、彼女を訪ねてきた…戒瓜二つの男の顔をよく憶えていた。
 掃き溜めに鶴に例えられるように、司はその店に現れるにはあまりに異質であり、誰の印象にも残り易く、そして、当然、その父に瓜二つの容貌を持つ戒も同様のこと。
 ボーイは賢しげに教えてくれたものだ。
 『なるほど、坊やのパパだったのか。どおりで場違いに上等な男がこんな店にやってきたもんだと思ったよ。あれだ、可愛い息子によけいなちょっかいを出すなと、ジーナに忠告だか警告だか、手切れ金でも持ってやってきたってところだろうぜ?』
 ボーイは、戒が手渡した大枚のチップに頬を緩めていた。
 以前ジーナは、家族から彼らの上に降りかかった事情を知らされてはいなかったが、ジュリオが抱えていた問題を把握していた戒にしてみれば、ボーイから聞き出したその情報は、疑惑を確信に変えるのに十分な材料だった。
 ジーナやジュリオがいなくなったのには、父がーーー司が関与している。
 そう言えば…と思い起こせば、彼女を襲ったストーカー男の事件のせいで、すっかりうやむやに立ち消えになっていたが、一時期ジーナにつきまとっていた彼女の男の残した影もいつの間にか消えていた。
 そうした物騒な気配の消失にも、司が関わっていたと考えればすべては辻褄が合う。
 まさかそこまであの父がするだろうか、とも思う。
 司は息子の戒からしてみても傲慢な男だ。
 …あいつにとって、自分と自分が認めたひと握りの人間以外のヤツなんて、どうでもいい虫ケラ以下の存在でしかない。
 あるいはジーナなど、自分の息子にまとわりつくハエやネズミくらいの認識でしかなかったのではないか。
 まとわり付く…その実態が真逆に、戒の方がジーナにまとわりついていたのだとしても。
 ポツリ、ポツリと語り出したジーナの言葉は、ことごとく戒の予想…そうでなければと願ったことを、真逆に肯定してゆく。
 「もう、あんたとは会わないって、あんたのお父さんと約束したの」
 「………………」
 「会わないし、関わらない。……だから、あの家に一緒にあたしと住んでいるのはマッシオじゃなく家族だけど、あんたをあたしの家には招待できないし、こうして話をすることももう二度としない」
 ―――できない、ではなく、しないと言い切ったその言葉の意味を、彼女はわかっていただろうか。
 戒は泣き出すような無様なマネをするつもりはなかった。
 たとえ自分がまだまだ子供で、介入してきた父の意思を排除することもできなければ逆らうこともできない、惰弱な存在でしかなかろうと。
 家族や自分の将来を選んで、彼を切り捨てようとしているジーナを翻意させる力など欠片もない子供でしかないことをわかっていて、それでもなお矜持が…道明寺戒としての誇りが、年端もいかない幼子のように感情のままに泣くことを許してくれなかった。
 熱い熱い塊が喉を塞いで、瞼の裏が痛んだ。
 滲んできてしまいそうな涙をぐっと堪え、ゴクリと唾を飲み込みただ地面を睨む。
 それでも、未練が…彼女への思慕が、彼の足をその場に縫いとめていた。
 もはや、ここにどれだけ留まっていようとも、それ以上のどんな言葉も彼女から得ることはできないことは、戒にも十分にわかっていたというのに。
 たとえ今彼が何を言ったとしても、彼女に縋りついて足元に額ずきどれほど懇願しようとも、けっしてジーナが彼を選んでくれはしないだろうことも理解していた。
 かつて彼を捨てていった母のように、ジーナは自分を一番に選んでくれはしないのだ。
 それがわかっているのに、未練がましく無様でガキな自分は、彼女を諦めることができないでいる。
 「じゃあ、俺は…?」
 俯けた顔を泣き笑いに歪めて、戒はなんとか声の震えを誤魔化す。
 「ジーナは俺に二度と会わない、もう関わらないって言う。じゃあ、俺はどうしたらいいんだよ?ジーナに逢いたい、ただジーナと一緒にいたいと思う俺のこの気持ちは、いったいどこにやればいいんだよっ?」




web拍手 by FC2

関連記事


総もくじ 3kaku_s_L.png イベント
総もくじ 3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ 3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ 3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ 3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ 3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ 3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ 3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ 3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ 3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 倉庫
総もくじ  3kaku_s_L.png イベント
総もくじ  3kaku_s_L.png だから今日も I'm so happy…百回分の花をあなたに
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【司×つくし】******
総もくじ  3kaku_s_L.png 愛してる、そばにいて
総もくじ  3kaku_s_L.png 百万回の微笑みを愛の言葉にかえて
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽のあたる処でシリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png Fly me to the havenシリーズ…36話完
総もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ…全171話完+α
総もくじ  3kaku_s_L.png ******【類×つくし】******
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話+
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編+
総もくじ  3kaku_s_L.png パッション…①24話②22話完
総もくじ  3kaku_s_L.png 陽だまりの詩シリーズ(短編集)
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【総二郎×つくし】****
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編-
総もくじ  3kaku_s_L.png ****【あきら×つくし】****
もくじ  3kaku_s_L.png 拍手小話^
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編^
総もくじ  3kaku_s_L.png ***【その他CP】***
総もくじ  3kaku_s_L.png 中・短編'
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ストック
もくじ  3kaku_s_L.png R短編集
もくじ  3kaku_s_L.png アネモネ R
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛の品格 R
もくじ  3kaku_s_L.png 愛妻生活 R
  • 【詐欺画面表示について】へ
  • 【愛してる、そばにいて0728】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【詐欺画面表示について】へ
  • 【愛してる、そばにいて0728】へ
にほんブログ村 小説ブログへ💛
スポンサーリンク